ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<キネマ旬報>の"衝撃、問題作"と表現した<告白>興行

☆cine21.com
e0109292_1315388.jpg




日本の突然変異興行風が吹いている。 6月5日に公開された中島哲也監督の新作<告白>が封切りの週末の2日間で19万人の観客を動員し、ボックスオフィス1位に上がった。興行収入は2億7千万円。 7週連続ボックスオフィス1位を維持していた<不思議の国のアリス>を抜いた。 <ヒョムオスロン松子の一生> <パコと魔法使いの絵本>に既に興<力を証明した中島哲也監督だが、 <告白>は、やや実験的な構成や破壊的な結末で、映画関係者の間では大きな興行は難しいだろうと見込まれていた作品である。しかし、 <告白>は、公開2週目も1位の座を守り、 6月15日現在、興行収入10億円を超え、配給会社東宝は、目標値を25億円に上方修正した。

<告白>のように暗く冷たいトンの映画が日本で普及していると成功するのはとても珍しい例だ。着実に成功しているTVシリーズアニメ劇場版の例でも分かるように、日本では家族の観客の市場が大きい。 <デスノート><花より男子>など、最近の興行に成功した映画も、大半の希望で明るいテーマを盛り込んでいる。しかし、 <告白>は、明るく、暗いを残すの終りの方向自体を揺るがす映画だ。 2008年本屋対象の大賞を受賞したみなとガーナでの同名小説を原作にしたこの映画は、半分の学生に娘を殺害された女性教師の復讐の物語だ。設定自体もショックですが、監督は女教師と生徒たちの独白で進行されている小説の方法を忠実に生かし、視点を変えて映画を完成させた。女教師の告白、続く生徒たちの告白を紡ぎ殺人と復讐という悲惨な結果がどのようにもたらすなったのか掘り下げる。そして最後。原作とは異なり、映画で追加された女教師のセリフは、今までの告白は疑うようにするだけの話全体をドィフンドゥンダ。日本の映画専門誌<キネマ旬報>は、 <告白>を、"今年最初の衝撃を与え、問題作"と表現した。

問題作でありヒット作。日本映画の観客が新しい方向に動き始めたのだろうか。 <告白>をプロデュースした東宝の川村ゲンキヌン" <殺人の追憶><追い手>が韓国で成功して、 <ダークナイト>は、世界的に興行しているように、日本でも『悪い結末』 ( Bad Ending )を好む観客が増えているようだ"と話した。実際、最近の日本で公開されたドラマ<トリック>と<うそつきゲーム>の劇場版は期待以下の成績を収めた。大衆娯楽映画を指向している東宝は『問題作』を少しずつ増やしている。川村元気プロデューサーは"視聴者の意識が一定のレベルにとどまっていると、すべての映画をそこに合わせて作成する漁船はならない"とし、"東宝でも主流と他の映画を続けて作成する計画"と話した。河村プロデューサーが参加している東宝の次の作品は、吉田シュイチウイ同名小説を原作にした以上の監督の<悪人>です。

中島哲也監督の前作<不良王女の物語>と<ヒョムオスロン松子の一生>と<パコと魔法の絵本>を考えると<証明>は、映画のトーンが暗い。女教師を演じた松たか子の無表情な演技、 CF監督のキャリアを十分に生かした、圧縮された表現と絶え間なく交差されている編集は、映画に乾燥した恐怖感を与える。物語自体は残酷史であっても映画のトーンは、軽くて明るい、前作とは対照されている点である。中島監督は、物語を長く並べる代わりに層を置き、積み重ねて行く。開始と終わりが終了した話ではないブルギュンジルハン部分数十人を投げるといった具合だ。この試みは、中島監督が、以前に見せてくれなかったの新しいの達成と、やや実験的なものでもある。そして日本の観客は、この新しさに答えた。 <告白>は、 2010年6月現在、唯一、自国内のボックスオフィス1位を記録した日本の長編映画となった。他の日本映画には、アニメ<劇場版ドラえもん:神宮の人魚大海戦>だけだ。 <告白>をきっかけに、本当に日本には『悪い観客が表示されたのだろうか。その観客の歩みに、日本映画界が揺れになる。

観客も、人物の話を疑って欲しい
Q.映画を演出することになったきっかけは。

A. 1年前ドストエフスキーの小説を再イルオトダ。とても楽しいして最近の軽だけの日本の小説がモトマタンヘトダ。そうするうちに偶然に<告白>を読んだのに非常に刺激的で、面白いよ。そうしてから幸いにも映画にやらないかという依頼を受けた。偶然に本当にたくさん重なった。

Q.最初から松たか子の女教師と思ってた

A.原作を読んだときに、松たか子かというと面白そうに見えた。脚本を書く前に、松たか子に話をして見たが、本人もどっさりと、するとした。昔から松たか子ファンの祈りし。 TVドラマより演劇を見て、面白いヨベオラ考えた。

Q.女教師守口の役割はどのようにアプローチしたことがあります

A.小説を読んだときの森旧知覧の人々はよく分からないと思った。でも、それはおもしろかった。みんなの告白という形でたくさん騒いでいますが、結局のところ、誰も自分が実際に何人か全然知らない。守口も、これといったキャラクターを決定することよりも見る人によって感じられるのが、他の映画にしたいと思った。

Q.演出しながら、持っていたそれなりの基準はムォヨトナ

A.キャラクターが人間に見えるが、ではないか。人物の行動やバルオンマン見れば、これらは本当に怖いの人々である。しかし、前述のー、行動すると人の本質は異なるかもしれない。そう想定して演出した。だけで、すべて恐ろしい怪物たちの物語で終わってしまうと楽しみがない。

Q.映画のツボで考えたことのいずれかのセリフの最後に頻繁に付く'そうかどうか』だ

A.人間とは存在が本音のようによく言っても、検出できない丹羽本人は正直に話そうとしたのか分からないが、どこか自分の正当化をしたりする。そのような言葉の裏、実際に話されていたものと別の心を読んで出さないと登場人物が人間として見られない。観客も、人物の話をいくつかの疑問してもらいた気持ちだった。

記事: ジョンジェヒョク 2010.06.23

この映画は映画館で知って 人の噂を聞いて見てみたいと思いました
by kazem2 | 2010-06-23 12:50