ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

トップスター、今の母親·父親の演技は、'必須'

☆osen.mt.co
e0109292_914813.jpg




<OSEN =チェ・ナヨウン記者>
俳優は、すべての 役をよくしているが、最近は特に『親』の演技も必須だ。

子を産んで見ていない若い俳優が、親の気持ちを演技するということは容易ではないことですが、最近の作品の中で 青春 スターたちが子を置いた親として登場する 場合をしばしば見ることができる。青春スターだった彼らが年齢を自然に食べることによって、または、最近のシナリオの動向に応じて、俳優たちは、 お母さん、パパになって観客々に出会う。こうして生まれた立体的な 人物この時は、驚きを及ぼしたりする。

今年2月に公開され550万人の観客を集めた『義兄弟』の主人公カン・ドンウォンがお父さんだったという事実を 記憶していない人々がたまにある。

カン・ドンウォンは、劇中の生涯最初のお父さんの演技を披露し、なんと6年の間、北の妻と娘に会えない人の 内面 煙をピョルチョᆩダ。ある日、仕事を終えて帰る道で、自分の娘と同じ年齢の 子供を見て足を止める姿、顔も見たことのない娘の年齢は六歳ドェトウルという考えで子供を見てカン・ドンウォンの目には、前の女心を搖らしたシャバンシャバンハン目つきとは異なっていた。

'オオカミの誘惑』、秘密を秘めた暗殺者の『刑事』、天方地軸悪童土佐 'ジョンオチ'まで、 想像 ソクエマン存在するかのような人物を自然にピョヒョンヘネンカン・ドンウォンの変化であれば変化というか。自分でもこのようなお父さんの演技について、"あまりにも自然にショックを受けた"は、面白い感想をお聞かせたりした。

若くて爽やかなエネルギーに満ちたパク・チニは、しばらく前に、観客の心に響いた映画『実家のママ』での最初の妻役を演じ、演技を繰り広げた。

デビュー後初めての娘に置かれた母親のキャラクターをお目見えして演技変身を試みたこと。2泊3日 旅行を去った母と娘の悲しくも 感動的な話を盛り込んだ映画の中で娘を置いた娘という設定では、より感情を豊かにした。

'エトジニョ'キム・ヘスは最近クランクインした映画『二階建ての悪人』でがさつなママに変身する。容姿コンプレックスに取りつかれていた女子中学生の娘と二人きりで住んでいる美貌の毒舌家として 分解 ハン・ソッキュと呼吸を合わせること。何よりも中学生の娘にいたキムヘス、という設定からは、好奇心が強い。

最近登場したドラマ'スタイル'から'エトジニョ'で高慢でスタイリッシュな姿を存分にポムネン彼女が180度異なる変身を予告している。

最近のスリラー - 追撃戦のシナリオが多くなり、自然にその中心に 父性崖 - 母性愛を必要とする映画が多くなったのもこのような面の一つの理由だ。 'ベストセラー』のオムジョンファ、『破壊された男』のキム・ミョンミン民度の子にひどいお母さん、お父さんだった。下半期にお目見えする『おじさん』のウォンビン、『深夜の FM'のスエにもお父さん、お母さんはないが、彼と同級の府省との母性愛で物語を集めていく。

nyc@osen.co.kr 2010.06.17 08:16
by kazem2 | 2010-06-17 09:02 | Movie