ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

トイストーリー 共に泣いて笑った友人ら...さよならと言わないで下さいよ① 

☆CINE21.com
e0109292_1384493.jpg




<トイストーリー>シリーズの魔法、その秘密のドアをあける

<トイストーリー3>の勢いが尋常でない。去る6月18日米国で封切りして以来ほとんどすべての評論家らは先を争って傑作誕生としトーンを高めている。 <シカゴサンディタイムス>の、ロジャーエボトゥナ<エンターテイメントウィークリー>のオーゴンクルライボモンは"私自身も当惑したが結局成人男もアニメーションを見て泣くことができる>のことを告白するほかはない"として<トイストーリー3>の笑いと涙の饗宴に賞賛を捧げた。いったいこのシリーズの魅力が何なので?それでこの特集を用意した。ピクサーという変わり者集団が作り出した<トイストーリー>の歴史を探ってみて、このデジタルアニメーションがどうである点で画期的であったかを調べる。シリーズとして望むことができる最上の告別辞としての3编の感動分析器、主要キャラクター事前も集めた。 (もちろん製作スタッフは<トイストーリー>4编が絶対作られないこととは断言しなかった。インタビューごとに曖昧な余地を残して観客をやきもき出るようにさせているだけだ) 。

率直に告白してみよう。 1995年<トイストーリー>1编が初めて公開された時だけでも大きく気を遣わなかった人々がさらに多かった。当時アニメーション市場は<人鱼姫>を筆頭としたディズニーセルアニメーションの常勝疾走復活( <美女と野獣><アラジン><ライオンキング> )に捕らわれていた。毎フレームを構成するすべての要素らを全部手にだけ描いた時代から抜け出してコンピュータグラフィックの助力を受けてはるかに美しくて自由なイメージをリリースすることができた、それこそセルアニメーションの全盛時代であった。その渦中にコンピュータグラフィックにだけなされた3Dアニメーションとは?それが果たしてこの時点に必要だろうか?人が人のように見えることもないその不自然なイメージをどのように一時間以上参考見ることができるだろうか?

問題はこのような偏見が一般観客だけでなく当時ハリウッド大多数の意見であったという漸移だ。さらにピクサーと初めて手を握って製作したディズニーでも<トイストーリー>1编が完成されるまで疑惑と不安を完全に追い落とせなかった。 <トイストーリー>1编の可能性を確信したことはこの作品を直接作っていたピクサーの製作陣だけだった。そしてついに1995年冬<トイストーリー>1编が公開された時全世界は熱狂した。以後アニメーション界の行方を完全に変えてしまったし同時に新しい伝統を確立させたピクサーの凄じい第一歩、 <トイストーリー>シリーズの歴史を顧みる。

100%のコンピュータグラフィックアニメーションへの初めての全貌でも偉大な冒険の開始には純真だという程の情熱とオタク的なノディハム( nerdy )が必要だ。ピクサーぐらいその精神によく符合する組織もないだろう。ピクサーの開始は1979年に遡る。幼い時期からディズニーアニメーションに気をとられていたしユタ大学に通いながらコンピュータグラフィックテクニックの可能性を初めて味わった後この技術を応用してアニメーションを作ることができることという'及ぼした'考えに捕われたコンピュータ科学者エドゥケンモル(現在のウォルトディズニーアニメーションスタジオとピクサーアニメーションスタジオ社長)がルーカスフィルムに入社してからすべての伝説が始まった。ケンモルが自身と志を同じくする理想主義者などを一つずつ糾合して自分だけのチームを作ったし( <トイストーリー>の創造者ジョンレセトは、1983年ピクサーに入社した) 、これらが作り出す驚くべきコンピュータグラフィックを実写映画の中一部でだけ活用しようと思ったジョージルーカスの下心(実際にこれらは<スタートレック2 :カンヌの逆襲>と<ピラミッドの恐怖>でコンピュータグラフィックと実態調査のすてきな結合を成功させた)から抜け出して『ピクサー』という名前のスタジオを作った。この時、ちょうどアップルコンピュータ会社から追い出されるようにして切歯腐心中だったスティーブジョブスが1986年このチームを買い入れた。

