ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

[映画を読む]バンジャはバンジャになることができない

☆cine21
ギムデオ監督の<淫乱書生>と<バンジャジョン>を使って眺めた物語とコメントを書く
e0109292_18125998.jpg






<バンジャジョン>を参照するには、物語の話をしていないことができない。映画の最初の場面でバンジャ(キム・ジュヒョク)は、通俗小説の仕事であるサングラス(コン・ヒョンジン)に"そのようなサンノムの話も、小説になるんですか"と質問し、映画はそのようなバンジャの話で行われます。 <淫乱書生>のヤンバンイン在日韓国(ハン・ソッキュ)は、小説を書いた場合は、 <バンジャジョン>ではサンノムインバンジャが話をする。それは<淫乱書生>と<バンジャジョン>このような文脈の中にありながら、他の最も基本的なコーチである。

小説や物語は異なっている。小説は、孤独な個人の孤独なジプピルシルで作られています。小説は、片化された個人が誕生する近代の一形状である。物語は、孤独ではない。物語は、コミュニティで作成され、話す者と聞く者の相互理解と交流のなかで生まれる。小説はどのように見ると、物語の堕落である。人間と人間、人間と物事の間のコミュニケーションでの経験が失われてしまった社会の中で述べていることがないにもかかわらず、話をしなければならないジレンマに陥った語り手は、広々とした世界での孤独な部屋に孤独な部屋でプルーストに達するとのベッドと呼ばれる絶対孤独の空間にそして最後のスペース無意識まで、ますます自分の中に追い出される。小説の中を左舷に取るには、物語は外を左舷に取る。物語は、経験のシステムを大事にし、経験を可能にする言語の種類である。

瑪瑙人とビョンハクド、よい語り手たち
物語の最も重要な項目の1つは、繰り返しである。繰り返しの持つ魅力は緊張している。話の内容はほぼ同じですが、物語は終わってなく続く。話をするということは話を聞くことです。話が行われる広間でのだるさや快適さの中を聞く人々はそのような退屈の中夢を見る。 <淫乱書生>は、このような孤独な個人の小説である。在日韓国は、当代最高のムンピルガですが、世界から追い出さ追い越しの色というのマスクバックの体を隠しながら、最後に額の汚名までチクヒミョ離島まで追い出される。世界の果てでひとりで座っている彼はまだ小説を書く。 <バンジャジョン>の最後のバンジャはモンリョンと二人の小説を書かれていたが、世界から追い出され生きてはいるが、すでに死んでしまった春香(ジョ・ヨジョン)を背負っての話を聞かせて夢を見る。その夢は、花の咲いた庭に白い雪を降られ、その白い目は街の人々に行って届く。また、その夢は時間を遡って、過去の春香にふれて、今は氷の中に埋もれてしまったのだが二人の愛を育むした、まだ春香の愛をおさめている春香の靴にガダトヌンダ。バンジャの物語は、そういう風に向かって伸びて管轄の古典の繰り返しが織りなす魅力をしますが、それにもかかわらず、前作の文脈の中で、より多くのポトオナつのことができない。 <バンジャジョン>の物語が美談、つまり、美しい物語がされなければならないのである。物語の美しいイランの価値が入ると、権力と政治が介入されているはずだ。そのような点で監督の話題は、まだ<バンジャジョン>に溶けるよ。

身分や階級は<バンジャジョン>を導く推進力である。映画はサンノムインバンジャがヤンバンインサングラスに馬を置く問題から始まり、サングラスがバンジャに言う、"いかに両班の女性"に仕上げられる。また、権力に対する人間群像の欲求は、 <バンジャジョン>でいっぱいだ。バンジャはモンリョンを破って春香を得るために、瑪瑙の人に技術を学び、両班たちがする立っているの体位に応じている。モンリョンは迫力がある水泳の上手なバンジャの境界が、春香を選定するとすぐに春香をしてしまう。そして御史になった後、より高い電力のための美談を作るために春香を再利用する。春香はモンリョンによる身分の上昇が失敗するとバンジャの近くですが、再モンリョンを使用する。 <バンジャジョン>で、この程度の力は、物語でもまだ機能し、物語は、階級と権力の媒介となる。 <淫乱書生>の在日韓国のように<バンジャジョン>で小説を書くのサングラスは、両班である。話をするのはサンノムインバンジャでヤンバンインモンリョンは、物語を作る。しかし、バンジャは話をするが、映画の最後でバンジャは無念の使用人の恋物語の主人公になることをあきらめる。サングラスがなぜそんなにハニャゴ問うバンジャは"満たされていないものだから成すようにしてくれと思う"と言う。しかし、果たせなかったことをなすのは春香の欲求ではなく、バンジャの欲求である。バンジャは春香と恋した物語をモンリョンの名を借りて小説<春香伝>の主人公となり、身分上昇する。バンジャの欲求にバンジャの物語はポトオナ行けずもうモンリョンとなって物語を作る。

