ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

映画「悪魔は見た」に緋文字刻むことはできない'表現の自由を!'

☆news.nate.com



<ティブイデイルリ=キム・ジヒョン記者>
映画'悪魔を見た'(キム・ジウン監督、ペパーミントカンパニー製作)を囲んだ観客らの反応が多様だ。 この映画に対する評価は妙なことに両極端に分かれる。

反対論者(?)野原の要旨は映画に描写された行き過ぎた残酷さだ。 表現が赤裸々でこれを見た観客らが暴力を模倣することができるという憂慮だ。 結局模倣犯罪を心配するという話.

だが、一つのチャンジャンムルルル囲んだ模倣犯罪論議は極めてやぼったい現象だ。 もちろんこの映画で描写される暴力の水準はだいぶハードな方だ。 既存商業韓国映画ではほとんど描写されなかった暴力的な場面らがそっくり表現されているためだ。

暴力を扱う大部分の商業映画らは問題の場面自体を避ける。 観客数を決める審議を心配するためだ。 結局分かってうつ伏せになるという話だ。 監督の選択でなく環境が作った強要だ。

だが'悪魔を見た'という熱心に暴力を避けない。 キム・ジウン監督は暴力を描写するのに多くのエネルギーを一度に注ぐ。 事実殺人と暴力に対する描写がこの映画の半分といっても過言ではない。

もちろん'悪魔を見た'を見た一部観客らが不快感を感じることはできる。 だが、映画に描写された暴力自体に問題を提起するのは同意するのが難しい。

タノンコンデ暴力はすでに一つのジャンルになって久しい。 特に映画というジャンルの中ではより一層そうだ。 ハードゴアでスルレショ無比まで、さらに単純なホラー映画やはり暴力に基づく。 ただしこれを描写する程度が違うだけだ。

'模倣犯罪'を憂慮すること自体がだいぶ誇張された。 主人公の俳優チェ・ミンシク話を祈って"映画を見る観客何パーセントがサイコ パスになるのではない。 観客らがその程度で精神的に非成熟された存在らは違うためだ。

映画が模倣犯罪を起こすという視線は一方的だ。 犯罪は社会-個人の環境で起因するが映画ある作品が人の暴力を誘発することは大変だ。 一編の映画に描写された暴力が現実になるかと思って心配する件役に立たないことだ。 キム・ジウン監督の言葉通り現実が映画を模倣するのではなく映画が現実を模倣するためだ。

私たちは文化の洪水の中に住んでいる。 今観客らは数多くのコンテンツに接して評価する作業を経た世代らだ。 特に映画に対する水準は高まった。 専門家劣らない映画評判らがあふれる時代だ。

そのような観客らに模倣犯罪を憂慮して作品にはさみ作業を薦めるのはひどくやぼったいことだ。 かえって暴力はこういうものだ。 観客の見る権利を奪い取ること。 映画等級委員会は観客らの見る権利を奪い取った。

観客らは切られていった編集ボンを見る機会がない。 誰が誰の権利を定めるのか? 文化は思う存分表現されて描写される自由がある。 観客が映画を判断する自由があるように、映画自体も思う存分描写される自由があるという話だ。

[ティブイデイルリ=キム・ジヒョン記者win@tvdaily.co.kr]

ティブイデイルリ原文記事転送2010-08-21 11:59最終修正2010-08-21 12:01
by kazem2 | 2010-08-21 13:46 | kim jee woon