ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

破滅に向かう殺人魔のわい曲された心理映画「キラーインサイドミー」

☆cine21/com
e0109292_23175342.jpg




“どのようにあえて! どのようにサンダンスでこういう映画をねじることができるんですか!”去る1月サンダンス映画祭プレミア上映当時舞台に招待されたマイケル ウィントボトムは激怒した観客に自らを弁護するために冷や汗を流した。 1952年出版されたジム・トムソンの荒涼なスリラー小説<キラーインサイドミー>(韓国出版の題名<私の中(案)の殺人魔>)はほとんど透明な程映画に反映された。 ウォン テキストの残酷な衝撃がろ過されないでイメージ化されながら不快感は極に達した。 マイケル ウィントボトムの映画<キラーインサイドミー>は言葉どおり、もしかしたら原作よりさらに呪われた作品に残るかも知れない. テキサス州小都市の副保安官ルーフォード(ケイシーアフレック)は人望ある医師一族出身だ。 表面では極めて礼儀正しくて先限この男はコールガール ジョイス(ジェシカ・アルバ)と初めて会った瞬間から止まることはできない衝動に捕われる。 彼を愛する二字余り、ジョイスとフィアンセ エイミー(ケイト ハドソン)は単に彼を愛するという理由で地獄で引っ張られて行って行く。 “愛している”、“ごめんね”、“さようなら”のような日常語らはあっという間に鳥肌が立つ呪いに変わって、条件がない愛はたやすい犠牲提案で変わる。 初期作<バタフライ キス>でも衝動的な暴力きてエロスの化学作用を扱ったウィントボトムはとても小さい違反一つで手のほどこしようもない破滅で歩いて入る殺人魔のわい曲された心理を極めて優雅ながらも乾燥するように表わした。 その暴力の瞬間は平気で受験(凝視)しにくいほど危険だ。

代わりに幼い時期の傷が今の野獣を作ったという単純な前提(フロイトの露骨な目くばせ)が,50年代原作の限界を勘案しても映画にそのまま借用されたという点は批判を受けるに値する。 ゆがんだ魂を愛する女たちの悲痛さに対して小説よりもはるかに無関心だという点やはり指摘するに値する。 オペラ<愛の妙薬>中<ひっそりと流す涙>の慣習的な使用だけ自制したとしてもはるかに良かっただろう。

文:キム・ヨンオン 2010.07.07
by kazem2 | 2010-07-08 23:13