ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ポン・ジュノ監督"私が作りたいと思うのは、観客を魅了する映画"

☆news.nate.com



ポン・ジュノ監督の作品は、十分に魅力的だったしもう誰も見てもらいたい映画だ。しかし、いざ自分はまだ魅力的な映画を作りたいと言う。シンプルで、中核的かつ本質的に充実して魅力的な映画を作りたいと思う人ポン・ジュノ監督。 「ミディオトン」で映画への情熱と哲学をメンタリング試みるのはどうだろう

◆ボンジュンホワ映画
最近の映画祭の審査員に多くの活動していた彼に、まず良い映画の基準を頼んだ。

"私も審査を受ける立場と審査を行うの主題はモトドゥェンダ。審査基準は、集まっているものの中から最も興味深い事である。別の条件を提示する時があるが、どうやら私の最も刺激になったり、私の心を動かした映画を均等にする。映画が100m異なりやスケートのインエッジ、アウトエッジのように採点基準があるわけではないから、私の好きな映画を選ぶのだ"

最近の映画界が難しいという言葉が後を絶たない原因と解決方法がある場合は、何だろう?韓国映画界を代表している彼の考えが気になった。

"いくつかのイユヤあるが、観客を魅了する映画を釘作ったのだ。私もそれが一番難しい。最近では、メーカーがゲリャンファ、数値化して映画を制御することができると判断する。創作者を信じて支援をしなければならないのに、数値化して根拠を突きつけてそれには奇妙な制御をしようとしている。その制御を安全章ちらし考えて「アンケート調査をした」' 、 'の分析をしたという偏見が横行し、ユニークで最先端の作品が出てくる可能性が減っているようだ"と鋭い惜しさを表現する。

彼の無限の創造性。アイディアバンクを主にどこかの質問に、"自分の感受性やアンテナの触手をどのように開いている行が重要である。実際に素材やアイデアは、すでに転がっているか、一日に数百回自分の横を通り過ぎて行くのに、それを通り過ぎてしまうものだから。ただ何もない状態で設定してみて成長するはずだ"と言いながら、真のクリエイターの姿を示した。

ポン・ジュノ監督のおかげで今もぜひしたいと思う映画があるのか?すべて試みてそんなことのですが、彼は"とても多くの種類があり、そのうちの1つの場合、ユニークな無人島の映画をしたいと思う。無人島に関連するストーリーは、いつもいて来たじゃないですか。 『ロビンソンクルーソー』や、最近の' lost 'まで。無人島での奇妙な想像がある。個人の人間的、政治的、社会的性のインスピレーションと興奮がある。無人島の映画は何ドェトドゥンジしたい"と答えた。いつかは、ポン・ジュノ監督の無人島を題材にした映画を会ってみることができるようだ。

◆CAAとの出会い、世界を舞台にナアガダ。
ブラッド・ピット、マライア・キャリーなどの世界のスターたちが所属する米国最大のエージェンシーであるCAA ( Creative Artists Agency )と契約、ハリウッドの映画会社からのレンダリングの意思を打診されている。 CAAを選んだ理由があるかどうか気になった。

"スペンサーという名前のエージェントが韓国で『グエムル』を見て私にストーカー行為を開始した。私は俳優でもなく、代理店というのは不慣れだった。ところが、米国はすべて、そのシステムの下で動く言っていたよ。ハリウッドで映画を試みるのはいいのですが、私は必ずアメリカに行くという強制があるわけではない。今までのCAAランス契約した理由は、 「雪国列車」'の場合は、国際的な協力が必要で、外国のプロデューサーやヨウンミグォン俳優が必要な面で支援を受けることができるようで、契約をするようになった"

現在進行している作品があるかについては、"まだ特別なのはないのに、ハリウッドのシナリオは、ずっと送っよ。 CAA所属の作家の作品だが、興味のある作品をまだチャトジンいない。 CAAを使って私のスタイルだしながら、具体的に提案が入って来るときがありますが、その際は、米国の代理店があるのがいい。ところが、私たちの感情をよく知らないせいか、スタイルがよくマトジンない"と言いながらその後まもなく、エージェントの印象も伝えた。

" LAに行ったがCAAのオフィスに行った数百人のエージェントが出入し、無知クドラ。規模で、最初に圧倒をいくつか受けており、とてもブジロンハダという印象を受けた。 「ゴアボビンスキ」と「ジョンウー」「キム・ジウン」監督をエージェントに無知バプドラ。私たちのコンセプトが異なっている気がした。通常、エージェントを同伴して会えば人が付いている創造性や名前バリューの商業的な概念が確実して『あなたは、そうすることができ、イレヤあなたの価値が上昇する』と、まるで『ジェリー・マグワイア'を見るようだった。そのようなものが策定されているのを見て不思議で、おもしろかった"

最後に、国内のエージェントシステムが必要だと考えているかどうか尋ねた。
"国内のシステムが整っていれば当然ほしい。まだエージェントを懇願期には国内の状態が不安定な部分もありますが、長期的にみたしなければならない。創作者は、自分で自分の権利を主張するか、契約しながら、地位を確保する困難ではないか。創作に専念するためには、これらのリスクからの保護を受けなければならない。そのため、エージェントは、本当に必要なようだ"と韓国のメディア業界の代表者として、すべてのメディアピープルを代弁する言葉ではないことができない。

実際に『メディアの箱』は、国内最大のクリエイターのエージェントである「クリークアンドリバー」との柔軟な業務提携を結んでいる。メディア業界を志望する人材は、就業や求職情報を得ることができ、未来のクリエイターは、安定的に創作と制作活動に専念することができる。クリエイターたちが自分の能力を最大限に発揮できる職場環境を提供することである。

「メディアの箱」 (www.mediatong.com)と一緒に韓国のメディア業界の巨匠たちに会って彼ら独自のノウハウや感覚を自分のものに昇華させてみよう。ポン・ジュノ監督を結ぶ最高のクリエイター。あなたにもなることができる。

ハンギョンドットコムbntニュースチェヒェウォン記者hwchoi@bntnews.co.kr
韓国経済 原稿 記事配信 2010-06-24 20:17
by kazem2 | 2010-06-24 23:16 | kim jee woon