ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

映画「悪魔は見た」   エスプレッソのような映画だ

☆news.nate.com
e0109292_7293688.jpg









[ニュース記事ベソンヨウン記者/写真アンソンフ記者]

イビョンホン、" 『悪魔を見た』は、エスプレッソのような暗い復讐劇である"

残酷人気属100万を突破した映画『悪魔を見た』は、キム・ジウン監督と主演俳優イ・ビョンホンが参加した中で、観客との対話を開催した。

8月20日午後、ソウル中区乙支路東大門メガボックスで開かれた映画『悪魔を見た』(監督:キムジウン/制作ペパーミントアンドカンパニー)の上映と観客との会話は、映画『天下壮士マドンナ』のイ・ヘヨウン監督の進行中に行われた。

"監督、身長は何センチですか?"という単純な好奇心の子の質問にも登場したが、何人かの観客は、鋭い指摘と批判的にキム・ジウン監督が冷や汗流したりした。しかし、キム・ジウン監督は"このような時間を使って映画との距離がある方は、さらに密接に、もう1つの映画が好きな方は、さらにその中に入るようにしたいと思った"と満足感を現わした。イ・ビョンホンもファンたちの歓声に笑顔で答えた。

- 『悪魔を見た』のジャンルは何ですか?

この日のキム・ジウン監督は、" '良いやつ悪いやつ変なやつ'以来、ジャンルに依存するか、または常習せずに映画を作りたいと思った"とし" 『悪魔を見た』のジャンルを超えた作品と考えると言った。しかし、インタビューをしながら、人物の内面を執拗に裏取りスヒョンとライトレールの表現を慎重に盛り込むことと同じくらいゴア的な事に没頭して撮ったという考えをすることになった。結局、この映画は、ゴアスリラーであることができるだろう"と述べた。キム・ジウン監督は“完全にジャンルを抜け出して話に没頭するのは次の作品でできないだろうか。 私が行かなければならない地点と方向を徐々に改善しながらしていかなければならないようだ”と振り返ってみることもした

-編集した1分30秒、残念な点は?

また、キム・ジウン監督は、制限の上映は、判定を受け、残念ながら編集しなければならなかった1分30秒の場面で、"文字ではなく、他にによって制限上映が判定を受けた。明示された部分をカットし出したときに混乱して戸惑っていた。映画の中の表現の水位は、人物の内的な感情や苦痛の根拠によって作成されたシーンである。韓国の有名映画の表現の水位をもとにして作成しましたが、そのような場面が切られた。しかし、残酷な場面を切り取って残念には思っていたのではなく、映画の全体的なリズムに支障をきたした点が一番残念だ"と心境を伝えた。

彼は“私の決定で主題や美学的判断で技術的に必要なかったり問題があったり不必要な場面を取りはらうのは仕方ないことだ。 あたかも混ぜた腕と脚切って胴を生かすような感じだ”として“しかし恐怖やスリラーの場合、緊張が充満した時何かさく烈させて解消して弛緩する内的リズムがあるのに(他意によって)取りはらいた部分で映画が窮屈に流れることになった”として物足りなさを打ち明けた。

キム・ジウン監督は"こぶDVDに入れられるかよく分からない。最大限に入れようとしよう。また、最近の映画祭用に再編集した。いったん引いた場面をすべて入れた。韓国では釜山(プサン)国際映画祭で見ることができないではないかと思う。海外の映画祭では、トロント国際映画祭で、削除された部分が多入る"と惜しさを和らげる方法を見つけたとNOと明らかにした。

また、同日、主演のキム・スヒョン役を演じたイビョンホンは、"シナリオと映画は少しのギャップがある。しかし、状況を見ながらもまともに商業映画だと考えているわけではなかった。他の復讐劇とは違って色をジニョトウミョ問題提起を投げる作品だと考えた。通常の復讐劇をコーヒーだと表現するなら『悪魔を見た』は、エスプレッソのような濃い作品だ"と述べた。

一方、公開9日ぶりに100万人を突破した『悪魔を見た』は、殺人を楽しむ連鎖殺人魔(チェ・ミンシク分)と彼の婚約者を失い、その苦しみを返してくれようとする復讐男(イ・ビョンホン)の狂気じみた対決を描いた作品である。韓国の商業映画初の限定上映が判定を受けて話題になった三水端に青少年観覧不可判定を受けた。

ベソンヨウンsypova@newsen.com /アンソンフjumpingsh@newsen.com
by kazem2 | 2010-08-21 07:28 | kim jee woon | Comments(0)