ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

映画「浮気日和」制作発表会インタビュー(2007)

☆cinezine.news
e0109292_20293273.jpg

映画「浮気日和」は韓国の題は「風(パラン)」なんですね
この映画の中で強い風のシーンがあります
今年の韓流フィルムフェスティバルのライナップに入っています
ミンギのウブな大学生役は必見です



あなたの胸に風を起こす枚。実勢。男女

セクシーなキム・ヘスと純粋なユン・ジンソ、風変わりなイ・ミンギ ジェントルイ・ジョンヒョク。
全く別の人格を持つ4つの俳優が集まって1つの物語を作った。ホハン胸とフリトヘジは、存在感を埋めるために『風』という超数を選んだ2つの人妻での生活と人間の本質をドゥェジプオボは<浮気日和>。
아この只ならぬトピックを水が流れるように自然に描いたこの作品で、 『あなたの俳優が別々に遊んではないか'コラム修繕を行った場合は、折りもいい。
印象的な主婦の『露』役のキム・ヘスと潔白'大学生'役のイ・ミンギ、猫かぶっり100段の主婦'小鳥'役ユンジンで、完璧なジャクオプナム『狐二匹』役のイ・ジョンヒョクは、相手に喜んで自分自身を合わせ<浮気日和>をクールで軽い『微風』のような映画を完成させた。
場合によっては、兄妹のように、時には恋人のように互いを信じに従い、胸ときめく恋愛談をフィルムに盛り出したこれらの美しい調和は、インタビューの席でも光を放った。お互いの話に耳を傾け惜しみない笑いをジオジュンのおかげで、刹那のように短いインタビューの時間は、いっそう豊かになった。
見る人の胸に一行の風を起こすほどの魅力的な4人の男女キム・ヘス、ユン・ジンソ、イ・ミンギ、イ・ジョンヒョクの『余裕満々』のトークショーを公開する。

Q.最初の質問打ちちょっと重いです映画の主要な素材として登場する『不倫』の個人的な考えが知りたいです。ややもすると映画が不倫を助長するという話が出てくることもあるようだ。

イ・ミンギ:
そうですね。どんな事でも苦しんでいる例には、大変なようだが、いざというとき自然にその人の人生の一部にならないでしょう。そのような視点で映画を見てもそうなのか(不倫が)悪くボイジンでした。(笑)

キム・ヘス:
シナリオを読みながら、映画が2つで表現することがあると思いました。 1つは、現実的な部分をリアルかつシニカルに描くんだけどその場合、映画が真摯に重くなる代わりにインガンボンジルエンより深くアプローチしたでしょ。人気も多かったゴゴヨ。もう1つは、前述の内容を水フルロガドゥト自然に描くんだそうすれば、不倫よりも愛が、露と小鳥の自由がより多くのアピールになると思いました。監督が企画は、電子的にしたが、撮影は後者にしていきたいとし、入手可能に出演を決心したん。映画に出演している4つの主人公も不倫自体を常習しているというより自由になりたいの宙返りを打ったと思います。すべての人間が持っている孤独、愛情をやりとりしたい熱望して、自由なのかどうかを示すのです。だから我々の映画に不倫を助長したり美化するつもりはないと思います。露のように大雑把か、小鳥のようにかぶっとはありませんが、撮影中の二人の女性の熱望に深く共感したが映画がよく作らなったら観客も不倫よりもキャラクターに魅力を感じるんです。

ユン・ジンソ:
私たちの映画は、今のままでは何かが足りない2人の女性と2人の男が会って繰り広げられる話です。相反する2人の男性と2つのヨジャジョ。露と小鳥は人妻ですが、他の人と同じように、常に孤独を感じる人物ドゥルイエヨ。まだ結婚をしていない私に不倫は遠い結果に私も結婚をしても、いつも孤独な不足しているようで、小鳥との共鳴をなしており、撮影しました。

イ・ジョンヒョク:
実際に不倫はあってはならないのよね。(笑)私たちの映画は、不倫に代表される他人の秘密を楽しく描いたようです。その中の人の話もよく込められていて。おそらく私たちの映画レポート浮気という人がいないんです(笑)。

Q.露は、真ちゅう製であると思うほど印象的な性格を持つ人物でしょ。風ピオダバレもむしろ夫に腹を立てて。露をどのようなキャラクターに理解し、演技されているだろうか。

キム・ヘス:
露は典型的な女性キャラクターと違います。あまりに堂々として滑りやすいですけれど、知っていると、夫が3年間の風(浮気)を起こしたという事実、それによる喪失感への逆風をピジョ。だからといって夫の風露が風でもあるため、絶対的な理由という言葉ではない。 1つのきっかけとなったのです。露は、人との出会いではなく、愛情を与える対象、活力を感じながら生きていくことの意味を探すため、夫や大学生ではなく、自分自身のために行動する人物であり。夫との関係にありながらも独自の方式を維持がれよ。夫も、露の所有物、自分の女性として考えて問題ないですね。

Q.今までの相手のキャラクターについてはどう思いますか?

