ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ワールドカップのミジャンセン[3] 2006

☆cine21.com



サッカー中継では1分を超えるカットはできない

しかし、テクノロジーがすべての問題の解決を見つけたわけではない。それでもここに残っているサッカー中継カメラの恥ずかしさは大きく2つある。 1つは、この種目の野球やバスケットボールとは異なり、広々とした空間で、個人的なプレーとセットプレーが互いに混在しているという点だ。あるいはチームごとに、その性格が異なるという点だ。要するにブラジルとドイツの違い、あるいは両方を兼ね備えたフランス。その正反対の性格を持つチームが直面している場合は、試合では設定する必要がある基本的なアングルの範囲という問題である。 2つ目は、競技場の縦横比(纵横比)の恥ずかしさである。ライトウイングとレフトウイングをどのように同時に1つのフレームに入れてフェンウイの進行を可能にするか、あるいは突然の奇襲により、球が急に相手のゴール近くに落ちたときにもう一方の端の方の種の構図をどう取るのか。

サッカー中継では、この問題を逆の方法で解決した。サッカー中継では1分を超えるコトイラン存在しない。その言葉の意味は、最初からのサッカー中継は、現実の連続性を放棄したという意味である。その代わりのような瞬間を、他の方法で二度を示す。中継は絶えず進み、すぐにフラッシュバックでもどって来る。しかし、このフラッシュバックは過去形ではなく、現在進行中である。ところが、一度だけで示す。次に、その後の分析のショトイ行われる。ところが、人々は今見ることは、すでにこのことを事実をしばらく忘れている。その時点で消えるのはその時の後継デッドタイムである。

ここで、芸術的にスローモーションという問題と、仕方なく会う。いわばスローモーションの『介入』という質問がある。スローモーションは、選手の素晴らしいプレーだけを表示するために提供されるものではない。いっそのスローモーションは、その時の試合内容の分析的なミジャンセンである。スポーツ中継のスローモーションは、映画や他のライブスローモーション(Live Slow Motion、略称LSM)である。この場合、このスローモーションは、デジタル方式の中継以来、1秒間に75フレームで進行される標準的な速度で決定された。中継でスローモーションは、常に同じシーンの繰り返しである。そんなしかないことは同時に進行するスローモーションとすることはできないのである。だからスローモーションは、主審が笛を吹く、次いち早くあまりの時、過去の時間、一種のフラッシュバックに戻り、その場面の瞬間を再び見ることだ。もちろん、素晴らしいプレーやゴールという歓喜の瞬間が再現されている。しかし、反則の時もここに含まれている。それから、ここでの判定という問題が強情に登場する。すべてが再度そのシーンをスローモーションによって再表示したときにのみ競技場内の審判と選手だけ見られない。スローモーションは、同じ動作を互いに異なる角度で3倍に拡張された速度で、時にはハリウッドアクションを赤裸々に露出する役割を担う。要するに今年の『ホナオツン』がフランス戦で見せてくれたのは素晴らしいプレーというよりは、ほとんどサンジョンスジョンの試合を行った最後のプロだけができるハリウッドアクションだった(まあ、それも実力なら実力である)。それからスローモーションは、試合を見ている皆に判定の分析的なデータを提供する。もし、ここで主審が誤審をした場合はどうなるのだろうか?さらに、その決定は非常に決定的な瞬間に行われたものであれば?フランス監督のレイモンドメネクは、韓国との試合を行った次のゴールの中まで入ったが認められないゴールに対して簡単に答えた。 "それもゲームの一部である。"スローモーションは、正確な客観性を示すが、同時に、これらの機械的なディテールは、データが人間という間違いだらけの存在が運営するゲームということを証明する役割を担う。そしてサッカーの規定は、機械ではなく、人間の手を聞いてくれることを原則としている。どんなにオクウルヘも在京とは存在しない。ここで、機械の客観性と食事を変えなければならないと主張するなら、それは重要な点を看過することである。カメラの精度の時の場面を捕獲することができる。しかし、繰り返される物語。中継カメラは、継続性を放棄した代わりにそれを得たものである。試合の流れの中で判断を下すことができる客観的な場所は、唯一の競技場内での選手たちと一緒にプレーしている審判だけができることだ。判断は、流れの中でしなければならない。データは記録ではなく、時間のゲームである。ジェラルエジュネスヌン賢明な助言をする。 "サッカーは現実のスピードの中で進行されるであってスローモーションの速度で進行されるものではないことを考える必要があります。"

