ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

アジア版 ソン・スンホン 映画「愛と魂」

☆blog.cine21.com
e0109292_10375974.jpg




愛と魂 アジア版「愛と魂」 、 20年前の感動をもう一度... "

愛と魂の21世紀のアジア版リニューアルで話題を集めている映画「愛と魂」の製作発表会が8月3日、東京グランドハイアットホテルで開かれ、業界の関心が集まっている。

「愛と魂」の主演倍俳優のソン・スンホンと日本を代表する女優の松嶋菜々子は、今回の制作発表会で韓日の観客にも原作の感動を超える満足をプレゼントするという抱負を明らかにして映画に対する自信感を現わした。

今回の製作発表会には、パラマウントピクチャーズ、日本代表岡崎イチローをはじめ、 大谷監督と男女主演俳優たちが出席した中、300人余りの取材陣がやってくる日本での関心の高さを垣間見ることができる。

「愛と魂」は、 1990年にリリースしても、韓国内で200万人以上の観客を集め、世界中で2億ドルを超える興行突風を起こした'愛と魂(原題: GHOST ) 'のアジア版リメイク作品で、韓国、米国、日本が一緒に海外共同制作の映画である。

この日ソン・スンホンは、"世界的に常に愛され続けてきた作品だっただけに、より良い結果を出しトについては努力した"とし、"既存の韓日合同芝居の作品とは次元が他の映画を披露するだろう"と述べ、 「愛と魂」ヒロイン松島菜々子も、"原作の名場面を覚えているファンの期待を裏切らないように最善を尽くした"とし、"原作とは別の感動をプレゼントすることができる"という映画への強い期待感を現わした。

特にソン・スンホンは来る9月ごろ、香港映画『男たちの挽歌』ハングクパンイン「ムジョクジャ」の国内封切りを控えて、中華圏を含むアジア全域に熱い関心を受けている中で、大々的興行に成功した2つの映画のリメーク作に出演することになり原作の人気を再現して、もう一度、韓流スターの地位を固めるという評価を受けた。

一方、 「愛と魂」の監督は、 「ゴクセン」など日本のヒットドラマの製造担当者に呼ばれている大谷太郎が引き受け、 「朱」のハリウッドリメイク作「グラッジ」を使用して全米ボックスオフィス1位を達成した市瀬タカがプロデューサーを担当して現代風に再構成されたストーリーだけでなく、優れた映像美で観客を魅了するものとみられるがプロデューサーを担当して現代風に再構成されたストーリーだけでなく、優れた映像美で観客を魅了するものとみられる。

映画「愛と魂」は、国内最大の投資/配給会社CJ Entertainmentと、ハリウッドのメジャースタジオであるParamount Pictures Japan 、そして日本の3大メジャー映画会社Shochikuなどが共同で制作に参加し、国内封切りは今年の11月ウォルチュムウロ期待される。
by kazem2 | 2010-08-04 10:38