ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

[チャン・ヨンギュ]映画の副産物で出る即興音楽について

☆cine21.com
e0109292_18133253.jpg

映画「ノムノムノム」や「甘い人生」「10億」の映画音楽家です



映画と出会う公演<映画音楽∞音楽映画>開くミュージシャン チャン・ヨンギュ

映画は、映画に必要な音楽を個別に作成して、映画の上映後の公演に使われる音楽は、同時録音ソースという副産物をもって新たに作成される。その2つの別の音楽が作られるのだ。公演に使われる音楽も、やはり私は考えている監督の気持ちが入るのだ。要するにユンソンホ監督は、言葉が多くの言語で遊ぶのが好きじゃないですか。だから公演から出て、音楽にもそれが反映されるんじゃないか。

チャン・ヨンギュはジャンヨウンギュダ。チャン・ヨンギュの名前を、もはや映画音楽集団『モモプロジェクト』や、バンド'Ahoy部プロジェクト』と付けて説明する必要はない。彼は今、韓国映画の音楽の最良の前に立っている映画音楽行く。それでもチャン・ヨンギュの名前がナトソルダは彼がこれまでの作業のリストを一度反芻してみよう。 <ミスにんじん> <反則王> <女子高怪談4:声> <甘い人生> <復讐は私のもの> <いかさま師> <良い奴、悪い奴、変なやつ>。 'Ahoy部プロジェクト』という奇妙なバンドのメンバーだった彼が<反則王> <海岸線>のOSTに映画音楽を始めているころ、私たちは(あるいは映画界は)予想している。アバンギャルドな実験的な音楽家の忠武路外出だ。もちろん、予想は間違っていた。

ここ一年でなんとダソトピョン(<坡州(パジュ)> <ジョンオチ> <10億> <亀が走る> <女優たち>)の映画を作業チャンヨンギュは、来る6月24日から26日までLIGアートホールで興味深い公演を1つ開ける。映画監督ユン・ソンホ、バク・ホンジュンと一緒に<映画音楽∞音楽映画>という公演だ。チャン・ヨンギュはユン・ソンホとバク・ホンジュンが作った短編画の音楽を作ると同時に、その映画のソースを持って別の即興音楽を作る。そして公演では、各映画の上映と即興演奏が続く予定だ。いったいどんな公演になるのか想像もつかない行く?私たちもそう。

- <映画音楽∞音楽映画>プロジェクトは、どのように始まったのか。

= LIGアートホールの提供と、今後2年間一緒に作業することになった。何度やってみる悩んでいた時に<シネ21>ナムダは評論家に会ったが、映画と出会うことができる公演をするのはどうなのかという話が出てきた。ナムダは、評論家がインディポロムとの接続をさせてくれたユン・ソンホ、バク・ホンジュン監督に会った。

- ユン・ソンホ、バク・ホンジュン監督は既に知っていた間にである。

=バク・ホンジュン監督とは彼がハン・イェジョン通っていた頃の短編映画をしながら一緒に作業したことがある。ユン・ソンホ監督は、<銀河解放戦線>とブログに出てくるの短編を見てから初めて会った。映画を見ながらおしゃべり2日間のようだったがやっぱり...。 (笑)

- 音楽家より二人の監督がマクマクハルできる操作がなかったのだろうか

=でもまあ、ラインが引かれた操作ではなく、何やっても大丈夫な作業だから...。インディポロムでは、今の映画をすることができ、と思う映画を持っている二人の監督がつけてくれたんだ。さらに、制作費もLIGアートホールでサポートするから楽しくすることができるチャンスだったのだ。

- プレスリリースをみると、こんな言葉があったよ。チャン・ヨンギュは、ストーリーというメゲチェマンで『偶然』の音楽を完成し、その後の映画制作に入ったの監督たちとの会話を介して『必然性』の音楽を生みだす。偶然と必然性はどんな意味なのか。

