ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

古典的なポルノ系を見るの経験<団地妻 午後の情事>

☆cine21
e0109292_13251886.jpg




<ダンジチョ、午後の情事>という怪しくが推定可能なタイトルの映画が起動したら、画面には、日本の映画会社ニトカスウイのロゴが誇らしげに表示され、この映画の素性が明らかになる。ニトカスウイその有名なロマンポルノの世界。瓶はここで壷ではなく、アパートただ'だ。このアパートに住み、結婚後、中断された経験があるキヨカ(高岡きこ)は、表面上は夫との団欒生活を送るように見えますが、どこかの生活の中でホジョンハムウル感じているようだ。夫は仕事のために頻繁に遅れて入って来て昼間はほとんど一人で過ごし少し退屈な午後には、暴力と幻想的に染色根本的な情事を単独で空想する。その時一人の男が訪れる。アパートの住民会議に出席した日、偶然出会いその後、家を訪問することになった浄水器の販売員平(三浦まさき) 。清カーは、彼と突然正史の激情に落ちてしまう。

誰でも歓迎は、家の中の女性とのシンクをゴチロ来てジョンサマン繰り広げて行く筋肉質の男性という設定では、ポルノ系の設定の中の古典である。 <ダンジチョ、午後の情事>は、ポルノ系の伝統的な( ? )の静かなアパートに住んでいる若くて静粛な女の想像とは少し変えて再演する。もちろんです。低予算の中で定められた濡れ場の回数と、適度に調整されるヌードと愛想の良い体つきの男女主人公と最低限の話だけ守りぬいた場合、残りの部分は、監督がしたいと思うように試みることができるニトカスロマンポルノの評判は有名である。日本の複数の才能のある監督たちが、その過程を経て、新しい世界に参入し、ニトカスウイロマンポルノはグロソ有名になった。その場合は、 <ダンジチョ、午後の情事>にもそのような歪んだエネルギーの創作力がある。それはよく分からない。ストーリーは、ただ過ぎるであり、濡れ場は、必ず時がされなければ約束のように登場するのだという古典的なポルノ系を見るの経験を連想させるにはならない。 <櫻の園>で知られている中原旬が作った。

記事: ジョンハンソク 2010.06.23
by kazem2 | 2010-06-24 13:25