ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

アイスクリームの不都合な真実

☆media.daum.net
e0109292_17421928.jpg

べスキンラビンスは日本ではサーティーワン(31)アイスクリームと呼ばれています



" 1つのアイスクリームが命を奪うのではありませんが、毎日食べるアイスクリームは、あなたの死に追い込むことができる。 "

世界最大のアイスクリームブランド'ベスキンラビンス'の相続人であったジョンラビンスはアイスクリームの不都合な真実を打ち明け、継承を断念した。

ベスキンラビンスを設立したジョンラビンスの父は、重度の糖尿病と高血圧に悩まされ、共同設立者である叔父は、 50代初めに心臓発作で死亡した。それも、さまざまな病気をつけて住まなければならなかった。

彼はこれらの全てが『アイスクリーム』だと信じる。


アイスクリームの主原料は砂糖、液状果糖などの糖類や脂肪、水である。ここでは、いくつかの色素や香料、保存料を混ぜて色々な味と香りを放つ。これらをよく混合するには、乳化剤や安定剤を使用する。

乳化剤は、時をぐいっと引き出す洗剤と同じくらい強力である。サングクイン水と油を混合することで確認することができる。乳化剤を摂取すると、腸の粘膜が流した私としていた有害な化学物質までも体内に吸収されてしまう。

アイスクリームのなめらかさは、柔らかさを担当する信頼性の高い制度の手ごわい敵である。アイスクリームは、材料をよく混ぜた後に空気を注入して凍る。この時、空気の量は重要である。なんとノトヌかによって柔らかさの程度が変化するのである。

空気をたくさん入れると、柔らかくなる一方、すぐに溶けるようになる。この時点で、必要なことが安定剤だ。安定剤を入れると、柔らかいアイスクリームがよく溶けないことになる。

ところが、安定剤も、私たちの体に有害な作用をする。乳化剤と同様に、危険な化学物質が体内にそのままナムヌンデ役立っている。

イスンナムの肥満の健康の協会広報理事は、彼の著書『私の家族を脅かす食卓の誘惑(トレンドメディア) "で、甘く柔らかなアイスクリームは、優しい顔をしたオオカミ"とつづり、"それぞれの有害な作用をする成分が甘くて柔らかい味の中に隠しながら、私たち体の中に入る"と述べた。

[ジョギョンジンMKヘルス記者nice2088@mkhealth.co.kr ]

毎日経済 | 入力 2010.07.11 10:45
by kazem2 | 2010-07-11 17:45 | News