ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

原作「女中(下女)」の思い出に会いに行こう

☆media.daum.net.breakingnews



<日本経済新聞ギムソンウク記者>
[シルバーの映画館「そこには思い出がある」'企画展]

鍾路区ナクウォンドン楽園商街4階にあるシルバーの映画館(ハリウッド劇場)が'そこには思い出がある'企画展を始めた。

最初の作品は、 フランシスフォードコッポラ 監督の1979年作の<地獄の黙示録>。今回の企画展では、ディレクターズカット版とすることができる<地獄の黙示録リドクス>を上映する。上映時間199分で、1979年には150分の分量で公開される時点で削除されていた49分が追加されました。 マーロンブランドも、マーティンシーン、 ロバートデュヴァル、 ハリソンフォード など、思い出の名優たちの若い頃の姿を再び見ることができる。 24日まで上映。

25日から7月1日までギムギプン監督の1968年作の<世間知らずの女王>を上映する。シルバー世代に馴染みの、故ギムフイガプ、ファンジョンスン、シンヨンギュン、ムニなどが出演する。特に、ハリウッドの劇場の私の昔の音楽の喫茶店を再現した『思い出プラス』は、映画が上映される1週間のギムギプン監督が観客と直接会い、彼の映画人生、映画にまつわる話を聞かせる予定だ。

このほか、 <誰ために鐘は鳴る> (サムウッド。 1943 ) 、 <おしん> (イサンオン、 1985 ) 、 <風と共に去りぬ> (ビクターフレミング。 1939年) 、 < ok枚の決闘> (ジョンストジス。 1957 ) 、 <レーテの恋歌> (ジャンギルス。 1987 )など、シルバー世代の思い出が困難な作品を上映する予定だ。最近公開されたイムサンス監督の話題作<女中>の原作ギムギヨウン監督の1960年作の<女中>も上映を待っている。

'「そこには思い出がある」企画展は、 6月18日から8月12日まで続く。ハンジャクプムあたりの1日セチャリェシク1週間上映する。映画上映の詳細については、シルバーの映画館のホームページ( www.bravosilver.org )やハリウッドの劇場( 02-3672-4232 )までお問い合わせとされている。

日本経済新聞 | ギムソンウク記者 | 入力 2010.06.23 13:26
ハリウッド劇場は地下鉄5号線鐘路3街駅5番出口が近いです
by kazem2 | 2010-06-23 13:32 | Movie | Comments(0)