=それは...なんもプレスリリースに使わなければならないことによって書かれるだろうと大幅に重要なことではなく。 (笑)私は、二人の監督と映画を操作するのが最初だった。一度、二人の監督が撮った映画に入った同時録音ソースの両方を持っている。これでサンプリングをして音楽を作る。だから映画には映画に必要な音楽を個別に作成して、映画の上映後の公演に使われる音楽は、同時録音ソースという副産物をもって新たに作成される。その2つの別の音楽が作られるのだ。公演に使われる音楽も、やはり私は考えている監督の気持ちが入るのだ。要するにユンソンホ監督は、言葉が多くの言語で遊ぶのが好きじゃないですか。だから公演から出て、音楽にもそれが反映されるんじゃないか。

- 既に作成された映画音楽と公演に出るようになる音楽は言おうと異なって出ることが言える。

=今公演の音楽は、やっているコースだが、公演は、実際に15分間のジュクフンウムアクイルているようだ。映画の元に私、ダルパコラムのガン・ギヨウン、別の作曲家、この三人がそれぞれ別の音楽を作った後、1つのスペースでの公演を通じて、馬具の先を争うようになるはずだ。どのように出るかは私も...。 (笑)面白いアドリブ球連日のだ。

- 今回のプロジェクトではなく通常の映画音楽をする時もシナリオや監督との話のようなソースを使用して、事前に作業を開始するのではないか。完成した映画を見てから考えることとは少し違う結果が出たと感じる場合はなかったよう。

=多い。 (笑)作業開始から撮影までの時間が多い場合には、監督とシナリオを読んで一緒に話を共有し、美術のコンセプトも、事前には、後のデモを作る。それとともに、ある程度線を引いて、その範囲内で作業すると監督との合意をする。音楽というのは開いておくと無限に広がっ負けるラインを決めるのだ。今までの監督も、事前に音楽を知っての撮影と編集を進めて取得、最終的に音楽をビデオに入れると、非常によくうまく収まる。そうできない場合...音楽を冠した通りに陥る場合もある。言葉では両方とも同意されたが、いざ付けてみると全然違う結果が出てくるのだ。

- ラインをうまく引くに入った映画は何ですか。

= <4人の食卓>も良かったし、キム・ジウン監督の<甘い人生>と<良い奴、悪い奴、変な奴>もデモで作った曲が最後まで生き延びて映画によく使われるというものです。韓国は、監督の力が強いので、音楽でも、監督の役割が重要なようだ。

- 最近の作業作品<坡州(パジュ)>と<ジョンオチ>とも。 1つは、アート、映画、1つは、商業的なブロックのバスのはずだ。 [スタート]から、音楽的なアプローチを別の方法で設定して、ガーナ。

=彼のアプローチというのが事実...シナリオだけ見ても読まれる。 (笑)

- もっと個人的な愛情が入るのはどのようなスタイルの映画である。

=昔はそういうのがあったが、最近は汚した。昔はどのようなスタイルの映画をしたいという朴があったが、今はよく合うの監督に会うのがやはり...。 (笑)パク・チャヌク、キム・ジウン、チェ・ドンフン監督は、変更することもなく、話がよく通じて、<ミスにんじん>のイ・ギョンミ監督も私の作る音楽が大好きで星の話がなかった。 (笑)<坡州(パジュ)>の場合は、ルートを一度に変えた。最初<坡州>のビデオを見て真剣な映画にアクセスした。ところが、制作会社のミョンピルルムはもっと感情的で、観客が容易に確認できるようにしてくれとした。ところが、私にできる最も普及したの限界が、そのほどは...。 (笑)完成した映画を見ると、私のお気に入りのシーンがいくつかある。インド旅行の出発前の最後のアパートに訪れる場面の音楽も映画も右のようで。最初の意図した音楽よりも普及しているに変わったのは事実だが、そういう風に調整していたのが映画的にも大丈夫という気がする。

