ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ジャンルで狂気の穿刺くそゆよ、富川に集まれ

☆CINE21

キム・ドフン記者が推薦する第14回富川国際ファンタスティック映画祭上映作10編
e0109292_19543651.jpg


富川マニア々なら、すでに前売りはずいぶん前に終わった。インターネットでは、今年の強力おすすめが漂っ出席して久しい。最も猟奇的ヒュンチュクてうんざりビリンネナは、つまり『富川(プチョン)のダウンロード』の映画がムオンジすでに皆さんはよく知っている。今年の富川のゴアとスプラッシュスターはどれみよりも強力である。しかし、最も輝ける青春と、古い宇宙の願いを込めた作品もひっそりとある。映画祭の開幕直前<シネ21>が推薦する最後のおすすめヨルピョン!






ジャンルで狂気の穿刺くそゆよ、富川に集まれ

記事: キムドフン | 2010.07.16

キムドフン記者が推薦する第14回富川国際ファンタスティック映画祭上映作10編
富川マニア々なら、すでに前売りはずいぶん前に終わった。インターネットでは、今年の強力おすすめが漂っ出席して久しい。最も猟奇的ヒュンチュクてうんざりビリンネナは、つまり『富川(プチョン)のダウンロード』の映画がムオンジすでに皆さんはよく知っている。今年の富川のゴアとスプラッシュスターはどれみよりも強力である。しかし、最も輝ける青春と、古い宇宙の願いを込めた作品もひっそりとある。映画祭の開幕直前<シネ21 >が推薦する最後のおすすめヨルピョン!


1 。まともなホラーの復元を見たいのであれば
<ハウスオブデビル> ( The House of the Devil )
タイウエスト/ 2009年/ 95分/アメリカ/富川チョイス

ホラー映画のクリエイティブは、苦しんでいる。 <ユースホステル>の<ソウ>シリーズが幕を開けたのコンサルタントスルレショは、ジャンル的に腐敗したサンテゴ、マイケルベイがジンヅジフィハン古典スルレショリメイクは既にソクオソムンドゥロジョトダ。日本と韓国が率いるアジアのホラー映画ブームは、自分自身をコピーしてから内破した。ヨーロッパから来た新人はただの強力なゴアだけにますます活気付けている姿だ。ホラー映画に未来はあるか。 <ハウスオブデビル>は、非常にクールな対案を提示する。新しいアイデアもないし、昔のものを新たにアップグレードしても星効果がない場合は、昔のように作成するということだ。新人タイの西のデビュー作<ハウスオブデビル>は、 1980年代のオカルト悪魔払いのジャンルとスルレショジャンルをほぼ'復元'の近くに再現した映画だ。物語からボクゴジョクである。主人公40000住んでいる友人の警告にもかかわらず、ひたすら高の一泊のために郊外の陰気な屋敷で、ベビーシッターのアルバイトをすることにする。

しかし、その家の世話をする赤ん坊などはもともとなかったし、その日は、[完了]皆既月食である。ここまで来れば、このすべてが40000社を犠牲にするための悪魔主義者の仕業というのは(少なくともジャンルのファンならば)簡単に気づくことができるはずだ。ところが、 <ハウスオブデビル>をひたすら'復元'という言葉だけで説明するのはいけない。映画は、クレジットまで、80年代のホラー映画をまねていますが、クオリティさえも、80年代的ではない。タイの西監督は、アンティークを復元するのではなく、 80年代のホラー映画のスタイルから21世紀のホラー映画が忘れていたジャンルジョクの長所をうまく抜きます。その長所が何なの?初めから狂ったように観客に血と肉を投げて台は、代わりに最後のクライマックスが来るまで静かにサスペンスを積んで管轄し、観客の心をゴモジュウィラヌンだ。 <ハウスオブデビル>は、過去のアーカイブをドィジョソ未来を発見した力作だ。

2 。悪!そのアメリカの女の子オトクハニ
<人間ムカデ> ( The Human Centipede )
乗車シックス/ 2009年/ 88分/オランダ/ワールドファンタスティックシネマ