ピクサーは3Dグラフィックシステム'ピクサーイメージコンピュータ'と、コンピュータグラフィックで創り出したの3次元イメージを一つで糾合するレンダリング作業を遂行できるようすを'レンドメン』を作った。そしてこれらを活用して長い間の夢だったアニメーション作業に用心深く足をふんだ。 1986年に短編<ルクソジュニア> (ピクサーのロゴに登場する卓上電灯がすぐにここで出てきた)を、 1988年に短編 <ティントーイ>を発表することによってピクサースタジオは初めて自分たちの存在感を知らせた。フナディフナン卓上電灯やブリキおもちゃに人間的感情を付与する手並み、なのでセリフ一言なしで表情とジェスチャーだけで観客にも一種のサスペンスと喜怒哀楽を伝達する無声映画的才覚、同時にそれを全て実現した100%のコンピュータグラフィックは相当な衝撃を投げた(この作品らはユーチューブで簡単に検索することができる) 。だが、その時までしてもコンピュータグラフィックアニメーションは『不思議な見もの'に過ぎなかった。少数のマニアらと専門家たちが感心したが、その誰もこれが長編分量で可能だろうと予想した人はなかった。ピクサーが最初の長編草CGアニメーション<トイストーリー>を作ることになったことは、1990年に達して可能だった。 80年代ずっとピクサーの切ない求愛を冷淡に拒んだディズニーが90年代に入り変わったためだ。 'ピクサーイメージコンピュータ]を活用したCAPSシステム、すなわちデジタルカラーリングを可能にすることによってセルアニメーションの製作費を画期的に減らしたこのシステムを通じて<美女と野獣>で正確に利益を得たディズニーは順次真剣にコンピュータグラフィックアニメーションの可能性を考慮することになった(この涙が出る戦死に対する詳しい話は最近国内出版されたデービッドプライスの本<ピクサーの話>で読むことができる) 。

映画狂的感受性の<トイストーリー>観客を仕路雑多監督に選ばれたジョンレセトは初めから<トイストーリー>で新し技術だけを誇示するつもりはなかった。 <赤ん坊象トムボ>を'私の人生の映画'で挙げる彼は<夜雨>私<白雪姫>のように、数十年が流れても変わりない愛されることができる普遍的な話を重要だと考えた。 "視覚的な技術はある時点に早ければ古く見える。テクニックとテクノロジーはただ話をよく見せるための道具だけのことだ。それでわざわざ<トイストーリー>にもその当時流行したユーモアを入れなかった。問題は持続的に人々を感動させることができる良い話を捜し出すということだった。 "

1988年作短编<ティントーイ>のシナリオから演出まで引き受けたジョンレセトは人間とおもちゃが結ぶ関係に関し卓越した洞察力を見せた。人間が自身を壊すかと思って恐れながらも、実際に人間前に立てば彼をうれしくして楽しくさせたい欲望をこらえることができないのがおもちゃの宿命である!彼自身が熱烈なおもちゃ収集家のレセトは躊躇しないでおもちゃを初めての長編の主人公で選択した" 1991年だけでもコンピュータグラフィックで描くすべての存在らはプラスチック表面に似ていた。当時技術で人間を実現するのは不可能だった。プラスチックおもちゃを主人公で選択したのは当然だった。 "がアイディアを思い出させるやいなやジョンレセトは脚本を書くアンドリュースタントンとフィートドクターなどと共に集まって座って<ティントーイ>を長編化する方案をプレインストイミンヘッタ。 "私たちは各自幼い時持って遊んだおもちゃに対して無駄口をたたいた。ジョンはおもちゃを惜しんで世話するアンディ同じだったし、アンドリューは隣の家悪童シードに近かった。アンドリューはM -80に緑色兵丁のGIジョーフィギュアを縛っておいた次に火をつけては『逃げて、ジョー!と叫ぶいたずらをしたと告白した。 (笑い) " (フィートドクター)

