ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

映画「破壊された男」撮り下ろし

☆cine21.com
e0109292_184879.jpg




<破壊された男>

偶然 6月14日午後2時
場所 CGV龍山(ヨンサン)

この映画
<シノプシス>
医療機器事業をしているヨンス(キムミョンミン)に明日はない。借金の督促にシダルリョソだけではない。 8年前に娘ヒェリンを誘拐された後、彼の『明日』は、差し押さえされた。当時の牧師だったヨンスは、誘拐事件後、聖職を放棄して、まだヒェリンが生きているだろうと固く信じて妻のミンギョン(バクジュミ)と離れて暮らし、無作為に生活を充てている。人生を放棄すると、それに続く痛みもないのだから。しかし、ヨンスはミンギョンが突然の事故で意識を失ったことのニュースを聞くようになり、その後まもなく、死んだと思った娘が生きているから巨額の資金を準備するように誰かの電話を受け取る。

<100梵尞>
8年前に誘拐された娘を救うための人の死闘、時間が経つにつれて、彼の体はますます破壊されますが、彼の魂は高揚されている。演技に命をバチドゥト延期する、優れた俳優キムミョンミンが、文字通り自分の体を汚しながら、そのプロセスを『物理的』で展示ですが、映画自体は、一般的に過剰な偶然の一致とクルリシェにもたれているので説得力が落ちる。ナホンジン監督の<追い手>とチャールズロトゥン監督の<ハンターの夜>思い付きですが、楽しさと深さの面でも至っていない。
ギムヨンオン/ <シネ21>記者

ナホンジンウイ<追い手>を基本ベースに敷かれ、パク・チャヌク、ポン・ジュノ、キム・ジウンなど、既存のジャンルの立場の影響力を前後にチャジプギハンカピケトスリラー映画。ずさんな物語の構造のせいでサスペンスとカタルシスが生まれる隙間なく、先輩からビルオオンの要素は、雰囲気つかんで禅哲するときだけ乱用されている。特にオムギジュンイ演じるサイコパスは、映画の憎悪心が一人ひとりの魅力をほとんど持っていない(あまりに残酷だからではない。最初からキャラクターが下手書かれていたからだ)。ところで、キム・ミョンミンの顕著なカリスマ性と魅力がTVで、大型スクリーンの段階へ移行するたびに忽然と蒸発してしまう理由は一体何なのか。
キムドフン/ <シネ21>記者

記事: ギムソンフン 2010.06.15
by kazem2 | 2010-06-15 18:04