ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

[ゲーム]日本語化されたファイナルファンタジー

☆cine21.com
e0109292_1832204.jpg




ローカライズと豊かなストーリーを、より臨場感に

最近のゲームの傾向が続けばゲームのジャンルは、ハイブリッド化されているということだ。たとえば、 FPSとRPGが結合するか、アクションとシミュレーションを結合する新しいタイプのゲームが登場している。もちろん、このような傾向は、過去にも、そしてこれからも続くものであり、これを基に、新しいジャンルのゲームが登場するという予想が支配的である。このようなジャンルの口論の中で着実にシリーズを続けていくゲームは多くない。もちろん、シリーズを引き継ぎながら、ジャンルの組み合わせや変形もする。一部のゲームではこのような試みの中で、自らの意識を失わないが、これはどのようなゲームは、相変わらずの人気を享受する。そのようなゲームの1つに<ファイナルファンタジー>がある。日本生まれのパズルゲームで、北米で<ウルティマ>があった場合、アジアには、 <ファイナルファンタジー>があるといっても過言ではないブランドのゲーム。まさにその<ファイナルファンタジー> 13番目のシリーズが発売された。

<ファイナルファンタジー13>の最も印象的なのはローカライズが行われた部分、従って、国内の公式の名称も<ファイナルファンタジー13日本語版>である。 <ファイナルファンタジー>制作会社のスクウェアエニックスは、ローカライズに最も露出度の高いゲームメーカーの1つだが、国内のファンの関心と愛に支えられ、 <ファイナルファンタジー13>のローカライズが可能にしたという。もちろん、ハングル版が出ない場合のリラを期待して、すでに日本版を購入しているゲームを接したユーザーに多少のMac落ちるニュース勝つである。国内の悪いソフトウェア市場の観点から見ると、ローカライズを望む自体が貪欲けれどもメーカーのこのような試みは、ゲームユーザーの立場では、いつでも歓迎です。特に、 <ファイナルファンタジー>のような大作がローカライズをしようとしたことに大きな意味があると言える。喜んでは、セーブファイルの日本版と韓国語版の共有が可能であること。日本版にどの程度のゲームを進行した状態でも、日本語版ですぐにでもプレイが可能な音。

ゲームのクオリティはあえて言及せずになるほどのレベルである。常に最高のグラフィック仕様で、ハードウェアのリソースをほとんど排出している画像は、パラグラフに感心が出てくる。たとえば、ゲームの動画でのゲームにつながるの違いがほとんど感じられないとのこと、 <ファイナルファンタジー>独自の戦闘システムとシリーズ特有の迫力ある戦闘システムもそのままだ。もちろん、自由度に制約があるという批判はあるものの、日本のアクションゲームを接した人々は十分に理解することができる部分。 <ファイナルファンタジー>風<デュオルショク3 >、 OSTが同封された2種類の限定版もある。もちろん、この文を読む時点では、入手容易ではない。

記事:ソ・ボムグン(技術コラム一覧) 2010.07.01
by kazem2 | 2010-07-02 18:32