ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

[ダヘイの最近何を読むか? ] 1つのマッチョ男の告白

☆cine21
e0109292_1335249.jpg

  不道徳教育講座





スピルジプ<不道徳教育講座>の三島由紀夫は、 <金閣寺>を書いた耽美主義者というよりも監督兼俳優兼コメディアンである毒舌が北野武だ。女性誌に連載した文章を集めたこの本は、日常的な問題を主に扱っていますが、それらの定期的に不道徳な考えを展開している。いや、正確に言えば、人々が道徳的だと思うがどのように愚か同じことができるか、そのような固定観念の中の道徳を裏切ることがどれだけ楽しいかどうかを論じる本というか。女性にご飯を買ってくださいとか、友人を裏切るなとか、スープは音を出して食べとか。さらに有罪他人に上書きさ雨とも呼ばれて、先生は教室で脅迫するようにもなっている。

もちろん、挑発的な言葉の本音を覗いてみるとそれなりの理由がある。時と場所、状況を選別行うには、有益なアドバイスもきっとある。おへそをとっていると同時に説得力のあると思うのアドバイスの1つは、 『思いっきり干渉してください'である。 『知らない人にもバーに行くことができる』と書かれた三島由紀夫の記事(この本チョトグル)を読んだ読者が新婚だった彼の妻に手紙を書いた。作品はどうか分からなくても、作家(三島由紀夫)がかなり遊ぶことが好きな人という評判を聞いて敵、彼の妻として生きていくのがあまりにガヨオニ早めに考えを改め食べというアドバイスだった。三島由紀夫は、 "『思わず分... 』という部分に心が込められている、本当にあまりにも温かい友情の手紙だった"とシニカルなことを切り出した後、口出しをするのがいいとの結論になる。ウェニャゴ? "おせっかいは、 1つの利点がある。 『他人が嫌いやって、自分たちを楽しむことができる'はであり、また正義感という名前でちょっかいを安全に行使することができるという点です。他人が嫌がることばかりして、自分は少しも傷されていない人々の人生は永久にバラ色である。これは、おせっかいや助言は、最も不道徳な喜びの一つだからだ。 "三島由紀夫の生と死を知って読むと、微妙な点もかなりある。 1つの点で、彼は太宰治の弱さを嘲笑しながら、 『どうせ死ぬことに決定した場合は、他人に迷惑をかけて盛大にダイ』ながら、そう思っているのが自分の自殺防止法とする。だから... ?

不気味なアドバイスも度々登場する。 『女性に暴力を使用してください'期に冷や汗が背筋に乗って流れるように感動さを感じてみると、別れの時に"本当に愛していたならなぜ一度も私を殴ってくれなかったのですか? "と叫んだは、 1つのイタリアの女性の事情を例に挙げエヨクの微妙さを論じる。そこまでには、味のせいかだろうが、 "女性には、より原始的な憧れが秘められていて人の愛情の子拳を受けるときに(最高で1回だろうが) 。相手の男らしさを瞬時に直感したりする"と書いた。 'じゃないんだよ? 』といいたいのですが三島先生は、この世にない... 。

記事: イダヘ
by kazem2 | 2010-07-03 13:04 | Comments(0)