ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

キム・ジウン監督 等級論議にハリウッド進出さらに切実

☆CINE21が選んだ記事(さび抜き寿司)
☆newsen.com
e0109292_6465966.jpg




[ニュースエン文ホン・ジョンウォン記者/写真チョン・ユジン記者]

キム・ジウン監督が制限上映可等級論議でハリウッド進出が切実になったと発言した。 映等委から制限上映可等級を受けたキム・ジウン監督が映画‘悪魔を見た’で18才観覧可審議通過のために編集、削除された場面に対する物足りなさを表わした。

キム・ジウン監督は11日午後ソウル メガボックス東大門(トンデムン)で開かれた‘悪魔を見た’マスコミ試写会で編集に対して“18禁を受けるために編集された部分は1分30余秒程度なる。 スポイラー可能性があって詳しく説明できない。 カットをみな持ち出したのではない。 カットの持続時間を減らした”と説明した。

引き続き“編集した場面を見るとワサビぬきのお寿司を食べた感じだ。 ちょっと不足したのではないかという気がする。 (ワサビなしで)肉質でだけ味を出すのも演出力なのに…全体的な二人の構図と演技的面で大きく関係しないことと判断されて編集した”と説明した。

また“他の残酷な映画らでも同じ場面(編集、削除された場面)が出てきたがなぜ映等委で唯一その場面を持ち出せといったむきなさい考えた”として“イ・ビョンホン、チェ・ミンシクの演技がリアルでそのように(制限上映可論議)ならなかったのだろうかと考えなければこらえることができないようだ”と吐露した。

キム監督は制限上映可判定に対する苦衷と心境に対して“等級論議過程を体験しながら映画を止めてこそ一つという考えもした。 そのような状態まで行った。 3日間悩んだがその時貸し出し関連スパム文字がたくさんきて監督をしなければ何をして荒っぽいという気がしたよ”と明らかにすることもした。

米国進出を尋ねた質問には“今回の等級論議で国内と環境が他の所で作業するのがどうだろうかと思う考えにハリウッド進出がより一層切実だった。 来週ミーティングすると思うがそれをすれば輪郭があらわれる”と答えた。

‘悪魔を見た’という映像物等級委員会(ヨンなどの)から2回制限上映可等級を受けたが3回目審議で18才観覧可判定を受けて来る12日開封される。 この前映等委は‘悪魔を見た’に対して制限上映可判定を下した。 映等委側は“人肉を食べた後犬にあたえる場面と死体一部をかごに投げる場面などが人間尊厳を傷つける”として2回制限上映可で判定したことがある。

‘悪魔を見た’という殺人を楽しむ連鎖殺人魔(チェ・ミンシク)と彼にフィアンセを失ってその苦痛をかえそうとする一人の男(イ・ビョンホン)の狂気じみた対決を描く。 イ・ビョンホン、チェ・ミンシク キャスティング、キム・ジウン監督の演出で下半期期待作に関心を集めてきた。

ホン・ジョンウォンman@newsen.com /チョン・ユジンnoir1979@newsen.com
2010-08-11 22:20:57
by kazem2 | 2010-08-12 06:47 | kim jee woon