ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

キューブリック監督もタランティーノも羨ましがりました

☆ジム・トンプソンウキぺディア
e0109292_12462183.jpg

ドラマ「鬼警部アイアンサイド」も彼の作品です

☆Michael Winterbottom's The Killer Inside Me



ジム・トンプソンの1952年の初の長編を映画化した<キラー・インサイド・ミー>

Q1 。原作者のジム・トンプソン氏は誰か。

1906年生まれ、 1977年に死亡。ジム・トンプソンはデシエル・ヘミトグァ レイモンド・チャンドラーの後を継いだ第2世代の犯罪小説の作家の代表格として挙げられます。子供のころからホテルベルボーイロ日韓のジム・トンプソン氏の評判はすごいのに、禁酒法時代のホテルの宿泊客の秘密のニーズに素早くお応えするために一見識があったからです。彼は宿泊客のために酒を搬入し、ヘロインや大麻を栽培するために力を入れました。元の給料は、月額15ドルだったが、余計な収入で、 1週間に300ドル以上を稼ぐ驚くべき記録を立てています。その後、石油採掘会社、タブルロイドゥジ、飛行機工場、共産党などモムダムアトドン ジム・トンプソンは30年代から本格的に文章を書き始めました。当時、彼が書いた短編は、新聞記事に掲載された、実際の刑事事件を『犯罪者の視点』で再構成した場合がほとんどでした。 1952年、ついに長編<キラーインサイドミー> (韓国語翻訳第1は、 <私の中の殺人> )が出版され、その後、50年代半ばまでの彼の代表作<野蛮の夜><女性の地獄><ポップ.1280 >などが注がれています。盛りを過ぎた行ったここはパルプフィクションジャンルを『純粋文学』の一部として受け入れることで、評論家たちの注目を一身に受けたが、大規模な商業的成功をゴヅジンていないんです。 80年代に入って、彼の作品は、再始動の間て初めての評価は、垂直上昇しています。

Q2 。 <キラー・インサイド・ミー>の映画化の作業が波乱万丈だったと言うが。

<キーリング>と<栄光の道>の脚色作業を一緒にし、ジム・トンプソンとの連結び、スタンリー・キューブリック監督は<キラー・インサイド・ミー>を置いて、"被告人の歪んだ心を大事に最も鳥肌をおかけしてピプジンソンイトヌン1人称小説"と賞賛を禁じていないとしています。映画界では、約束でもしたかのよう当代のスターたちを掲げての映画化を貪欲出したが、連続殺人犯の無感動し、歪曲された1人称の視点との衝撃的な暴力描写のためにいつも不発にすぎません。 20世紀フォックスの購入、1956年にマーロン・ブランドも(ルー) 、マリリン・モンロー(ジョイス) 、エリザベステイラー(エイミー)を考慮したが、マリリン・モンローの突然死の後に霧散になりましたね。 1976年のバートケネディが演出を引き受けたボムジャク<キラーインサイドミー>では、ステイシー吉(ルー) 、スーザン・タイレル(ジョイス) 、大社スターリング(エイミー)が出演しました。 80年代半ばのトム・クルーズ(ルー) 、ブルックシルジュ(エイミー) 、デミ・ムーア(ジョイス)のキャスティングの噂がポジョトジマン実現されていないんです。 90年代半ばには、 <パルプフィクション>として浮上した『神』クエンティン・タランティーノに演出の依頼が入りました。タランティーノは、原作を完全に解体し全然更新再構築するシナリオをソトゴ、ブラッドピット(ルー)とジュリエットルイス(ジョイス) 、ウマソモン(エイミー)の出演を予定しています。しかし、2001年の9.11事態が発生し、 <ガンの中米>の明らかな暴力性に対する懸念のため、結局映画化は持ち越されました。 2003年のアンドリュードミニク( <臆病なロバートフォードの提案ジェームズの暗殺> )は、レオナルドディカプリオ(ルー) 、シーリーズセロン(エイミー) 、ドリュー・バリモア(ジョイス)に、マーク・ロコはケーシー・エプルレク(ルー) 、リースウィザー・スプーン(エイミー) 、つけジルレンホル(ジョイス)に求愛の手を送信しました。

Q3 。ジム・トンプソン原作のもう一つの映画は。

バートランドタベルニエヌン<ポップ.1280 >を脚色して、 <一掃> ( 1981)を作成しました。 <女性の地獄>がアランコル野川<セリノワール> ( 1979 )というタイトルで演出語ってくれた。ハリウッドで作成されたジム・トンプソン原作の映画で最も有名な作品は、サム・ペキンパーの<ゲッタウェイ> ( 1972 ) 、スティーブンフリーEarthの<グリプトス> ( 1990 )を挙げることが言えます。ジェーム・スポリの<アフターダーク、マイスイート> ( 1990 )とスティーブン・シェーンバグの<ヒトミ> ( 1996 )などは相対的にちょっとそうです。現在、最も期待を集める次期作には、キューブリック監督が演出することが、シナリオが失われるの風に放棄した<逮捕されていない狂人>が評されています。キューブリックの死後のシナリオが一歩遅れて発見され、2012年の公開を目標に準備をしています。俳優は誰でしょうか?サム・ロックウェル(うーん)とスカーレット・ヨハンソン(ウフム? ! )です。

記事:ギム・ヨンオン 2010.07.06
by kazem2 | 2010-07-06 12:43 | Comments(0)