ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

トイストーリー ユーモアと感動がピクセルの服を着て

☆CINE21.com
e0109292_13353338.jpg




一番のデジタル草アニメーション<トイ ストーリー>がアニメーション界に及ぼした影響

<トイ ストーリー>シリーズ誕生の背景は<トイ ストーリー>1編が封切りする9年前の1986年に遡る。 1980年代中盤コンピュータを利用してアニメーションを作るという考えは想像さえ難しい当時、ピクサーのジョン レセト監督はストーリーとデザイン、モデリング、レンダリングまで参加してクレジットを含んで2分30秒分量のCGでだけ作った最初の3D短編アニメーションの<ルクソジュニア>(Luxo Jr)をSIGGRAPH(毎年米国で開かれるコンピュータグラフィックスと関連した学術セミナーおよびコンファレンスでコンピュータグラフィックス分野で最も大きい行事. 今年で37回をむかえるSIGGRAPHは7月25日から29日までLAで開催された)にリリースする。 当時<ルクソジュニア>を見た人らは想像でも可能らしいことが実際に起きるとすぐに実に驚かないわけにはいかなかった。 その当時の驚きは単純に技術的限界の克服を跳び越えてコンピュータ(デジタル)にもあのようにやわらかくて自然なアニメーションを表現やり遂げることができるかに対する驚きだった。 当時としてはCGを可能にするソフトウェアも一度もない状況であったし、CGが本格的に映画に導入されたのが1990年代初めとか当然衝撃的なことと言わざるをえなかっただろう。

その後いくつかの短編を発表しながら技術とノウハウをより一層積むことになったピクサーはいよいよ1995年収穫感謝祭期間に最初の77分草3D長編アニメーション<トイ ストーリー>をリリースした。 <ルクソジュニア>の衝撃が主にマニア層やアニメーション従事者に限定されたことだったとすれば、<トイ ストーリー>は映画産業全般にわたった衝撃だった。 さらに<バグス ライフ><トイ ストーリー2><モンスター株式会社>等続くピクサー作品らの引き続いた興行はハリウッド メジャースタジオらでとってみんなで3D CGアニメーション製作に出るようにしたし、結局セルアニメーションの援助であったディズニーまでセルアニメーションをあきらめる状況まで発生した。 それしか方法がないことが<トイ ストーリー>は3千万ドルの製作予算に110人のスタッフが参加したのに反してほぼ同じ時期にディズニーで封切りした<ライオン キング>は製作費7930万ドルに800人のスタッフが参加したためだ。 <ライオン キング>の米国封切り初めてのチュ・スイクは182万5849ドルであり、<トイ ストーリー1>の米国封切り初めてのチュ・スイクは2914万617ドルであった。

ピクサーの<トイ ストーリー>が映画会社で一線を引いた作品と認められることになったことは単純にCGを10%使った初めての長編アニメーションという点他にも多くの意味を持つ作品であるためだ。 まず技術的に<トイ ストーリー>のために作られたレンドメン(RenderMan))というレンドロは今でも地球上に現存する最高のレンドロでと指折り数えられていて、ハリウッドをはじめとする全世界大部分の有名プロダクションらがこのレンドメンを使っている。

産業化の側面でも‘子供たちだけの専有物’というアニメーションの固定観念を破ったのがすぐに<トイ ストーリー>だ。 自由自在に駆使されるユーモアと感動はもちろん人生に対する希望まで植え付ける魔術とも同じ話の構成はCGと感じられない程美しくて自然なイメージと生きているように生き生きしたキャラクターらが大人たちの心までもぐいっと奪い取る。 ピクサーの作品を見た人らは皆経験しただろう。 子供たちを見せるために行っておとながより好きになる作品らがすぐにピクサーの作品らで、このようなピクサーの初めての端緒を<トイ ストーリー>が作り出した。

ピクサーはすべての作業をコンピュータ(デジタル)にしている。 だが、ピクサーの作業過程は硬いストーリーを最も重要だと考えて、デジタル作業以前のストーリーボードを見れば伝統的な会話とドローイングに大きく依存している。 これがすぐにピクサー(Pixar)という名前に現れるピクセル(Pixel)とアート(Art)を通した芸術の創造で得られる成功の秘訣ではないか考える。

2010.08.05
by kazem2 | 2010-08-06 13:41 | Comments(0)