子供主人のミスで高速道路サービスエリアに残された後単独で家へ帰るために奮闘するブリキ軍人、子供主人の関心を一人占めしようとする陰謀を整える多少邪悪なカウボーイ人形などが主人公で嘱望された。しかし単独主人公だけで豊富な話が簡単に出てこなかった。ピクサーチームはまもなく< 48時間>のようなバーディー無比の伝統に従う方が良いという結論を下した。 '全く違う性格の二人の主人公が初めにはお互いを嫌ってどんな事件を体験してお互いを理解することになって結局友人になる。 古典的なバーディー無比のこのようなあらすじは葛藤とユーモアと感動、同時に主人公の成長過程皆をまんべんなく入れることができた。製作スタッフは劇的な対応を成し遂げるためにカウボーイと宇宙飛行士という新旧世代の対立を借用したし、以前ウェスタン映画にしばしば登場した俳優ウッディストゥロドゥと月に初めて足を踏み出した宇宙人Buzzアルドリンの名前を借りてきた。 <トイストーリー>の二人の主人公はそのようにウッディとBuzzという名前を持つようになった。

<トイストーリー>1编を15年が過ぎた今また見た時驚くべきである点は、 <トイストーリー>が当時流行したディズニー式アニメーション、すなわち美しくて可愛いことだけを強調する'ミュージカル『伝統を用心深く拒否したというところにある。ランディニューマンの主題が<You've Got a Friend in Me>がミュージカルの伝統を素早く継続するようだが、作品全般(前半)はかえってハリウッド古典映画を見て育った世代の映画狂的感受性にさらに似合ったトンを持っているとのことを新たに悟ることになる。ウッディとBuzzで代表されるウェスタンとSFに捧げる熱狂は言うまでもなくて、二人の主人公がお隣り悪童シードの家でぶつかる'怪物人形ら'は<フランケンシュタイン>とかトドゥブローニングの<プリクス>のような映画にオマージュを捧げるタッチで充満する。 <サイトアンドサウンド>が正しく指摘したように<トイストーリー>シリーズは1编からある程度『ゴシック的な伝統'の根元を見せたわけだ。全般的に豪華で明るくておもしろいことにもかかわらず、时々内政費は情緒は極めて暗くて悲劇的だ。子供たちが大まかに認知するがはっきりと表現できない、かえって成人になった後元に戻して考える時さらに生き生きと感じられる恐怖と不安、驚異の感情が中間中間入り込むことによって<トイストーリー>1编は以後ピクサーアニメーションが成人ファンたちに持続的な影響力を行使した重要な要素を整えることができた。そのように<トイストーリー>1编は感動をあたえる技術、そしてテクノロジーの存在をしばらく忘却する程観客を没入させるずば抜けたストーリーと情緒を(自分たちも分からない間に)完ぺきに結合させていった。誰も成功を占うことができなかった、制作阵らだけが、"フーン、この場面がそんなにとても満足にさせられなかったがスクリーンの外に飛び出してきそうである勢いだけは見えるようで"として満たされるようだった<トイストーリー>1编は1995年11月米国劇場街にリリースしたし、結果は皆が分かるようにセンセーションだった。封切り初めての週2914万617ドルという驚異的なスコアを記録したのだ。観客と評論家全部<トイストーリー>に驚いたし愛と敬拝を捧げた。当時言論らは先を争って"子供たちが寝室火を消した後しばらく身じろぎもしないがまた明かりをつけておもちゃが動くのか確認するのを毎日繰り返すなかで両親たちが頭を痛めている"と伝えた。 <トイストーリー>が本格的な製作に入る前まで会社お金だけ忘れる邪魔者扱いを受けたし当時会長だったスティーブジョブスやはり虎視耽々他の会社に売ってしまう工夫だけしたピクサースタジオは一気にハリウッドの寵児集団に浮び上がった。

文:キムヨンオン 2010.08.05
by kazem2 | 2010-08-06 12:51