この映画を置き換える何と説明しなければならないのだろうか。悪趣味の悪趣味?大引けまでチダルウンホラージャンルの想像力?もちろんそれが悪いわけではない。ジャンルのファンたちが、新しい想像力でいっぱいの悪趣味をどのように楽しむかどうか私たちは皆よく知っているのではないか。とにかく、開いた口がふさがらない、この映画の主人公は、シャムサンヅンが別の専門医である狂気バクサダ。彼は車が故障して偶然に先生の家に来た二アメリカの少女と1つの日本の人の人間がおちるから成っている。どうですか? 3つの人間の口と肛門を外科手術でイオブトがということだ。ジャンルジョク悪趣味で鍛えホラーファンでさえ、腰にする<人間ムカデ>は、観客の嫌と羞恥心を極限までプッシュをからかうの意図した真のグェジャクイラそうだ。要するに、人間ムカデの最初のノードを担当している日本人が排泄をし、自分の肛門に口をついているアメリカ人の女の子に日本語で"ゴメンね! " (ごめん! )とソリチミョ泣き叫ぶシーンのようなもの。 <人間ムカデ>はファンタスティックマニフェストとスクリームフェストなど数多くのジャンルの国際的な映画祭の受賞作である。好奇心と嫌に正比例していない観客には絶対お勧めわかります。

3 。私たちは警告しました、明らかに
<セール語映画> ( A Serbian Film )
スルジャンスパソイェビーチ/ 2010年/ 103分/セルビア/禁止区域

嫌弱い観客に<人間のムカデ>は絶対にお勧めいないと前に言った。 <セール語映画>は、任意の観客にも、さらには嫌と心が圧倒的に強力なホラーファンにも安心してグォンハジルできないよ。正しい。この映画はそのくらいに強い。パオロパゾリーニの伝説的な<肉ソドムの120日> 、メイドインフランスゴア氏の映画<マトス> <内部>の程度は、 <セール語映画>の前では家族の映画だそうだ。主人公は、引退したセルビアのポルノスターミルロスダ。彼はお金を稼ぐための芸術的なポルノの出演のオファーを受け付けるが、ポルノの正体は、到底普通の人間が管理できない種類だ。ミルロスヌン逃げようとするが、既に足を縛られてしまった彼は幻覚状態でunmentionableポルノを撮り始める。それが何なの?人間が想像することができるか、とても想像できないすべての種類の行為とだけ言っておこう。この映画をおすすめヨルピョンに入れた理由はひたすらあなたに警告するためだ。 <セール語映画>は、心に傷を残す映画だ。もちろん、今この文章を読んで、あなたは、好奇心に爪をかむことは間違いない。

4 。 <ソウ>シリーズの脚本家の監督デビュー作
<コレクタ> ( The Collector )
マーカスドンステン/ 2009年/ 90分/アメリカ/ワールドファンタスティックシネマ

一度、この映画の監督の<ソウ4 >から<ソウ7 >までの脚本を担当したマーカスドンステンイラヌンガールを知らなければならない。彼のデビュー作<コレクタ>は当然<ソウ>をはじめ、過去10年間のコンサルタント-スルレショの方法の中で存在している。もう1つのコンサルタント-スルレショと言って首をかける必要はない。 <コレクタ>は、何か少し純真最近の<ソウ>シリーズよりもはるかにジャンル的に古典的な楽しみがある。主人公アトキンスは、宝石ブローカーの家を修理していたの借金を返済資金を調達するために、依頼人の屋敷にこっそり入る。ところが、宝石ブローカーの夫婦は、人間を収集するための連鎖殺人につかまえられた状態のうえ、大邸宅は、この不思議な殺人がソルチヘノトは、手作りの仕掛け爆弾でバルディディル隙間がない。これで、アトキンスにはいろいろな種類のトラップを避けて生き残る同時に、どこかに隠れている夫婦の娘を入手する。 <ソウ>シリーズと同様の設定で始まるが、 <コレクタ>は、 3階建ての邸宅で繰り広げるアトキンスとの娘と殺人のトムジェリシク追撃を非常に相性れるように料理こなす。 <ソウ> EDAウェスクレイヴンスタイルのスルレショ映画をドヘトダゴ考えて白。いろいろと将来が期待される監督のデビュー作。

