ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カン・ウソク監督 「コケ」撮って演出に喉の渇きを感じ

☆cine21.com
e0109292_187432.jpg




(ソウル=連合ニュース)ソン・グァンホ記者
" 'コケ'を撮って演出の渇きを感じています。終わるころになるから、暖かい映画をいくつか撮ってと思ってね。私は一度も挑戦して見たことのないジャンル長老ですね。 "

'忠武路パワーマン カン・ウソク( 50 )監督は30日忠武路シネマサービスオフィスでのインタビュー中の自信にあふれていた。 『カン・チョルジュン:公共の随意1-1』以来2年ぶりに映画監督に復帰した彼は新作『コケ』に、"すべてを降り注いだ"と話した。

'コケ'はユン・テホ作家の同名ウェプツンを原作とした。父の突然の死をきっかけに閉鎖的な農村の秘密を暴く主人公の活躍を描いたスリラーだ。映画は、原作のムクジクハムウル生かしつつ、降雨量ディナーコメディー和えリョジョている。

漫画自体を映画にするとは決して容易なことではない。心理描写が多く、セリフで表現するのは難しい点が大きいからだ。特に'コケ'のようなセリフより心理描写に重点を置いた作品はなおさらだ。

漫画は欲と利己心、嫉妬など、人間が持つ様々な感情を人物たちの内面に盛った。そしてそのような感情は、そこから混ぜられ、時には爆発し、時にはチムジャムしたりする。

監督の『コケ』を映画にしたとしたときに懸念の視野が高かった。主にコメディ系に強い彼がドラマの構造が強く、それも非常に曖昧な内容を盛り込んだ心理ドラマ『苔』をまともに作成する可能性があるか、というのが不安の核心だった。

彼は『原作の半分も応じて来い』『監督変えろ』という言葉をゴプシプウミョ自分に鞭を与えた。 "いつかは彼らからの賞賛をドゥトゲトダ"という一念の下で心配で心配を重ねているという。

"一度、原作を勝ち抜かなければならないというプレッシャーを克服するのがあまりにも辛いんですよ。ドラマがドェトドゥンキャラクターがドェトドゥン原作をよく見る人々に『映画もいいなという印象をジュォヤマンんです。作る中は本当に辛かったです。 "

映画は漫画の似ている。大使から、画面の構図まで同じのが一つや二つではない。ドラマの構造をドィバクゴ人物のキャラクターをビトゥン程度の違いならコーチである。

監督は" 、原作が非常に良く生かして思うのがあまりにも多かった"と説明した。

"基本的に原作を敷いて行くしかなかった。物語自体がとてもユニークで魅力的だからです。また、町の構造、家の形、家の間隔を、暗号化などのジャンソジョク背景も非常にうれしいです。 'の恐怖があなたを救う』というセリフも心にドゥルゴヨ。非常にすばらしいマンファジョ。 "

映画の上映時間は2時間38分。近年出てきた韓国の商業映画にしては異例に長い。周辺で再編集して上映時間を参考要請が殺到した。監督は、すべての要求と誘惑に根を打った。

"'人物たちが登場した場合は、退場処分を明確にしよう』『登場人物にも事情を付与しよう』と思っていました。キャラクタをたらいに聞こえない場合は、上映時間を短縮することができませんでした。要求が多かったが、仕方ありませんでした。 "

彼がこのように、人物への執着の理由は、 "俳優の演技で最も球を多くドゥルヨトギため"である。

実際に映画の良いリズムと息を吹き込むのは俳優たちの好演である。この章で悔しいチョン・ジェヨンをはじめ、パク・ヘイル、ユ・ヘジン、ギム・サンホ、ケーブルなどの俳優たちは非の打ちどころのない演技力を披露して棒を導いていった。

彼は今回の映画の命運をかけた。今回も興行の場合は彼が設立されたシネマサービスがドアを閉めなければならない状況に置かれているのである。

昨年から今年初めまでは彼が製作した4本の映画は興行に惨敗を重ねていた。 'キムさんピョリュギ' 『白夜行』『許すことはできない』『ガソリンスタンド襲撃事件2』までの損益分岐点を超えた映画がただ一方ではなかった。

"年間4本の映画が亡び支えることができる、国内メーカーがオディトナヨ。ただ(視聴者) 500万人程度に入って、次の映画を続けて撮ることができれば良いですね。 " (笑)

'コケ'の制作費をカバーするために、彼は個人の財産まで抵当に入れる無理を置いた。そうしながらも、彼の長期利子の興行が保証された安全な'コメディー'よりも、一度もチャレンジして見なかったスリラージャンルに挑戦状を出した。何故だろう。

"'ツカプス』も『公共の敵』も『実尾島』もただのコメディ映画だけではありませんでした。当時としては見られない、かなり革新的な新しい映画でした。私は今までそのような映画にすべてをかけています。 'コケ'も、そのような延長線上にいます。"

'コケ'のすべてのタスクを完了したので、"これで映画が自分の手を離れた"とは、彼はチョ・ヨンヒ映画『グローブ( G - LOVE ) 』を撮っている。高校野球部を背景にハンムルガンプロ野球選手と高校野球部員、女教師の友情と愛を描いたヒューマンドラマだ。

彼は、"ヒューマンドラマは初挑戦"と"心暖まる映画だ"と述べた。

"演出者としてはより多くの年齢が入る前に、人間に述べてみたい。きらきら笑いがある映画ではなく、状況自体がおかしいような映画、そして深い響きを与えるようなヨウンファヨ。 『カンチョルジュン:公共の敵1-1'撮ろうながら'のようなものをもう一つだね』というジャグェガムを聞いたことがある。これは、新しいことにどんどん挑戦してみたいですね。 "

buff27@yna.co.kr 2010.06.30


(終了)
by kazem2 | 2010-07-01 18:05