ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ソフトバンク、映画 『悪魔を見た』の興行に触れる

☆news.nate.com
<ソフトバンク20億ウォンの投資...損益分岐点、国内の観客300万人>




<日本経済新聞イサンギュン記者>

この記事は6月29日( 18:38 )日本経済新聞が作成した プロフェッショナル情報サービスthebell 'にチュルゴドゥェンの記事です。


ソフトバンクベンチャーズ(以下ソフトバンク)が、映画『悪魔を見た』の8月公開を控え、国内の観客数に注目している。

ソフトバンクは、この映画に20億ウォンを投資した。総71億ウォンが投入されたこの作品は、損益分岐点は韓国の観客には約300万人と推定される。日本の著作権及びマーケティング費用という名前の変数がありますが、 300万人以上を記録すると、本殿を選ぶことができるという計算だソフトバンクがこの映画に投資したのは昨年10月。キム・ジウン監督イ・ビョンホン、チェ・ミンシク主演などキャストも派手だがシナリオの構造がタンタンハダ理由で、投資を決定した。

ヒョヌソフトバンク社長(コンテンツの投資部門)は、"単純に監督と主演のキャストが華麗して投資を決めたことではない"とし、"スリラーというジャンルに合わせてシナリオの構造が非常にしっかりしていた"と説明した。

ソフトバンクは、 2008年4月結成された400億ウォン規模のKT -グローバルニューメディア投資組合を使って20億ウォンを投資した。ソフトバンクが映画に投資をしたのは今回が初めてだ。ネオウィズの子会社であるジオンのベストメンツも『悪魔を見た』に投資したと伝えられた。

現在までに、この映画に投資された金額は、総71億ウォンで、今後の追加、マーケティング費用に応じて、さらに増える可能性が高い。国内の映画の最大の海外市場である日本の著作権の規模も便利である。日本の配給会社との交渉の結果に応じて、国内の観客損益分岐点が低くなる可能性があるからだ。

『悪魔を見た』は、現在、フランス、台湾、トルコ、イギリスなどは、輸出契約が結ばれた状態だ。

金理事は、"様々な変数を考慮しても、国内の観客が約300万人以上を記録すると、収益を出すことができるだろう"と述べた。さらに、"経済危機で、海外の著作権市場が低迷に陥っての国内劇場売り上げへの依存度が90%近く高くなった状態"とし、"様々な困難があるが、今後も映画、ドラマなどのコンテンツ産業の持続的に投資する計画だ"と付け加えた。

日本経済新聞 原稿 記事配信 2010-07-01 08:59
by kazem2 | 2010-07-01 15:09 | kim jee woon