5 。 SF監督志望は必見!
<鹿児島> ( Cargo )
イワンエングルロ/ 2009年/ 117分/スイス/富川チョイス

SF映画を作るのは、ハリウッドの外でも、もはや難しいことではない。大陸と国に関係なく均等に発展しているデジタル特殊効果のおかげである。問題は、 SFジャンルが持っている固有の慣習をどれだけうまく駆使するのかだが、スイスから飛んできたSF映画<鹿児島>は、偉大な成功事例だ。 <加護亜依>の舞台は、汚染された地球を離れ、すべての人類が宇宙ステーションに住んでいる未来だ。人類の最後の望みは、地球に似ていますし、環境に設計された惑星レアダ。主人公の医師ローラは、姉が住んでいるレアに行くために荷物を運搬する貨物船に乗っている。ところが、誰もが冷凍睡眠中の鹿児島線で、誰かが殺人を犯して、人類の希望をかけた巨大な詐欺劇が徐々にドゥロナギ始まる。 <加護亜依>の考えがそれほど奇抜なことではない。しかし、若い監督のイワンエングルロヌン<エイリアン>のようなハリウッドの先輩たちのジャンルジョク習慣やアーサーC.クラークのような古典作家たちの古い考えを上手に組み合わせて、かなり思いがけないジャンルの映画を作り上げた。スイス初の長編SF映画<鹿児島>は、現在韓国ではSF映画を夢見る若い監督たちに、1つのよい例となるのだ。

6 。 2時間30分の麻薬を体験。
<企業よりボイド> ( Enter the Void )
ガスパノエ/ 2009年/ 155分/フランス/ストレンジオマジュ

<企業よりボイド>が2009年のカンヌ映画祭コンペティション部門で上映したときの劇場は、永遠の妨害に騒ぎだった。しかし、 <企業よりボイド>がガスパノエウイ前作<私ホンジャダ> ( 1998 ) 、 <不可逆> ( 2002 )同様に耐えられない映像の暴力を提供するためにブーイングを受けたわけではない。むしろ2時間30分マクガパビデオの実験に飽きた記者たちの抗議だったんというか。東京では麻薬と体を売って生きていくアメリカ人の兄妹の物語をガスパノエヌン2時間30分の1人称視点のみで先頭に立って行く(半分は生きている主人公の視線、残りの半分は死んで魂になった主人公の視線である) 。主人公がLSDのが飲んだときに私達が画面で見ることは、デジタル特殊効果で作り出した光の饗宴です。ガスパノエヌン68年の観客が大麻を吸って劇場に群れ< 2001年宇宙の旅>を見たときに感じたの幻覚的な体験を換がっていたのではないか。以下の音ではないかもしれませんどうしてもこっそり焼酎一杯のワンショットして、劇場に入ると、これらの薬剤の映画を正常に楽しむことができるはずだ。しかしという音は絶対にない。でも... 。

7 。スターウォーズのコスプレ入場観客優遇
<ジョージルーカス:この人を告発しています> ( The People vs 。 George Lucas )
アレクサンドルフィリップ/ 2010年/ 93分/アメリカ/ファンタスティック監督ホワイトペーパー

ジョージルーカス。ああ。この巨大な名前は、愛と憎しみの対象である。私たちは、 <スターウォーズ>の宇宙を我々に紹介した創作者のジョージルーカスを情熱的に愛する。ただし、オリジナルのシリーズをデジタルで下を掘った後、テキストさえもなくしてしまったジョージルーカスのすべてが憎悪する。新しい<スターウォーズ>シリーズはオトトゴ。他の監督にマトギラは、ファンの活性化を無視して、時代遅れの演出力で私たちを落胆させたジョージルーカスへの憎しみは、時間がたつほどより多くの狂騒のようだ。アレクサンドルフィリップ監督は、代替なぜ私たち皆がジョージルーカスを愛していると同時にこれほどの憎悪のかをファンや映画関係者たちのインタビューで、ファンが作成したパロディ映像やアニメーションなどを用いてきれいに説明する。 <スターウォーズ>世界のギリシャ神話や聖書のように受け入れるのファンが(オリジナルのシリーズを一緒に完成させたスタッフとファンの苦労を無視したまま、自らを神として受け入れる)ブタのジョージルーカスを非難する場面は本当に腹が落ちるの楽しみている。 <スターウォーズ>シリーズのファンなら、この愉快なドキュメンタリーを決して見逃してはならない。どうせやるならコスプレをして劇場に入り白。

8 。今回の富川(プチョン)のハイライトは、ガンダム司馬
<機動戦士ガンダム:逆襲のシャア> (機動戰士ガンダム逆襲のシャア)
ドミノ由悠季/ 1988年/ 120分/日本/サンライズ回顧展

