ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

韓国芸能人の所得 サラリーマンより低い!

ソース:国民日報
年間平均所得2850万ウォン




芸能人たちが、年間稼ぐの平均収入が2850万ウォンと集計された。一般的な会社員の平均年間給与3820万ウォンより1000万ウォン近くに少ない金額である。国税庁が7日、2008年の付加価値税の免税事業者の収入額の現状に基づいて自由職業サービス従事者の年間収入を分析した結果、このように明らかになった。

アーティストの中で俳優やタレントが、歌手やモデルよりもせめてもの収入が良いことが分かった。 2008年の税金は免税事業者に届け出た俳優タレントの1万2029人が申告した所得の金額は、すべての4637億5300万元だった。 1人当たりの年間平均3800万ウォンの収入を上げることになる。これは、会社員1人当たりの平均年間給与3820万ウォンとほぼ同じ水準である。

歌手の3152人が申告した年間収入は1人当たり平均2600万ウォンにとどまった。会社員の年間給与の3分の2に過ぎない金額だ。

続いてモデルの6238人が申告した年間収入は1人当たり1100万ウォンで、月に100万ウォンも得ないことが分かった。法律で規定している最低賃金の水準に止まるなど、舞台での華麗さとは対照的に、 『空腹な生活』をしていること。

347人が届け出た棋士の年間平均所得は2400万ウォン、 プロ野球·プロサッカー などの専門職の活動家の1万103人が届け出た、年間の平均収入は3300万ウォンにとどまった。

国税庁の関係者は"報告輸入額は、所得とは異なり、費用がすべて含まれていること"とし"多くのアーティストたちが生活は解決が困難な厳しい生活をしている"と述べた。

ゴ・セウク記者swkoh@kmib.co.kr
国民日報 | 入力 2010.07.07 18:40
by kazem2 | 2010-07-07 19:01 | News | Comments(0)