ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

[外信記者クラブ]お金よりは大胆性、したがって<インセプション>に一票を

☆CINE21.com

<アバター>と<インセプション>のいずれかの映画が韓国映画産業にはもっと肯定的であろうか
e0109292_2204431.jpg








去る八月の間ハリウッドから出た二つの巨大な映画ら. ジェームズ、キャメロンの<アバター>は27億ドルという史上最高の収益を上げても足りなくて8分長さの撮影分を加えて8月に再封切りする予定だ。 クリストファーノーランの<インセプション>は<アバター>マンクムの収益を上げられないが次第影響力がある映画だ。 複雑でこんがらかるこの野心に充ちた映画の商業的成功は今日の観客に対する基本的な考えと彼らが見たがる映画に対して多くの人に問い直すようにさせた。 二つの映画全部まねにくい映画だが前に出てくるハリウッド映画に確かに影響を及ぼすだろう。

こういう質問をするのがちょっと変に聞こえるだろうが<アバター>と<インセプション>のいずれかの映画が韓国の映画製作者らに前に進むモデルになることができるだろうか? もちろん韓国の映画製作者らがキャメロンと驚いたこの使っただけにの高い予算と技術的手並みを必ず使う必要はない。 韓国監督は小さい規模の<アバター>私<インセプション>に満足できるだろう。 しかし故予算ハリウッド映画と故予算韓国映画の間の技術的差は続いたCGIの発展に力づけられて以前ぐらい大きくない。 良いコンセプトとシナリオがあれば韓国映画製作者がその程度の野心に充ちた映画を試みることが不可能なだけではなく見える。

個人的に<アバター>は韓国製作者らがまねるので(に)流用したモデルでない。 <アバター>は他のハリウッド映画らと違うように見えて違うように感じられるがそれはコンセプトやプロットのためでない。 監督または、シナリオ作家としてのジェームズ、キャメロンの能力はそれほど優れたようではない。 しかしパンドラやタイタニック号のように話が広がる場所を一つの世界へ精巧に創り出す能力は優れる。 アートディレクターで経歴を始めたキャメロンは映画の中の世界を創意的で情緒を喚起させるディテールに飾るのに優れる。 <アバター>を見た多くの人々の反応は“パンドラに行きたい”だ。 彼が遠く遠い世界をもっともらしいながら興味深く作り出したおかげだ。 韓国の製作者らが似た作業をやり遂げることができないだろうと話すのではない。 しかしこういう類の映画を作るには予算がいくらかが重要だ。 3D効果でなくとも<アバター>の3億ドル予算の多くの部分が生き生きしたディテールを作るのに使われた。 したがって似た効果を出す映画を作ろうとするならハリウッドぐらいの資源が必要だ。 こういう面で韓国映画は勝算がない。

<インセプション>は確かに容易ではない映画だが韓国製作者らに流用した参考資料になることができる。 この映画は色々な面で優れるがコンセプトの大胆さとシナリオの複雑なデザインが特に重要だ。 この映画を1,2文章で描写すれば次のようだ。 ‘人々の夢の中に入って秘密を盗むことができる一人の男が財閥事業家の夢の中に入って新しい考えを植えるように雇用される。’がコンセプトは驚くべきである程抽象的だ。 このように抽象的なコンセプトを土台に映画を作ろうとするならある程度の大胆性が要求されるが成功するならば国際的に広く人気があるだろう。 シナリオに対して言ってみればある程度は遊ぶ欄の才能かもしれないがシナリオを発展させるハリウッドの精巧なシステムが映画の多くの組閣らが互いに連動して動作するのに大きい力を集中した。 韓国映画産業はシナリオ作家や開発に別に投資しないために<インセプション>のようなシナリオを作り出しにくい。 そのためにより一層<インセプション>をモデルとして野心に充ちた映画を作ろうと思うならば韓国映画産業をどのように発展させていくのかを考えてみなければならないだろう。 韓国製作者らが<アバター>をまねようと思えばお金も捨てて希望も失うことになるだろう。 彼らが<インセプション>についてしようと思えば成功的な小規模の韓国版<インセプション>が現れようがそうではなくても韓国映画産業にはもう少し肯定的な結果があることと考える。

文:ダルシバケト(koreanfilm.org運営者) 2010.08.11


翻訳裏書遅延
by kazem2 | 2010-08-11 21:37