キム・ヘス:
人々は小鳥をかぶっ女と断定ジトジマン知ってみると小鳥は、自分だけの生き方があるんです。マフンサルない還暦を越えても少女の心を大事にすることができる純度の高い女性でもがれよ。

ユン・ジンソ:
露ですね〜結婚せずに大学院に進学するか、政治をしている場合なのしているようです。(笑)意志が強く、自由な考え方を持っているので、可能だったんです。

Q.猫かぶっり100段を武器に付いている小鳥も、慣習的なキャラクターではないと思います。(笑)

ユン・ジンソ:
小鳥を演技し、 『露のような女性になる夢を見たのかもしれない'は思いました。人の立場からの小鳥はとてもかぶっがひどいように見えますがどのような意味では誰より率直な女性です。モーテルまで行って、胸が震えてできないよ、次のには本当にしたいと思うときにしようなどと言っても、猫かぶっはなく、純粋によってそのようなゴゴヨ。それにしても、偶然知り合った露を使って活気がない、人生をより楽しく買うことができる方法を訪れるのキャラクターです。(笑)

Q.ユン・ジンソさんは年齢もオリンデ今回の子供までいた主婦の役割を引き受けて演技する機器の簡単ではなかったと思います。

ユン・ジンソ:
幸いにも、小鳥が子供を置いたのお母さんとは到底考えられないほどの潔白なキャラクターだから大幅にオリョプジンでした。監督も結婚して子供までが、そのようなことジュンヨチはないとし、入手可能あまり気にせずプレイして(笑)。

Q.もし、イ・ジョンヒョク氏の役割を変えたいと思う考えはでやってみました。

イ・ミンギ:
そのような考えではしてみたんですが。 そして私は、女優2人が出すうめき声もモトネヨ。(ジョワジュン爆)

Q.今まで、主に悪役や、強いキャラクターを演じてきたが、今回は作業メートルです。ソフト面あり。初めてのキャラはずで困難が多かったと思います。

イ・ジョンヒョク:
はい。とても難しかったです。(笑)演技のために特別に何かを準備していたよりはオーバーせずに、できるだけリアルに表現しようと努力しました。観客 'そう。あんな人がいない』という言葉をしながら確認できるようにしたがどうか分からないですね。(笑)

Q.イ・ミンギさんは年齢も多く、大先輩キムヘスさんと呼吸を合わせしたためとても緊張されにくいもしているように思えるキムヘスさんがよくしてくれるんですか?

イ・ミンギ:
相手が誰でもその人をよく知らない場合は、負担と感心する。さらにヒェス姉は、私が高校卒業前からTVで見てきた部分の上、放送では、他のアーティストたちが『女性のチェ・ミンス'によって緊張したが、実際にはまったくでそうです。あまりにも壁がなくて少しも怖いか、難しいことではありませんでした。して楽を下さって歩くんの1つでも、味のムトオナルほど素敵な方の祈りがれよ。

Q.評判もいいシンデヨ。現場でキム・ヘス氏はもちろん、スタッフまでお姉さんたちの愛を一身に受けていたが秘訣は何だと思います。

イ・ミンギ:
いいえまあ、秘密というよりは、私が弟だから、みんなよくやってくれたと思います。ヒェス押し私だけでもジョラソガではなく、姉の心と弟の私をたくさん満載してくださったと思います。

キム・ヘス:
そう心がゴオニイェポハルが外だよ。(笑)ミンギさんは、とても特別で、豊かな感性を持っています。撮影に臨む姿勢も真面目で人自体が純粋て本当に良いです。

イ・ミンギ:
よく見てくれるのもお姉さんだから可能なんです。はははは。

Q.お互いの賞賛が出たついでに今までの今回の映画の中で、相手の演技のポイントは何かを教えてください。イ・ミンギ氏は先輩であるキム・ヘスさんの演技が素晴らしいと感じた時にも語ってシゴヨ。

