ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

江南教保タワー周辺の流動人口1位

韓国日報




ソウルからの流動人口が最も多いのは江南教保タワー周辺で、人波が最も賑やかなのは明洞一帯となった。

ソウル市は昨年8 〜 11月の主な水平との交差点、多重利用施設など1万点の流動人口の特性を調査した結果、瑞草区瑞草洞の教保タワー周辺の歩行者が1日平均11万3,606人で最も多かったと15日明らかにした。明洞CGV周辺の流動人口6万6,633人の順だった。市は、この期間、毎日午前7時から午後9時までの希望の労働者2,200人を掲示されてカウンターでの流動人口を集計した。

流動人口の上位10位以内には、中区明洞 チニウィニー 周辺( 5万8,273人) 、中区小公洞 ロッテデパート 周辺( 4万9,172人) 、明洞m - floのラジャ周辺( 4万7,929人) 、明洞ユネスコハウス周辺( 4万1,529人) 、明洞m - floのラジャ裏側( 4万501人) 、明洞のセブンイレブン周辺( 3万7,216人)などの明洞一帯が7場所を含んでいた。鍾路区グァンフンドンドハンサ周辺( 3万8,941人)と永登浦区ヨンドゥンポ停留所横( 3万7,059人)もそれぞれ8 、 10位に上がった。

全調査地点の平均歩行者数を時間帯別にみると金曜日の午後6 〜 7時393人で最も多く、土曜日は午前7〜 8時73人で最も少なかった。自治区別の流動人口は、中区( 6,203人)、鍾路区( 5,413人)、銅雀区( 4,599人)、江南区( 4,291人)の順で多かったし、中浪区( 1933人)、城北区( 2,102人)、衿川区( 2千134人)の順で少なかった。

時価1,000地点で調査を介して流動人口の属性を分析した結果、一人で歩いている人が72.9 % 、負荷なしで素手で歩く人が77.1 %だった。明洞は、普段着が87.3 %に達したがテヘラン路にはスーツ姿が43.8 %で、多くの方だった。

歩行者の目的を年齢別に見ると、文化的な活動は、 20 〜30代が62 %を占めており、病院の利用や散策には60代以上がそれぞれ30% 、 46 %と多かった。理由もなく歩いている人も、 60代以上が半分以上だった。

ソンジョンフイ市情報化企画団長は"今回の調査結果を都市デザインと歩行環境の改善、護メオなど、市民の情報サービスのための基礎資料として活用する計画だ"と話した。

バクソクウォン記者spark@hk.co.kr 入力 2010.07.15 23:01

昨年の8月からだともしかして私もカウントされていたかも^^
理由なく歩いている60代のグループに入ってたりして・・・
by kazem2 | 2010-07-15 23:21 | News