ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

トイストーリー 後に残すようになるすべての存在のために

☆CINE21.com
e0109292_1358463.jpg




<トイストーリー>3部作を追憶する

クリストファーロビンに忘れられた熊プーは永遠に沈黙したのだろうか?今は遊びにこない少年ジャッキーを懐かしがって洞窟にちっ居した魔法の龍パフは再び他の友人と交わることができなかったのだろうか?ついに<トイストーリー>のおもちゃらにもこの問いに対抗しなければならない日がきた。実状選択はすでに11年前になされた。カウボーイ人形ウッディは<トイストーリー2>で博物館展示室で送る永生を断った。アンディと一緒に遊んで成長の裏舞台にぽつんと残されるおもちゃの宿命を選んだ。しかし実際にお別れが近づいた時ウッディは思い出のぬくみだけで薄暗くて長いエピローグを耐えられることができるだろうか?

11年ぶりに映画が訪問したエルム通りのアンディの家には終末の気勢がいっぱいだ。ウッディのガールフレンドであった羊飼いお嬢さん人形を含んだ多くのおもちゃらがすでにフリーマーケットと大掃除を経て消えた。一順位で処分されることが明らかなプラスチック兵丁らはパラシュートを開いて自ら壮烈に退場する。 1编の最後の場面でアンディが贈り物もらった子犬バスターがいつのまにか老いぼれて歩みもまともに移すことができない姿は胸しびれる。大学に離れる十七才アンディはウッディだけ連れていくことに決心して残り人形らを中二階に保管しようとするが、何度の誤解を経ておもちゃらは町内託児所に寄贈されてしまう。アンディを忘れて託児所で新しい生活を送ろうという提示にウッディは"君は真の利己的だな"と非難する。だが、ウッディぐらい特別な愛情を受けられなかった同僚おもちゃらはウッディのように明瞭に判断することはできない。どうせ中二階に押し込まれたり捨てられるべきだとすればいっそ他の子供たちと遊びながら幸せな任務を全うしたいという欲望を非難することができるだろうか?起こることか愛かの問題のように聞こえたりもする。契約当事者の一方が契約が存在するのかさえ分からない時契約は有効なことであろうか。愛に対する誠実さは一方が背を向けた後にも守られなければならない規範であろうか。それはそのまま、奴隷の姿勢ではないだろうか。 <トイストーリー3>の観客は全編でそうしたようにまた慌てる。色とりどりなおもちゃらの話を見ながらこのように複雑な葛藤を経なければならないとは!

両親たちがおもちゃに感情移入した理由<トイストーリー> 3部作が子供を越えて広い年齢層を引き寄せる理由は日課愛、信義に関する普遍的主題を放さないためだ。 3编に早ければさらに死の問題までさっと触る。これは<トイストーリー>連作のおもちゃらが本質的に成人なので可能だ。彼らは子供と遊ぶことを職業とする会社員だ。 1编の観客はおもちゃらが儲けは真剣な職員会議場面を記憶するだろう。おとななので彼らは子供を心配する保護者の立場に立っている。時には互いに"私の代わりにアンディを見てあげて"とお願いしたりもする。 <トイストーリー>の原形格であるジョンレセトの短編 <ティントーイ>の北分は兵丁おもちゃは赤ん坊の手に壊れる危険を押し切って赤ん坊のなくことをなだめるために勇敢に情熱を傾ける。 2编の結末部で、おもちゃらが体験した冒険を全く分からないアンディが"ウッディをキャンプに連れていかないのを上手にした"と話して部屋を出るとすぐにウッディが"そうだ、君が何を分かるの"と愛情深い声で独白する場面は<トイストーリー>が描くおもちゃと主人の関係を含蓄する。

子供を連れて劇場に来た両親たちが<トイストーリー>のおもちゃに同一視するのも驚くことでない。ウッディとBuzzが多くの辛酸と苦難の末アンディのふところに帰ってくる1编は両親の不在を恐れをなす子供の感情と子供たちをなくすかと思って恐れる両親の感情を抱き合わせ包んだ。おもちゃ博物館とアンディの間で葛藤するウッディを見せる2编にはいつか育って膝下を離れる子供たちを眺める両親の不安な視線が宿っている。そして3编は一生予感してきた離別をどのように美しくて賢明に払うのかをいう。 3编末でカメラがアンディの空っぽの部屋を見回す時、観客は初めにはおもちゃたちのために涙を落とし込むがアンディのママがその場に入る瞬間の後に残されるのはただおもちゃだけでないということを、すべての両親と誰かにいったい不可能な愛を傾けた世の中すべての存在の一任を悟ることになる。

20年後にもあるようなおもちゃら" <トイストーリー>が最初だったとの事実がどれくらい幸運か?"