イ・ミンギ:
ええと...お姉さんが運転している姿を見ながら 'これも運転をするんだな』と思いました。(笑)元の姉が運転を頻繁にしダドンデ林道走る場面で、一方は森林であり、一方はガードライン不安は問題はありませんでした。(笑)走るん、痛打ゴド良いです。ああ、最後の場面見つめ?ノレランダンスもすごく楽しかったよるハシゴヨ。

キム・ヘス:
結局、煙の話ではないな。

イ・ミンギ:
de、あんな答ほしいんじゃないか。(笑)姉は止められないの演技の繊細さ込められていますが、実際にもそのような魅力を持っていらっしゃるようです。

キム・ヘス:
ミンギさんが演じた大学生は、露の前で強引にグルダが、いざ実戦に突入すると良く言えば純粋、悪く言えば子どものようにまったく準備ができなった格好悪い姿が見える。そのような大学生の純粋さがイ・ミンギさんの純粋さを使って自然に表現ドェソかわいく楽しくまで見えるその部分が観戦ポイントとすることができます。

Q.露や小鳥のように逸脱した経験や逸脱したいと思う時がある場合は、語ってください。

ユン・ジンソ:
私は毎日、常に逸脱を夢見てきた日(笑)。

キム・ヘス:
ジョドヨ。(笑)必ず何圧迫するか、または不十分おしくてではなく、気質がそのようなんだけど、もちろん、毎回の実行にオムギジンなく、胸の中ではうごめくものをヌキギンです。(笑)昔はそれなり大胆な逸脱だと考えて何かをすることもあり、振り返ってみると本当に可愛いジトイオトオヨ。そのような場合は、子供の頃からの放送活動をすることによって、日常生活に制約を受けたりしましたね。仕事のために、常にスーツを着たのに、一日は、お母さんが決めた服ではなくベコプチを着ていた。今考えてみれば情けないが、当時はベコプチ実現警察がジャプアガンダという言葉があったから、それなり逸脱だった。(笑)

イ・ミンギ:
逸脱についての正確な感覚で来るの些細な逸脱は、いつも感じることだと思う。例えば、先ほどの観客予想数を問う質問を受けてどこかに立ち去って衝動をヌキョトヌンデそしてもし私がどこかへ行けばそれが逸脱でしょ。

キム・ヘス:
(笑)それは逸脱ではなく、離脱ない。はははは。

イ・ミンギ:
そうですか?だから...道行くのに誰が快適で行動すると、1台打ちたいのですがその時点で打てば逸脱となるわけです(笑)ウェンマンハミョン逸脱はアンハリョ静か。

Q.主演俳優のうち、唯一の既婚者だが今までの結婚生活しながら、逸脱の誘惑や寂しさのようなものを感じた少ないんですか?

イ・ジョンヒョク:
あまりそのような少し...。

キム・ヘス:
ジョンヒョク氏は、引き受けた役割よりもインタビューし、困難な質問をあまり受けて困惑を取るようです。ははは。

イ・ジョンヒョク:
(笑)前には分からなかったけど夫が忙しくて一人で家にいる時間が多ければ、女性たちが寂しいという思いました。同時に、家族との時間を過ごして不倫を防がなければならないのではないかと思ったりもした。(笑)

Q.撮影しながら、最も記憶に残る場面は何ですか?辛かった点もイェギヘジュてください。

イ・ミンギ:
うーん...ヒェスヌナラン初めてキスをする場面が記憶にナムヌンデにくいものは特にありません。ああ!車が爆発するシーンの撮影するときに少しムソプギンしました。

ユン・ジンソ:
ジョンヒョク先輩を打つシーンを撮るときはあまり打って合わせて先輩も先輩ですが、私の腕がすごく痛いんです。(笑)体も大変で、先輩紛れもなくて申し訳ありませんし、そのために心身が多苦労した撮影でした。車の爆発時の破片が顔に跳ね、手の怪我をしそうだったのも覚えています。

イ・ジョンヒョク:
当時は分からなかったけど考えてみれば、私も正しいシーン難しかったようです。(笑)モンド持って。事実ごとに大変なのはなかったがモーシーンの監督と話をして、水位合わせて意見の調整に時間がたくさんかかった。心配もたくさん語ってくれた。

Q.最後に、観客たちに<浮気日和>をより楽しく見ることができる方法を教えてください。

キム・ヘス: <浮気日和>自体が自由とする映画だから投げ出し、存分に見て思われるのが一番いいと思います。

<ソンジュ記者bigshoes55@hanmail.net>
by kazem2 | 2010-06-16 20:45