- 完成した映画を見て、個人的にはもっとナガトオヤしたと考えるの映画ではないの

=チョ・ミノ監督と作業した映画。 (笑)チョ・ミノ監督は、いつものお酒をよく食べ、遊び友達だ。そうするうちに<強敵>を一緒にすることになったけど...あまりぶつかることだ。別の方法でいただきたいと思うのが多かったが、チョ・ミノ監督が最後まで持続を...。 (笑)映画は、監督がぴったりつかんので、仕方なく、私はいる。

- 最近チョ・ミノ監督との間ではどうなのか。

=の間はまだいい。でも、少しずつ変えている。 <強敵>で、本当にとんでもない要求をたくさんしてもすべて含まれての多てみると、音楽が山ガドラ。 <10億>ときは、昔のようにすればならないだろうと思って私は少しオギョトダ。次の手順を実行すると、もっと言い張っちゃ。 (笑)

- この時の写真撮影をしていたソン・ホンジュ写真部長が個人的な質問を一つ投げた。 "娘が映画音楽家になりたいと思うのに今までの作曲科を行くのがいいのでしょうか?"

=、作曲科を行くのが一番いい。基礎があればそれにもかかわらず最後まで支えるのが好きだから。今、映画音楽の人々の中には作曲の出てきた人が多いですが、元の関心もあり、作曲にも出てきた人々が最も長くうまくできているようだ。

- 監督も作曲とナワトナ

=中国語専攻した。 (笑)

- 代替なぜ中国語を...。

= 86年の大学に入る時は音楽を趣味にしてから行くことができるませんができなかった。ところが、大学は行っていた、特に行きたいとはなかったので、両親が決めてくださった働きすぎるだけで入った。今後有望になるグァラゴし、入手可能。 (笑)、中高校生の頃からバンドをしたが、大学行っては勉強を見てみようかと思った。 1年中国語の勉強だからゼロでマトドラ。

- それでも中国語は、以下の行のアナ。

=家を探してご飯を食べる程度。 (笑)、今年上海に行ったが酒に酔ってタクシーに乗って見知らぬ場所を訪ねのに、お酒を飲むか中国語がすらすら出てくるよ。普段はほとんどできないのに。 (笑)

- 『モモプロジェクト』は、最近どうなのか。 『モモ』という名前で映画音楽の連絡先がドゥルオオナ。

=みんなよく会う。でも、映画会社が『今回はモモと一緒に作業しちゃうぞ!このようなケースはほとんどない。ただ監督がやきダルパともバン・ジュンソクでも自分がしたいと思う人を指差している場合が多い。序盤は、ネットのように操作されていたのにそのような共同作業が効率がちょっと別よ。いくつかの映画では、4つの色が入るのがグァインイルもあり。だから二つチャクジて作業しているのが結果がいい。今もそうしている方だ。私は主にダルパコラムとバンジュンソクは、イビョンフンと。

- そのような組み合わせは、音楽の殺害によく合うためか

=ぜひそのようなことではなく。そもそも、そのペア造って作業を見ると時間ジョユルサン続きそう行くことを余儀なくされて。 (笑)

- 短編でも、直接の映画を作って、音楽を自由に着せて見たいと思う欲が私の場合はないの。

=ダルパコラムもそうですし、周辺には、自分が直接作ってみたいとみんなする。私はそんなつもりは全くなかった。そうだったが...。 (笑)今回インディポロム映画祭に行って映画を見ながら、短い短編であれば可能かもという気が軽くドゥルドラ。

- 今すぐに入るの映画音楽は何ですか

=現在撮影中のナホンジン監督の<黄海>、新人ソン・イェソプ監督の<毛皮を着たヴィーナス>。そして共同で音楽活動をしているスリラー映画<ヘッド>がある。

- <黄海>の映画をいくつかしたことがあります。それともソースが

=釘を見た。絶対にソースを出しで回るよ。

- 記者も現場には絶対の釘来ていたよ。それでも監督は出会ったことですが、音楽的な要求がムォヨトナ。

=監督を... 10分くらいしか会った。シナリオを読むオテトニャ機アクションも多くの映画が、ついに映画の中で集めて出さなければならないのは感情だが、音楽も、感情を持ち帰ることができる、音楽的に行くべきではないかとした。アクションのジャンルとしての音楽よりもそれが欲しいと思ったら監督もそう思っているよ。話はその10分後に終わった。 (笑)

