ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

[外信記者クラブ]入場料をアップロードするための言い訳じゃないの?

☆cine21.com
e0109292_12464056.jpg




"すべての映画が3Dで作成されたもの"とは、ジェームズキャメロンの意見に異議申し立て

ジェームズキャメロンは、利発な人で、私よりもはるかにお金をよくもうける。しかし、営利といって、すべての面で正しいかもしれないことはできない。たとえば、私は3Dについての彼の予測が間違っていることを望みます。それによると、いずれは将来的には、ほぼすべての映画は、 3Dで撮影され、油性の映画とカラー映画の登場以来、映画媒体の3番目の重要な転換になるのだという。写真、映像などの他の視覚芸術もすべて3Dに切り替えられるものと期待するのか分からないが、映画についてだけはそう確信しているようだ。それでは、この素敵な黒の3Dメガネを愛さなければならないはずだ。

あらゆる面で3Dの映画媒体の3番目の偉大な発展と見ることは適切ではない。 3D映画の最初の上映は、初の油性の映画よりもジャンプが1922年には既に行われていた。 3D映画の最後の80年は、1950年代初期<ブワナ信じられない> ( Bwana Devil )が焦眉の興行成功を収めた複数の刺激の時を除いてあまり成功的ではなかった。しかし、今日の3D映画は、技術的な面で一層優れている。 3Dは、映画の未来になるのだろうか?

現在の3Dは、技術上のいくつかの問題を抱えている。 3Dメガネは、すでに眼鏡をかけている人にとってはとても不快である。子どもたちは映画の中に3Dメガネをはずすしまう。一方の眼の視力がもう一方よりもはるかに悪い人は頭痛に悩まされ、これらには、画面上の画像は、多少のバランスが合わないように見える。 30%程度の彩度を失うため、 3D映画は、必然的に涼しく、金属的な印象を与える。撮影監督と後半の操作技術者は、映画の雰囲気に合わせて、正確な色味を作るための多大な努力を傾けるのに対し、 3Dは、これらが苦労して得た結果を無駄にする。そしてもちろん、 3D映画の入場料は、 2Dの映画よりも60%以上高い。ハリウッドのスタジオの立場では申し分なく、いいことだが私たちにとっては悪いことだ。

しかし、 10年か20年後、誰か3D映画のメガネを使わずに頭痛のない完全な色彩で見ることができるすばらしい技術を発明して出すとしよう(そんなことはあり得ないと思うが、議論のためにそんなことがあるとみてください) 。 3Dは私たちに何を与えてくれるのだろうか? 3Dが嫌いな評論家のロジャーエボトゥは、美的観点から、 3Dは、プラスよりマイナスが多いと思う。それによると、映画は観客ににとっての物語に没頭するようにしなければならないのに3Dは、張り出した肘やフローティング綿毛のようなもので注意が散漫になる。スペクタクルの面では効果があるかもしれませんが話の面ではマイノスダ。どのようなハリウッド映画ではスペクタクルが物語よりも重要だが、ほとんどの映画では、物語がより重要である。

" 3Dはおかしい! "は、 3Dのファンの抗議が聞こえるようだ。しかし私達はそれらの技術が新しいので興奮する。その技術が古く、観客が既にこれらの技術に精通している場合はどうだろうか?今日では誰もがカラー映画を見ることに興奮しない。カラーは、それでも映画監督たちが映画の創造的側面をもっと十分に成長させるのに貢献した。しかし、 3Dには、それだけの余地がない。 3Dは、新しい標準がされている場合は、観客はそれを当然考慮するだろうし、これにより、この新しい技術が貢献するところは美的な面ではなく、経済的な面だ。入場料は上がる。映画の撮影装置の価格が上がり、撮影コストも上昇する。本当にこれが必要なのか? <バンジャジョン>が3Dで作らなったらもっと楽しいだろうか?小説の場合、人々のイラストのような付加的な視覚的な『次元』がなくても<ハリーポッター>を読むことに完全に満足している。一度の興奮がおさまれば人々はおそらく、 (彼らが1950年代にそうであるように) 2D映画でも十分だと考慮される。楽しさとして試みた私の推論によると、 3Dは、ハリウッドのスタジオの差し迫っていることから出てきた行動である。入場料を上げるための言い訳だ。

記事:ダルシパケト(koreanfilm.orgオペレータ) 2010.07.14

翻訳であって遅延

スペクタクルには3Dは臨場感があって面白いかもしれないけど
全ての映画に3Dを使うと言うことはないと思う
何故3Dを使うのか
映画のシナリオや物語に行き詰まり 何か変わったことをしないと観客を呼べなくなった
ハリウッドのまやかしの一つだと思います
今のハリウッド映画の質の低下だと思います
見たいと思うような映画がありません
アニメとリメイクと見飽きたホラーと太った男たちとシリーズ化した映画はもう飽きました
by kazem2 | 2010-07-15 12:44 | Comments(0)