ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

トイストーリー 共に泣いて笑った友人ら...さよならと言わないでくださいよ② 

☆CINE21.com
e0109292_13265733.jpg




技術と歩幅合わせた伝統と感受性の力

<トイストーリー3>

<トイ ストーリー>1編ですでに確立されたピクサーの特徴は以後シリーズでもそっくり続く。 テクノロジーはわずか何年の間に恐ろしい速度で発展して即座に<トイ ストーリー>1編が多少やぼったく見えるほどまで達した。 だが、製作スタッフはその速度を<トイ ストーリー>リリーズだけは多少緩和させて1編の伝統を尊重する姿勢を見せてきた。 発展した技術力はウッディの頬骨を滑らかになでつけたり、彼が着たチェック シャツの糸毛羽を細心に描いたり、3編の悪党キャラクターラッチョ(すべすべした毛で覆われたチョン・イニョン)の毛材質が日光にどのように反射してどんな影を形成させるのか(ラッチョは多様な長さと太さが色々重ねて形成された347万3271個の毛で覆われている!) などに知らず知らず適用されただけだ。 1,2編の監督ジョン レセトはいつも“私たちが正しく作るならば逆説的に観客はその変化を識別することができないだろう”と公言したし、2,3編の監督リ オンクリチやはり“歳月が流れながら私たちのアニメーターらははるかに精巧で自然なアニメーション技法に慣れていた。 だが<ラタトゥイ>の人キャラクターのように自然で洗練された表現法を適用するならば、私たちが記憶するウッディとBuzzの雰囲気が出ないだろう。 以後シリーズでは過去に私たちが持ったどんな限界と不足するということを包容しようと思ったとのことがさらに適切な表現だ”と指摘した。 なので新しい技術力と過去の価値を結合させる地点を探す作業が以後シリーズの課題であり挑戦、そして成就の地点だったことだ。

そうして成功の核心は<トイ ストーリー>シリーズを合わせるテーマ的な側面に集中する。 換言すれば、おもちゃらの憂いと不安. “おもちゃらの最も大きい不幸は子供たちがこれ以上遊ばないことだ。 <トイ ストーリー>シリーズの各作品はすぐにその点を扱う。”(ジョン レセト)1編では子供主人アンディが受けた贈り物の宇宙人人形Buzzが最古参ウッディの位置を威嚇した。 2編ではおもちゃがつぶれたり壊れれば子供はそのおもちゃに興味を失うという設定を、3編では子供たちが成長してこれ以上おもちゃを持って遊ばなくなる、おもちゃとしてはどうにもならない地点の究極的な離別の瞬間まで扱うことになる。

シリーズの監督らは各々この各々の設定を最も現実的に近づくようにするためにおもちゃの視線で人間世の中を眺めようとする必死な努力を継続した。 ジョン レセトは2編で‘子供たちまでも絶対大切なコレクションを触らないようにする一本気のおもちゃコレクター’である自分自身を思い出させて核心的な悪党卵を作り出した。 3編では成長した子供を大学寄宿舎に初めて連れてあげて帰り道に涙を流した個人史を思い出させて基本設定を提案した。 ここに出勤途中に子供たちを託児所に任せたりした監督リ オンクリチの記憶も付け加える。 彼は託児所が全般的に明るくて豪華な空間ではあるがどんな面では変わりなしに‘監獄’同じだという印象を消すことができなかった記憶を想いうかべた。 彼は<トイ ストーリー3>でおもちゃらが託児所を脱出する話を核心スペクタクルで扱いながら‘<プリズン ブレーキ>ジャンル’まで接続させた。

人間に依存しながら生きていかなければならないおもちゃが主人公の世界で、おもちゃらが捨てられるかと思って心配する主要事件をシリーズ化した<トイ ストーリー>は<エンターテイメント ウィークリー>のオーゴンクルライボモンが指摘したようにいつのまにか劇作家テネシーウィリアムスの感受性を帯びることになる。 一時は愛されたが今は捨てられて孤独なことは、そうして自分自身の尊厳性と生存のために人生に勇敢に対抗する軟弱な主人公らの世界. <トイ ストーリー>シリーズの成功はそのように圧縮することができる。 コンピュータグラフィック テクノロジーは発展したが伝統と感受性後に謙虚に姿を低くしたし、話とテーマはますます深刻化されて‘おもちゃ史家(saga)’の完結性を整えることになった。

1展開しただけ2編も、それだけ3編もサランスロムネスマンはシリーズの明滅の中で1編を跳び越える続編が出てくるのはほとんど不可能だ。 しかし<トイ ストーリー>シリーズはそれを成し遂げた。 先立って言及した特徴らが3編にかけて驚くべきであるほど完ぺきに保存されたためであり、主要製作スタッフが自分たちが創り出した世界とともに年を取ってその価値を守ろうと思う意志でいっぱいだったためだ。 ジョン レセトは<トイ ストーリー> 1,2編の監督であり各本家であり、フィート ドクターは<トイ ストーリー> 1,2編の脚本を引き受けたし、リ凍った大きいだろう打つ<トイ ストーリー>1編の編集者であり2編の共同監督であり3編の監督を引き受けた。 アンドリュースタントンはシリーズ全編の脚本に参加した。 声の演技を引き受けた俳優だけでなく主要製作スタッフやはりそのまま本来の席を守って<トイ ストーリー>シリーズの肉体と魂は全部そっくり生き残った。 ハリウッドの‘ナード’らはそのように生き残ったし自分たちが作り出したキャラクターらをあたかもミッキーマウスやドナルドおかげ、トトロのように永遠不滅の存在で作り出した。 創造者として望むことができるすべての幸福をみな享受したわけだ。

私が愛するキャラクターは
e0109292_13285023.jpg

<トイストーリー>シリーズに声出演した俳優らがキャラクターとともにポーズを取った。 提示とチョエンクセク、Buzzとチーム アラン、ウッディとトム・ハンクス(左側から).


リ オンクリチ(監督)3編のビッグ ベビーに心がたくさん使われる。 ある程度凄じいキャラクターだが同時に純真無垢で悲劇的なキャラクター企画する。 ジョン・スタインベックの<ハツカネズミと人間>の主人公レとかを連想させる。 そのように両側を行き来する人物、おもしろいながらちょっと恐ろしくて究極的には共感を持つことができるキャラクターが良い。

トム・ハンクス(ウッディ役)もしウッディを演技できないならば…率直に‘スリングするのにドク’が引かれる。 ‘スリングするのにドク’はからだを増やすことができる能力のために他のおもちゃが行くことはできない所を行くことができてすることができないことができる。

チーム アラン(Buzz役) ‘ミスターポテト’を誘って好んだが今は新しい針鼠キャラクター‘ミスタープリクルペンツ’にも魅了されている。 真に途方もない錯覚の中に住んでいきつつあるケンもだいぶ興味深いキャラクターだ。 だが、究極的にはBuzzでこそ本当に私がずっと演技したいキャラクターだ。


文:キム・ヨンオン 2010.08.05
by kazem2 | 2010-08-06 13:27