ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

キム・ジウン監督 高陽市にお引越し!

☆media.daum.net.breakingnews



トゥルゲになって高陽市の戦略産業として推進し、放送映像産業の協力を約束された

京畿道高陽市は27日の放送映像産業後半の企業の入居スペースブログ雑誌タワーⅢで、イム・グォンテク、 パク・チャヌク、 ポン・ジュノ、 チャン・ジン リュ・スンワン など、 8人の監督ㆍ発行元々ブログ雑誌タワー入居および放送映像産業の発展のための了解覚書を締結すると26日明らかにした。

高陽市ブロガー雑誌の塔を持つM - Cityの建物に入居する監督は、国内の映画界をリードしている巨匠イム・グォンテク監督をはじめ、 『コウモリ』『公共同警備区域JSA』のメガホンを取ったパク・チャヌク監督、 『グエムル』 『殺人の追憶』のポン・ジュノ監督、 'グッドモーニングプレジデント』のチャン・ジン監督、 『いかさま師』のチェ・ドンフン監督、リュ・スンワンㆍキム・ジウンㆍガン・スンリョン監督などだ。二重(株)騒ぎ再生器のチャン・ジン監督は、来月入居が予定されており、(株)モホフィルムのパク・チャヌクㆍポン・ジュノ監督も、早めにオフィスを高揚に移転することにした。

ブロ雑誌タワーには、現在のイ・ジュンイク監督が入居しており、音響、コンピューターグラフィックス、サウンド、編集など、国内の映画の後半作業を主導している放送映像関連の70以上の企業が入居している。

高陽市は、これらの有名な映画監督のブログ雑誌タワー入居に映画ㆍドラマ制作と後半の関連会社の高陽市の前が加速化し、業界内の比重が高い投資会社、販売代理店、設備会社などの関連会社の前まで触発させるものと見込んでいる。

煎餅区の放送映像産業課長は"今回、ご了承の各互いに韓国を代表する監督と発行元までの高陽市に巣をトゥルゲになって、既に構築され、後半作業者と一緒にワンストップ面の制作環境を構築することになる"と述べた。

高陽=キムグァンヒョン記者ghkim@sed.co.kr
by kazem2 | 2010-07-26 18:21 | News