ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

[悪魔を見た① ]映画よりももっともらしい分 スペシャル案件

☆moviewwek.co.kr
e0109292_062454.jpg

☆moviewekco.kr.article.lbh








「悪魔は見た」映画よりももっともらしい分
e0109292_09149.jpg

1まだ笑う余裕
クランクイン当日,すなわち撮影初日だ。 この日撮影は国家情報院地下駐車場場面. もちろん設定だけそうだと言う話だ。 実際場所は国家情報院と遠くに落ちた牧童のどんなビルディング地下駐車場だ。 後輩要員からGPSを譲り受けるスヒョンの撮影分をとる時だ。 撮影した部分をモニタリングしている間イ・ビョンホン特有の笑いが炸裂する。 何が笑わせたのだろうか。 だがあの笑いはまだ1回送なので可能でなかったのだろうか。 残った75回のため撮影,ますますものすごく追い込む撮影をまだ実感できなかったから。 あの笑いが止まった後それだけさらにしかめることが鮮やかに目に浮かんだ瞬間だ。

2彼が座り込んだ理由
スヒョンに死ぬ直前まで当てられた後に気がついてみると空のタクシー中にホールである軽鉄. チェ・ミンシクは苦痛の中でスヒョンの正体と意図が気になってあきれる軽鉄を表現しなければならない。 現在状況はなぜスヒョンが自身を追うのか分からないまま,ただ数えた奴一つが終わりなしに苦痛を与えると自覚だけする状態. そのような状況を勘案して,キム・ジウン監督がタクシーで降り立って,どんな方法で底に座り込むのか直接試演している。 その姿を見てチェ・ミンシクもまたアクションを取り始める瞬間. すでにスヒョンに合う程合った状態とすでに八はギブス状態,顔もまた被チルガプだ。

3互いに通じる間
フィアンセ主演の死体を小川で発見して涙を流すスヒョン. 腹の中でうごめく悲しみと怒りがゆっくり広がる場面を撮影しなければならない。 すでにキム・ジウン監督とイ・ビョンホンは三回目作業だと目つきだけ見れば互いに通じると。 だからだろうか。 対称される位置で同時に嗚咽を押さえ込もうとするように口を覆う二人の姿が印象的だ。 タクシーシーンに続きキム・ジウン監督の試演は続く。

4現実が映画場面
フィアンセ主演を送る火葬場シーンだ。 喪服姿の黒色スーツとコートを着たイ・ビョンホンがモニターを確認している。 まだ感情が去らないようにモニターを凝視する目がしっとりとする。 火葬場で復讐を念を押すので(に)彼の表情もまた縁結びする。 この場面以後で彼は少しずつ狂気に蚕食されて行く。 イ・ビョンホンの真剣な表情が逆光に映るや映画の一場面よりさらに映画のような瞬間が演出される。

5彼は要員だ
映画の導入部を撮影する時。 この日撮影は要因を警護するために地方に来ていたスヒョンがホテル部屋で仕事をしてフィアンセ主演と通話する場面だ。 忙しくて短く通話するほかはない姿を現わさなければならない。 問題はその通話を最後に主演が殺害されるということ。 スヒョンは業務遂行中なのでまだ断定した姿だ。 だが復讐を始めれば革ジャンパーと手袋,ジーンズと綿のズボンを着用する。 キム・ジウン監督は間違いなく俳優そばで撮影するシーンに対して話す中.

6傷をのがすな
復讐はする人にも傷つける。 軽鉄が隠れたペンションに踏み込んだスヒョンが軽鉄と対立する場面を撮る前,イ・ビョンホンが傷と被扮装を受けるところだ。 場面を連結しなければならないから扮装チームは毎シーンごとに二つの人物の顔をデジタル カメラで撮影して,ずっと確認しなければならなかったと。 顔の表情がよくあらわれることより傷を取り除かなかったか見るために鏡が必要な状況だ。 一つでものがさないために神経が鋭くなるほかはない扮装室だが,2人の俳優の冗談が緊張を解いてくれたと。 この方取引を終えれば追われた軽鉄と追うスヒョンがまともに勝負する。

7永遠のお兄さんの余裕
撮影会場でチェ・ミンシクはいつどんな状況でも共に笑う通りを捜し出すと。 ほとんど最古参なのに一生懸命壊れて冗談を投げかけて雰囲気を盛り上げる。 51回のため,ペンション分量スタジオ撮影の時も彼の配慮が光を放つ。 映画から出るようなこの場面,映画では見られない。 たくさん疲れていくスタッフらを配慮したチェ・ミンシクだけのサービス! テーブル上に上がって,女優に向かって受賞した(?) ポーズを酔っぱらった状況だ。 彼の表現に従おうとするなら,‘たわごと’に該当する冗談を飛ばした直後. 彼がいたのでスタッフらは疲れてだるい撮影にも力が出た。
by kazem2 | 2010-08-09 23:14 | kim jee woon | Comments(0)