ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

黒沢 明監督 日本の巨匠の生誕100年の特別展

☆news.nate.com
e0109292_19312978.jpg




日本の巨匠の生誕100年の特別展
世界の観客の視線を引き付けたの顕著な作品の上映、絶えず改善されている映画界 創作の報告

今年は日本の世界的な映画の巨匠黒澤明( 1910 〜 1998 )の生誕100周年の年だ。これを記念する特別展が7月1日から2ヶ月の間、ソウル(韓国映像資料院、映画フォーラム、日本大使館公報文化院)と釜山(シネマテック釜山)で開かれる。今回の特別展には、 <罗生门(羅生門)> <ヨジンボ(用心棒)> < 7人のサムライ> <コラム> <ガゲムシャ>などスムルセ作品を上映する。このうち、 <姿三四郎> <デルス・ウザーラ><生活の記録>など7つの作品は国内で初めて披露する。

黒澤明は、スティーブン・スピルバーグ、ジョージ・ルーカス、フランシス・コッポラ、ウディ・アレン、ルウィクベソンが尊敬されて最後いなかった監督。韓国のイム・グォンテク、キム・ジウン、イ・マンフイ監督なども彼の影響を受けた。

背が187㎝もの巨体だった彼は米国のコンプレックスを持つ日本人のプライドを立てたの監督だった。画家の夢を見たの無声映画のビョンサイン3番目の兄の影響で27歳に一歩遅れて映画の助監督になった。その後、 33歳で最初の作品<チー> ( 1943年)でデビューし、 83歳の<まあだだよ> ( 1993年)まで50年にわたり、全30本の作品を出した。 1950年<罗生门(羅生門)>がカンヌ映画祭で受賞して以来<7人のサムライ><ヨジンボ(用心棒)> <赤ヒゲ><隠し砦の三悪人><ガゲムシャ><デルス・ウザーラ>(モスクワ国際映画祭)など世界の主要な映画祭を席巻した。 1990年のアカデミー映画祭は、彼の功績をたたえて特別功労賞を与えた。

ジョンフォード、フランクカプラ、ハワードホークスの影響を受けた彼は、これらの映画の世界を主体的に変形して日本的美学的に完成した。しかし、生前に"私は日本に向けてではなく、世界に向けて映画を作る"と公言するほどの彼の映画は、正義とヒューマニズムをベースに、人間の普遍的な感情に触れている。 <7人のサムライ><赤ヒゲ><天国と地獄>など、社会の矛盾と不条理を批判し、 <スキャンダル>では、商業マスコミの腐敗を、 <憎悪心が楽に眠る>では、公務員の汚職を批判した。

また、彼の愛、葛藤、欲求などをテーマにした世界的な文豪の作品をガクセクヘ中世日本の現実に移した映画を主に撮った。 <蜘蛛の巣城>は、 <マクベス>を、 <私>は、 <リア王>を、 <買う>は、ドストエフスキーの<馬鹿>を脚色し、こらは原作に次ぐ評価を受けた。欧米の映画も、創作の源。 <ヨジンボ(用心棒)><7人のサムライ><椿三十郎>などがその例だ。特に、<7人のサムライ>はジョンフォードの<荒野の決闘>を日本が内戦で混乱に陥った16世紀末の武士のバージョンに変身させた。この作品は、西洋的に米国にヨクスチュルドェジョンストジスの<荒野の七人>を生んだ。 <ヨジンボ(用心棒)>は、再度セルジョレオーネの<荒野の無法者> ( 1964 )など、数多くの亜流を産み、 1996年のウォルターヒル監督が正式に再リメイクしたりもした。 <隠し砦の三悪人>の16世紀の人物は、ジョージルカスの<スターウォーズ>の未来の3つの数字に置換された。韓国にはイ・マンフイ監督の<鎖を止める> 、キム・ジウン監督の<ノムノムノム>に直接影響を与え、イム・グォンテク監督の<将軍の息子>最後ギョルツジャン場合に顕著な痕跡を残した。

黒澤作品の最も重要なコードは、対決。日本の伝統武術柔道を素材にした<姿三四郎>や武士のアクションを素材にした<7人のサムライ> 、社会的紛争により、対立の構図を扱った<憎悪心がより楽に眠る><スキャンダル> 、自然と運命との対立する<デルス・ウザーラ><私> 、自作の対立の構図を扱った<赤ひげ> 、 <静かなる決闘>など、彼の品のうち、3分の2に該当する20編余りが決闘との対立がモチプダ

<黒澤明の映画の世界>を書いて世宗大イジョングク教授(映画芸術学)は"先輩の立場との対決を特徴とする彼の作品は大衆性と芸術性をすべて等しく取り揃え時代や国を超越する"とし、"事前情報なしに初めて見る韓国観客に聞い感動と衝撃を与えるに値する"と述べた。
詳しい上映スケジュールはwww.jpf.or.kr 、 www.koreafilm.or.kr 、 cinema.piff.org 、 www.filmforum.co.kr

イムジョンオプシニア記者 blitz@hani.co.kr 記事配信 2010-06-27 18:05
by kazem2 | 2010-06-27 19:07 | kim jee woon