ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

イタリアの評論家が言う韓国映画監督

☆news.nate.com



韓国とイタリアの映画評論家たちが書いた計8本のガムドクロンを紹介するこの本は韓国映画について、より深みのあるアプローチが必要な国内外の読者のために本格的に企画された監督批判アンソロジーである。

イ・チャンドン、パク・チャヌク、ポン・ジュノ、ホン・サンス、キム・ギドク、イム・サンス、キム・ジウンなど、国内はもちろん海外でも注目されている韓国の映画監督の7人に対し、両国壇の見解を確認することができる機会である。

1部は韓国の評論家たちが2部ではイタリアの評論家が務め、同時代の韓国映画監督の両方の批評的話で構成した。それぞれの作家論的なアプローチを基本とするが。私なりに様々な視点をとりございます。これらの監督たちに対する理解の幅をノルヒョジュルである。

"韓国の評論家とイタリアの評論家たちが共同で参加したこの本は、最近、韓国映画の深さの理解を望む両国の読者を対象としているという点でやや特殊である。特に、韓国映画の海外評論家たちの見解に直接アクセスするのが難しい韓国の読者たちにはイタリアの評論家たちが韓国映画をどのように理解していることは非常に貴重な経験になろうと考えられる。 (本を出してのうち) "

韓国の評論家たちが眺める韓国の映画監督

ジュ・ジンスク(イ・チャンドン監督) 、キム・ヨンジン(パク・チャヌク監督) 、ムン・ジェチョル(ボン・ジュノ監督) 、以降用(ホン・サンス監督)など有数の韓国評論家は、同時代の自国の映画監督を見つめる視野を盛った文等は、現在の韓国映画は、ある特殊な歴史的な文脈の中で、韓国映画とその監督にアクセスする多層的な洞察力を示す。これは、映画を見たり、新聞記事などを介して間接的に触れた事がある、国内の読者たちにとって、すでに慣れてしまった韓国映画をより詳細に理解し、それに対する認識を高めにするきっかけになるのである。

"イ・チャンドン、彼の映画は、継続的な時代と時代の精神、社会制度、そしてその中の人間に対する深い省察を要求してきた... " (ジュ・ジンスク記事で)

"パク・チャヌク、彼は1990年代後半以降の韓国映画界ではほとんどの新しい世代の芸術的な権力の象徴として見ごたえのある人物である... " (キム・ヨンジン記事で)

"ポン・ジュノ、彼が注目されるにはタルジョンチウイ時代の韓国社会への批判的視線を堅持しているのも一つの理由である... " (ムン・ジェチョル記事で)

"ホン・サンス、 、彼の映画は、無限の遊戯の中でも欲求を追って、目に見えるヨロガルレの道のうち、どこで香ばかどうかを心配している... " (以降用文で)

イタリアの評論家が言う韓国映画監督

ベネチア映画祭の映画選考委員、映画の学校数、映画評論家などで構成されたイタリアの著者たち(キム・ギドク、イム・サンス、パク・チャヌク、キム・ジウン監督への批判は、世界の舞台への本格進出した最近の韓国映画が海外壇でどのように受け入れられて評価されているかを直接確認できるようにする。特に、イタリア文章は、国内の読者としては、簡単に触れる厳しい海外の批判という点で、もっと大きな意味がある。これにより、私たちと他の文化では理解され、再解釈されている韓国映画に向かうことで、自国民として、今のところ自覚していなかった韓国映画の美学とその意味を新たに再発見することがある。

キム・ギドク、彼の過去を知っている場合は彼が失礼して、理解できないの監督というイメージを持つことは容易である。 .........アンドレアベラヴィータ

"パク・チャヌク、彼のスタイルは、にもかかわらず、非現実的な野心に飾られたように勝ったしても、いつでも重要な最初の原料であり、重要だということだ... " (マルコそれソリスト)

"イム・サンス、彼の映画というメディアは、韓国人の間に残存する退行的で反動的な性格の集団的精神世界を自由にさせる道具だ... " (パオロベル球島)

"キム・ジウン、彼はブラックコメディ、茶番劇、フェイクドキュメンタリーなど、さまざまな領域をどれ無理なく出入りしながら作品を作成する... " (アレッサンドロバラチ)

巻末に収録された映画監督ソサジョンは、 2000年代に活動している主な監督100人の簡単な情報を紹介し、国内外の読者の理解を助けている。

<著者について>
ジュジンスク/中央大学校演劇映画学部教授
キムヨンジン/ェァ大学映画ミュージカル学部教授
ムンジェチョル/中央大学校先端映像大学院助教授
以降用/映画評論家、釜山(プサン)国際映画祭のプログラマー
マルコそれソリ/映画評論家
パオロベル球島/映画専門記者、ヴェネチア国際映画祭アジア映画の選定委員会
アレッサンドロバラチ/映画評論家

<目次>
韓国の評論家たちが眺める韓国の映画監督
1 。韓国の現代社会へのソン・チャルジョク企画として、イ・チャンドンの映画_ジュジンスク
2 。残酷な冗談の世界:パク・チャヌク_キム・ヨンジン
3 。境界の世代の歴史意識:ボン・ジュンホウイ細片の映画_ムン・ジェチョル
4 。人生とは映画の中で、ポンハムグァポンポンハム中:ホン・サンス映画の欲求のイドンハク_以降用
イタリアの評論家が言う韓国映画監督
1 。少し足りないような映画:キム・ギドク_アンドレアベラヴィータ
2 。楽しいヨウンツンハムウイインスピレーション:パク・チャヌク_マルトそれソリスト
3 。逸脱の作者:イム・サンス_パオロベル球島
4 。キム・ジウンの映画の特徴:身体、精神、外見_アレッサンドロバラチ

図書出版ボンブクス( Buonbooks )はよい意味するイタリア語Buonと英語のbooksを結合して、 [ジョトウンチェク'をつくろうと設立のかどうかをもって出発するボンブクスヌン映画、美術などの文化の専門分野の出版社である。

記事配信 2010-07-12 10:19
by kazem2 | 2010-07-12 12:41 | kim jee woon | Comments(0)