ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

映画「悪魔は見た」 スヒョンが乗ったSUV車が話題に!

☆news.nate.com
e0109292_11434674.jpg




<ニューデイーリー=チョ・グァンヒョン記者>

去る12日封切りしたキム・ジウン監督の話題の映画‘悪魔を見た’. 破格的なストーリーと暴力的な場面で制限上映可等級を受けたが週末前売り順位2位に上がるなど憂慮の念が強い好奇心はより一層大きくなった。 映画の中悪魔を直接見てきた観客らの反応はやはり途方もない衝撃という内容が支配的だ。

ところで映画の中でフィアンセを失った主人公‘キム・スヒョン’役のイ・ビョンホンが乗ってきたSUVが目を引く。 このSUV車両は主人公と共にして主要移動場面に登場して洗練美を誇るがすぐに見えるエンブレムの模様が見慣れないためだ。 初めて見た観客らは映画の中SUVが輸入車なのか、どんなブランドのチャンイジなどの気がかりなことを現わしている。

正解から言ってみれば一般SUVよりは重たい他香りに室内は高級セダンの感じが出る問題の(?)SUVは起亜車のプレミアム級SUVの‘モハベ’だ。 2008年SUVフラッグシップで発売したモハベは起亜の最高級セダンのオピロスのような固有エンブレムを使った。 その上現在の新車デザインの中心のトラグリルを適用しないで直線の単純さを最大で生かした無駄ない外観のために初めて見た人は起亜の自動車と知るようになりにくいのが事実だ。

また、大型級SUVのモハベは中型級のスポーティジRでもソレントRのように大衆化よりはより所得水準が高いターゲット層を対象にしていて需要が多くない。 道路でもよく見られなくてより一層視線を集中させることは効果を産んでいる。

イ・ビョンホンが乗ってきたモハベは2010年型モデルで価格はディーゼル モデルが3359万~4605万ウォン、ガソリン モデルが3200万~4855万ウォンだ。 セダンならばグレンジャー、K7等と同じ高価のモデルで発売以後今年まで1万8000台余りが販売された。

ニューデイーリー 原文記事転送2010-08-18 09:50
by kazem2 | 2010-08-18 11:47 | kim jee woon