権力は、美しい物語がほしいと思う。暗行御史の任務の1つが美談を探すことがという設定は、好奇心が強い。これはまた、政治のシムミファ、芸術化プロセスを示す。政治的イデオロギーを最も自然に普及したように内面化するためには、審美化のプロセスが必要です。美談を追求するプロセスは、イデオロギーとしての芸術の存在を力説する。政治のイェスルファ、審美化を暴露する方法は、審美的なもの、芸術の政治化を示すものである。それは芸術が政治的なエネルギーに変えるのではなく、芸術が否定的になるのだ。審美的なもののフィクションとイデオロギー的な性格を崩壊させるものであり、芸術を取ることにある。バンジャの物語は、外に向かってポトオナガがバンジャはサングラスに美しい物語をソダルラゴする。 <バンジャジョン>は美談の中に隠された醜悪な現実を覆いを取るが、再び美談に復帰する。バンジャの夢は力を持っていない春香とのロマンスに埋め込まれる。 <淫乱書生>が堅いが、執拗した場合は、 <バンジャジョン>は、前作をはるかに超える試みを示したが、弾性を取得されの壁を超えることができない。 <バンジャジョン>は、むしろ周辺のキャラクターたちによって豊かになる。マノイン(オ・ダルス)やビョンハクド(ソン・セビョク)は、物語を作成するか、話をしようとしない。物語についての話は、情報にとどまるだけだ。物語の魅力は説明していないことにある。我々は良い語り手から話を聞くとき、その内容を聞くのではなく、物語の上手な法律を聞く。内容を聞くのではなく、そのオーラを聞くことです。瑪瑙人とビョンハクドヌン良い語り手である。彼らは私たちに聞くの喜びを与える。聞く能力とは、人間の模倣能力を覚醒させるものであり、そこには物語の魅力があるのだ。モンリョンと春香とバンジャが小説を書くとき瑪瑙人とビョンハクドヌン私たちに話をする。バンジャの話が口からグロ小説になり、体の中でますます離れるとき瑪瑙人とビョンハクドウイ身体は私たちに直接話をする。語り手は彼らであり、彼らが<バンジャジョン>でバンジャである。

バンジャがモンリョンになって...
<淫乱書生>から在日韓国が下劣な書生にされないように、 <バンジャジョン>もバンジャはバンジャことがない。それは、作家を直接映画に登場させて創作の行為とプロセスを示して監督の話題と苦悩に面している。映画の中の作家は、常に作品に介入し、お互いがお互いを侵食し、汚染させ、分割される。コメントを書くには主体が常に消えるスペースのヨルリムウルする。在日韓国は在日韓国と追い越し色に分割され、バンジャはモンリョンとバンジャに分割される。鏡は私を夢中にさせるが、統合することができない年齢のことに不慣れでそのためには台無しにするしかない。攻撃と愛は両家のである。バンジャの物語の中バンジャとモンリョンは互いの攻撃が模倣して、にっながら、後でバンジャはモンリョンになる。コメントを書くには、自分が受け入れたのルールを必ず違反して転倒し、死とマトダトヌンダ。したがって、バンジャはバンジャになることができない。 <バンジャジョン>は<淫乱書生>で投げました監督の話題があって受けて書くのカテゴリで、物語のカテゴリに拡大し、通信しようとする努力の産物である。このようなコミュニケーションの努力は、両班の小説では一般市民の話に移行しながら、周辺の人物たちに命を吹きオトゴ監督の想像力と機知に富んでは、これらの文字とよくマトアトルオジョそれらをよい語り手にした。その結果、 <バンジャジョン>は、ストーリーとの構造化の完成度よりもキャラクターの比重が大きい映画になった。 <バンジャジョン>の試みがどのように仕上げても、また彼は観客に聞くことの喜びを与えることができるよい語り手の一歩より近寄ることである。

著:キムテフン(映画評論家) 2010.07.01
by kazem2 | 2010-07-01 18:09