ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

拉致暴行の頻繁な'現実' 、気持ち楽に楽しむことができるか

☆news.nate.com
e0109292_198346.jpg




<追い手>以来、 3年目ハングクヨウンファギェエンスリラー風が続いている。今年夏季のみしても、 <破壊された男><おじさん><悪魔を見た>が公開待機中だ。

但し、これらのヨウンファエン別の共通点がある。女性が拉致や殺害された後、残りの男性が救出や復讐のために対決するという点だ。スリラーの主人公が伝統的に男性だったことを勘案しても、このような共通の構図はオフジプオボルに値する。

写真左から<破壊された男>キム・ミョンミン、 <おじさん>ウォンビン、 <悪魔を見た>イ・ビョンホン。

◇ハイジャックされたと復讐
<破壊された男>は、3つの作品の中で最も早い7月1日に公開日をとった。 Rev。ジュヨウンス(キムミョンミン)の5歳の娘が誘拐される。しかし救出作戦は失敗し、ハイジャック犯は、娘と一緒に消える。 8年が流れる。主永数は、信仰を失い、堕落した生活を送るが、彼の妻は、まだ娘が生きていることを信じる。妻が交通事故に遭い、写経をヘメドンある日、主永ことは、昔のハイジャック犯の電話を受け取る。ハイジャック犯は、娘が生きていると言って巨額のお金を要求する。

映画では姿を消した行思った否定(父情)を一歩遅れて実現しドンブンソジュのキム・ミョンミンに焦点を合わせる。ハイジャック犯は自分の物欲を満たすために子供を利用しているサイコパスで、他人と感情を共有できないモンスターである。オ・ミンホ監督は"周りの人たちに歴史を与えたが、誘拐犯にとっては何の背景も与えなかった。その人物が理解されると怖いようではなかった"と述べた。

<おじさん>は、ウォンビンが主演である。世界と断絶したまま生きていくテシクは、お母さんにケアされていない隣の女の子ソミ(ギムセロン)と少しずつ友情を積む。しかし、ソミのお母さんに関与麻薬組織がソミ母娘を拉致し、テシクは、世の中に出て母娘を助けることに決心する。 <ブラザーフッド>と<マザー>から続々と保護本能を刺激する役を演じたウォンビンが、今度は保護者の方に出る。ホンボサ側は、ウォンビンのアクションを強調している普通のスリラーのジャンルとの競合を避けるという計画だ。

<悪魔を見た>は、キム・ジウン監督、イ・ビョンホン、チェ・ミンシク主演の映画だ。監督と俳優のイルムガプマン見れば最高の期待作である。国情院の警護要員スヒョン(イ・ビョンホン)の婚約者が残酷に殺害されて。スヒョンは犯罪者として明らかになったの連鎖殺人ジャン・ギョンチョル(チェミンシク)に残酷な復讐を決意する。スヒョンは、ライトレールをとって苦痛を与えた後、放す事を繰り返している。しかし、ライトレールは、戸籍が会ったとむしろ喜ぶ。映画界では、暴力や残酷な表現水位だけ見れば、これまでのどの韓国映画よりも高いといううわさが回っている。 3つの映画のすべての青少年観覧不可等級を受けた。 <おじさん>と<悪魔を見た>は、 8月公開予定だ。

◇現実の影
3本の映画が興行に成功するだろうか。 <破壊された男>は、キム・ミョンミンの熱演に期待をかけている。キムミョンミンは、 PCの部屋で犯罪者を待っている場面のために、実際に3日の夜寝ないで撮影に取り組んだする。 <おじさん>と<悪魔を見た>は、それぞれのCJエンターテイメントとショバクスラヌン大規模な販売代理店を背負っている。

しかし、予想外の変数は、まさに『現実』だ。女性が拉致、暴行されるのが頻繁に起こっている社会の中で、このような素材の商業映画を気楽に楽しむ観客があるだろうということだ。

映画評論家ガン・ユジョンは、 " 2001年前のハリウッドのSFも、コメディ映画でさえ、ホワイトハウス、世界貿易センタービルが崩れることが多かったが、 9.11テロ以降、誰もそのような映画を作っていない"と述べた。実際、最近のハリウッド映画は、米国外の場所でアクションを開くことが多い。アメリカの映画は、観客が現実に起こったテロを映画の中で改めて確認することを望んでいないと考えたのである。

オ・ミンホ監督は"誘拐は、主人公たちの感情を明確に示すには映画の素材"ラミョンソド"苦痛の中に住んでいる行方不明者の家族に誰のではないか負担が大きかった"と話した。と同様、劇中の犯罪者がどんなに残酷に描写しても児童への性犯罪は犯すものと水位を下げた。

女性の拉致、誘拐が男性の対決というドラマを強調するための素材として使用される粘度の計算をすることができる。誘拐された子供の母親が主人公だった<セブンデイズ>を除いて、 <追い手><許すことはできない><破壊された男><おじさん><悪魔を見た>の両方が男性との間の対決を描いた。評論家のガン・ユジョンは、 "法と制度が女性を守ってくれることができない状態で、誘拐や拉致を映画的に楽しむことができるか疑問だ"と述べた。

<ベクスンチャン記者myungworry@kyunghyang.com >
京郷新聞 原稿 記事配信 2010-06-23 18:29
by kazem2 | 2010-06-23 19:06 | kim jee woon