ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

[ムービーディック]ケネディ暗殺犯が陰謀説の犠牲者と?

☆CINE21.com
ジョンF. ケネディ暗殺事件に似た<ゴールデンスランバー>に対して調べてみましょう
e0109292_12165047.jpg




Q1.
日本小説を面白くなるように読むがいくつかの代価を除いては作家らの名前を混同したりします。 小説<ゴールデンスランバー>の作家井坂幸太郎が<パークライフ>を書きましたか? どんな特徴がある小説家でしょうか?

A.
<パークライフ>は吉田シュウイチが書きましたし。井坂幸太郎では<ラッシュ ライフ>を書きました。 山草ミステリークラブ賞を受賞した登壇作<オデュボンの企画(祈祷)>(2000)から最新作<SOS猿>まで井坂幸太郎で小説は多数国内に翻訳されました。 <アヒルと入るだろうのコインロッカー>きて<血簡単にストーリー>は先立って映画化されたが二編やはり<ゴールデンスランバー>の、中村ヨシヒロ監督が演出したので二はかなり意が通じるパートナーです。 青少年時期からミステリーを愛読したというこの作家は一面的叙事より、色々な人物の時点を生かしたり短編集のように見られるが実状は長編とかという式で構成の墓を生かしたスタイルを好みます。 愛郷心が格別でほとんどすべての作品の背景が故郷であり住居地の九州、川内市でしょう。 さらに1800年代が背景である時も仙台バンが出てくる状況ですから。 井坂幸太郎で小説の反復される主題の中の一つは個人の人権を勝手に侵害して、真実を追求するふりをしながら決して安全地帯を抜け出さないマスコミの無知と暴力性です。 一緒にここに付和雷同する大衆も風刺対象だよ。 “ジョンF. ケネディ暗殺事件をほとんどそのまま取ってきた”と自ら明らかにしている<ゴールデンスランバー>にも、人権を侵害して市民を査察する権力とそこに力なく振り回される個人とマスコミが登場します。

Q2.
ケネディ暗殺ならばオリバーストーン監督、ケビン・コスナー主演の<JFK>から思い出すんですが。 <ゴールデンスランバー>きてどうである点が似ていたのですか?

A.
<JFK>の主人公の荷物ゲリー付いた検査が使った<ケネディ暗殺事件のチンショウ>と事後研究はマルクス主義に傾倒したリ・ハビ オスワルドゥの単独犯行という当時捜査結果は穴だらけでオスワルドゥは巨大な陰謀に利用された道具という正月を提起しました。 オスワルドゥは異例の録音、速記、弁護士なしで12時間の間尋問受けました。 そしてダラス警察が明らかに見守る中でジャック ルビーの銃に死んでしまいましたよ。 以後何年の間近くて遠い事件関連者らの死が続いたし疑問死もありました。 <ゴールデンスランバー>でも主人公は一瀉千里犯人で指定されて知人らは脅迫を受けます。 この外にパレード経路が急に変更された点、現場でてんかん発作患者ができて救急車を使うことができなかった点、ケネディは後に倒れたが銃弾が後方建物で発射されたと結論が出た点などが疑惑を買いました。 15ヶ月の間旧ソ連で亡命生活をしておいても帰国の後防衛産業関連企業に就職したオスワルドゥの電力も怪しかったんですってば。 外交政策に不満を抱いた米国情報機関と犯罪掃討作戦に反発したマフィアなどが手を握った陰謀という主張が自然出てきました。 ただ<JFK>が実際人物の荷物ゲリー付いた検査を前に出して事件の真相を推理した映画ならば<ゴールデンスランバー>は寃罪をこうむった逃亡者方で、巨大なシステムと対抗する個人がどこで勇気と意志を得るのかどうかに集中するドラマだと言えます。

Q3.
<ゴールデンスランバー>で主人公に汚名をかぶせるために似た形‘影武者’まで作る設定が全くでたらめだと考えましたが。 それでは、ケネディ暗殺事件にもにせ物オスワルドゥがあったんですか?

A.
オスワルドゥは暗殺5ヶ月前共産主義を擁護する内容の印刷物を道路で分けてキューバ人らと衝突して逮捕されたことがあります。 ゲリースイタ検査はこれが演出でないか疑いました。 また事件が起きる二月前にオスワルドゥがメキシコのソ連とキューバ大使館側と接触して訪問したという証拠が提出されたがCCTV映像の中男はオスワルドゥと全く似ていたところがなかったです。 一方オスワルドゥが銃とパンフレットを持って決意を新たにするポーズでとった有名な写真を置いて一部専門家はオスワルドゥの頭が違う男のからだに合成されたイメージという分析を出して疑惑に火をつけました。 “すべてはイメージだ。” <ゴールデンスランバー>のセリフです。

文:キム・ヘリ 2010.08.24
by kazem2 | 2010-08-24 12:13 | Comments(0)