- 映画の中で集めていかなければならないの感情って、<黄海>はどのような感情である

=アクションが非常に多く、また強い映画だ。ところがそれは株価以外のようだったよ。そのパッケージは、映画の色が別の方向に過ぎないではないかと心配になった。現場に行ってみしようとしたがずっと何かがうまくマトドラ。延辺の撮影は到着してすぐ撮影が終わったことだけで来て、どのくらい前には安山に立って撮影することに行ってみたところ、その日は撮影キャンセル。 (笑)

- 現場のように頻繁に行くほうなのか

=あまり好き。マスクすることもなく、モムヅルバー分からない。みんな懸命に作業していますがモニターのみを見て座っていることもそうだし、また、座っている俳優たちになるとの席で起きなければと。 (笑)実際の現場に行くのが仕事に大きく役立ちそうもなく。むしろがんばったを見て感じてくる現場に行く感覚で来る。これを行うには難しいのが不合理的に仕事をするんだな、大変そうだ、まあこんな考えだけ持って。 (笑)でも現場に行ってみるてはならない。 <良い奴、悪い奴、変な奴>は、監督がオラギに中国にも行った。楽器を全部サワソ中国での作業をしてください期のコンピュータまでつかむの砂漠に行ったんだ...ヒョンジャンエン釘の出のホテルの部屋にチョバクヒョソビデオ渡す場合は、操作して、その1週間を過ごした。キム・ジウン監督がちょっと心配だったかどうか、現地ですぐに音楽的な印象を総括するとは考えだったようだ。それでも、その時点でホテルの部屋で作業した音楽が映画にも入った。

- <Don't Let Me Be Misunderstood>は本当に天才的な挿入だったことを考える

=それは私ではなく、監督がコトヒョソ...。 (笑)よくオウルリギンに<キルビル>が連想なるから私は反対した。ところが、<キルビル>と入ったシーンの印象も違うし、画面かつ非常によく合い、実際にキム・ジウン監督が、その曲を流して、編集している風に取り出すにも抜くことが...。 (笑)

- Ahoy部のプロジェクトのアルバムは、代替いつごろリリースされる予定である。 2家を出たのが、すでに10年もドェガンダ。

=ここLIGアートホールで10月13日と14日にニューアルバム発売の公演をする。そして出て来るんだ。これまでベクヒョンジン忙しくて私も忙しくなるしながらも、しかしまた、依頼された映画音楽がオソンスンウィラ後回しに押され、ミリ多が、今年はしなければならないという気がした。だからしばらく前に作業しに中国に行って来た。

- ずっと中国に行くのを見ると中国との縁が多い。ジュングクオグァ出身という話も通じるだろうし

=そこに延辺があっても韓国語である。 (笑)

- そうか...。とにかく、どのような音楽が出てくるのだろうか。過去のアルバムとのギャップをハドすぎて

=負担以外の負担が少しいるもののである。なお、同じ曲を幾年公演見るとあまりにも偶然モトヘモクゲトという考えも持って。最後のアルバムとバクウィギンしなければならないのに、いったいどう変わるべきか。ドラム、ギター、ベース、このバンドの音楽ではないようだ。なんせそこにはあるだろうが。 (笑)

- オオブプロジェクト2集以降の商業的な映画音楽家として成功し、また、ボーカルのベク・ヒョンジンもAhoy部とは少し性質が他のソロアルバムを出した。時間に応じて、2人の変化が、新しいアルバムにも影響を与えるか。

=まずはそこ抜け出したい。他のが何だろうにゃ氏は、それでも少し変わっ気持ちでスタートをしようとしている。

記事: キムドフン
写真: ソンホンジュ (写真部長)2010.06.18
by kazem2 | 2010-06-18 18:29 | Comments(0)