<ロボット>と<アイスエイジ>の監督クリスウェッジは安堵を表わしたことがある。まずアニメーションジャンルで範疇を限定しても<トイストーリー>の意義は大きい。 90年代初期を支配したディズニーのミュージカル長編アニメーションらが付属ジャンルとして一定の成就を成し遂げると同時に反復を通じて劇場用アニメーションの定義を狭くさせたとすれば、 <トイストーリー>は正反対の経路でジャンルの可能性を拡張した。オリジナルキャラクターを創造したし彼らにあえて歌をさせなかった。主人公は望ましいがうっとうしい人物で、笑わせる演技は助演が引き受ける慣習を破って主演を最もおもしろくて魅力的なキャラクターで作った。

100% CGIでなされた歴史上初の映画関係者<トイストーリー>は選抜走者がまきこまれやすいテクノロジー顕示の誘惑を冷遇して古典的な主題、古典的ドラマ技法と正面勝負を行うことによって卓越したモデルをたてた。ライバルドリームワークスの後発作品と比較しても明確だが<トイストーリー>連作は速度とスペクタクル強迫に焦らないピクサースタイルを早目に明らかにした。 <トイストーリー>でスペクタクルはピザレストランで家に戻る道上にある。広大な空間でなくキャラクターらが体験する感情的落差からエピック( epic )が発生することだ。平原を走って宇宙を飛び回る非日常的空間で広がるスペクタクルは3部作の導入部を共に飾る仮想の遊び/ゲーム場面に入るのがすべてなのに、製作スタッフがその程度の序曲ならば足りると感じるようすが歴然だ。ピクサーアニメーターらは日々発展するCG技術を持っておもちゃらにさらに光る服と装備を与える代わりに、 1编の外観を維持したまま歳月の時を乗ってより精巧な演技をするように努める。 3编が初めて導入した3D撮影機術もそんなにらしくならない。 <トイストーリー>シリーズの名場面は他のところにある。 2编でおもちゃ意志の下級官吏おじいさんが綿棒と布切れでウッディを磨いて正す精密な場面、現実を覚醒して虚脱なことはBuzzの言葉がない瞳演技、ガソリンスタンドに捨てられた二つの人形のロングショットがいくつかの例だ。要するにピクサーはライブアクション映画のようにアニメーションを演出するものの、アニメーションなので創造可能な映画的( cinematic )美しさをついに捜し出す。

ジョンレセトと同僚らは<トイストーリー>をキャスティングする時の20年前にも存在したし20年後にも子供たちのそばに残ているおもちゃを選んだという。流行に乗らないという精神はコメディ演出で明確だ。 <トイストーリー>のユーモアは、十才未満のための分泌物笑い話、青少年のためのインターネットジョーク、おとなのためのパロディの適当な配合でない。キャラクターの状況を共感する時そっと流れ出る、それで歳月が流れてもとんでもなくならない笑いだ。ピクサーは続編製作にも厳格だ。ピクサーが<トイストーリー> 3编を製作するアイディアが熟成されなかったと判断した時、ディズニーは別途のチームを設けて3编を推進したことがある。 Buzzに欠陥が発見されて製造国家の台湾でリコールされるという設定だったという。エキゾチック環境を舞台とする典型的な続編になるようなものだ。 2006年ディズニー-ピクサー合併で両スタジオアニメーションのクリエーティブ総括権を捉えたジョンレセトは、就任24時間になる前にこの企画を中断させた。 <トイストーリー>シリーズは現在まではピクサーが続編を出した唯一の作品だが通念上ハリウッド続編の構造と差別性を見せる。 <指輪の帝王>の3部作が最も重要なインスピレーションであったという3编監督リオンクリチの言葉通り<トイストーリー>は'そして'や'一方'でなく'それで'に連結された3部作だ。 15年という長い時間にかけて作られたにもかかわらず三映画の叙事はだいぶ密着している。別個の話とみるよりある話が芽生えて育って完全なサークルを描く印象(引き上げ、人相)だ。かくして、1995年始まった記念するほどの冒険は終わった。いや、次世代の手へ渡った。 <トイストーリー>を作る時の20代初め中盤だったピクサーの創立メンバーらは実際にも、アニメーション世界でも『両亲』になった。

すべての関係はサンホジョギダサジョク一つ。シリーズをあわせてウッディはおもちゃ憲章第1条とするに値した"人間の前で生きているのような素振りを見せない(人間に先に作用しない) 。 "の規律を二度破る。初めてはおもちゃを虐待するお隣り少年シードに教訓を与えるために、そして二番目は主人アンディにある種の要求を伝えるためだ。ここにはおかしな発見の感じがある。所有者は物を支配するが被所有物も所有者に影響を与える。関係は、どんなものでも相互的だ。事物とメディアに内密な感情を投与して進んで依存する時代の観客に<トイストーリー> 3部作はたやすく押し入れに入れて忘却できない映画だ。

文:キムヘリ 2010.08.05
by kazem2 | 2010-08-06 13:58