機動戦士ガンダム劇場版史上最高の傑作の中には、ほとんどのファンはしばらくのためらいもなく<機動戦士ガンダム:逆襲のシャア>をブルジトウルする。物語は、最初の<機動戦士ガンダム> TVシリーズの中の1年戦争が終わったから14年後。シャア安土やアセンブルは、ネオジオンの総帥に戻った後、巨大な宇宙要塞エクシジュルル地球に落として核の冬を発生させようとする。もちろん、シャアの永遠の宿敵アムロレイが、新しい兵器の新ガンダムと彼の計画を阻止しようとする。短い文に、この傑作の感動の物はできないし、日本劇場公開時のポスターのフレーズは、 "あなたは今のところガンダムを知らない"だったということだけ言及して移らなければ分からない。今回の回顧展では、 81年版<機動戦士ガンダム>劇場版3部作と2005年に新たにTVシリーズを再編集して、追加のビデオを加えた<機動戦士Zガンダム>劇場版3部作、 2010年の新作である<機動戦士ガンダムUC >の両方が上映される。長いガンダムオドクがない場合は<機動戦士ガンダム:逆襲のシャア>は、少なくとも<機動戦士ガンダム>劇場版3部作の程度はボゴナン後、観覧が良いでしょう。宇宙のジェノサイダ、ガンダムの創始者であるドミノ由悠季も、富川(プチョン)を訪問する予定だ。宇宙オドクの血が富川(プチョン)に沸いて上がる。

9 。時間を飛び越える青春礼賛
<時をかける少女> (時をかける少女)
ダニグチ正明/ 2010年/ 122分/日本/ワールドファンタスティックシネマ

まず、 <時をかける少女>シリーズの時間をまとめてみよう。韓国の観客が一番最初に触れた<時をかける少女>は、 2006年作の劇場用アニメーションです。しかし、アニメがオリジナルではない。日本SF作家の筒井康隆が1967年に発表した同名の原作は、すでに何度もドラマや劇場用映画として作られた。最も有名なのは、1972年から<タイムトラベラー>というタイトルで制作したドラマと、1983年に当時の日本歴代興行成績1位になった劇場版である。 2006年版アニメが原作の20年後を舞台にした一種の続編だったら2010年版<時をかける少女>は、アニメ版主人公の叔母だったガージュ鼻の女子高生の娘を主人公にしたもう一つの続編である。 2010年の少女が、過去に戻って繰り広げる騒動に行うことができない純愛補をドィソクウミョ観客を笑わせ泣かせるの楽しみはぴったり<時をかける少女>シリーズらしい。伝説のアイドルスター原田知世が出演した1983年の劇場用映画を入手して見た後、感想と感動はヅベダ。 83ニョンイドゥン2010ニョンイドゥン<時をかける少女>は、時をかける青春の胸の子礼賛である。

10 。学園青春映画の大国はどこですか?
<ソフトボーイ> ( Softboys )
豊島啓介/ 2010年/ 113分/日本/ワールドファンタスティックシネマ

日本が最も上手なのは何なのか。家電製品?考えてみると、家電製品市場における日本の排他的な時代はすでに幕を閉じた。自動車?高級市場ではドイツ車に押され、低価格市場では韓国に押される。ファッション?彼らのファッションは、あまりにも独特の残りのグローバル化が難しい。しかし、どこかホホ糸確実な青春映画でなら、日本はまだベストオブベストゥダ。 <ソフトボーイ>は、日本の佐賀県の唯一の男子ソフトボール部の実話を映画化した作品だ。県内に男子ソフトボールアドオンがないという事実を知ることになった専門学校の学生たちがソフトボール部を作成し、全国大会に出る。もちろん、男子ソフトボールという素材自体がすでにコミジダ。人々はグレープフルーツな球アンダーで投げるソフトボールの代わりに野球をしている種たちであり、男子ソフトボールの全国大会と試みなければ近所の祭りにすぎない。 <ソフトボーイ>は、 <ウォーターボーイズ>のような日本の学園青春映画の慣習をそのまま借り後、もっとソフトでサブカルチャー的に観客を笑わせるために任務を果たす。清水崇と共同で監督の<幽霊vs宇宙人> ( 2007 )のようなコメディホラー映画のジャンルのファンたちによく知られている豊島啓介の最初の青春学園モノである。

記事: キム・ドフン
by kazem2 | 2010-07-16 19:54