ボイスオフの解説が意味するのか。

実際に中継でサッカーを見るときの試合の進行状況は、永遠の不連続状態である。それでも見る人はそこに連続性の錯視効果に落ちる。このような目の錯覚の効果を作成することはイメージにドトブトヨジンボイスオフの解説である。無声映画にも同じサッカー中継で解説者の介入は、ただの場面を解説するものではない。ここでは解説者の話し方、声、今蜂れている試合の状況、そのゲームが出て結んでいる関係(すなわち私の国籍、あるいは私の応援するチーム、私は応援するチームを敗北させたチームは、スイスの1回戦、試合とは関係で、その国と、私は結んでいる関係、要するに日本やヒディンク監督を引き受けたという理由だけで持つ不明な親近感等)が複合的に作用し始める。それから、この解説は、分析的な画面のインヨイルだけでなく、多くの場合、矛盾して見えることもある。私達がドイツW杯で向き合った最も恐ろしい事態は、オフサイドのかどうかに関係なく、SBSの解説委員シンムンソンを'強制送還したときに'行われた。ここで、視聴者は解説者が今見ている画面のコーラスになることを望んだ。しかし、シンムンソンは、拒絶のジェスチャーを選択した(私は彼のオフサイドの判断が正しいか間違っているのパンガルムハル能力がない。そして、ここでそれを言いたいことはないが...)。その後に行われた事態は、データの名前として進んでおらず、"彼は愛国者か"という質問に急に変身した。ところが、ワールドカップと愛国心がお互いにどんな関係があるのだろうか?ここでは両者の間の関係を結ぶ媒介項は何だろうか?この関係は(私の考えで)、黄禹錫事態の正確な繰り返しである。ここでは解説への抵抗は正確には、何かの幻想としての試合からのデータとしての試合にとの分離に耐える代わりにむしろ、集団的な形としての(データから)疎外感をテクハゲトことができる行為である。それから、この解説は、普及している幻想の装飾に従わなければならない。その瞬間が望むコーラスは(チャドゥリの)"馬鹿な、これは詐欺です"という叫びである。しかし、審判が買収され、意図的に誤審をしたことがない場合はどのような場合でも、その判断を詐欺だと言ってはならない。シンムンソンの正しい間違っては素晴らしいのは、何からスポーツとしてのサッカーに戻しておいたのだ。その時点での普及は、これらの判断の客観性を質問する代わりに、なぜあなたは韓国のほうが掛けられてのかと反問した。この反論は、そっくりそのまま、再度質問を投げた人のところへ戻る。有名な質問。あなたがそれを聞いて見て実際に本当に必要なことは何ですか?(Che Vuoi?)少しの脚色。あなたがシンムンソンになぜ韓国編を掛けられてじゃないですか、と尋ねながら、実際には本当に聞いて表示することはW杯の、どこでも、韓国内の勝利を約束する、どんなドラマの可能性もないサッカーというスポーツ自体の客観的な不正行為をほしいと思うことはありませんか?ところが、この質問が答えの終わりではない。もしこれが普及のせいではなく、大衆の方にとってこのような幻想を生みだすために無声映画のような中継と客観的な用語で構成される主観 - 偏向 - '愛国'解説の協奏曲で構成される結果の産物ならどうする?サッカーは技術の対決で、選手たちの努力の結果であり、監督の作戦で構成される進行中である。いわばサッカー自体は、競技場内で起こっているスポーツである。ここには、どのような主観的感情の介入を持つことができない。もちろんです。しかし、中継でもそう言えるかな?

試合の流れとは関係のないインサート、中継の美学であり、詐欺

考えてみるだけの場面。イングランドとポルトガル戦は、『彼女たちのリーグ』には非常に悲しい日オトウルである。 『彼女たちのリーグ』の不動の1位のスター、デビッドベッカムが後半9分で負傷退場したためだ。ところで、この試合は私に興味がある2つの神を提供した、1つは、ルーニーが後半でもみ合いをしていたポルトガルの選手を倒した次の通り過ぎるふりをしながらナンシムブルル足で踏みつけていった時だ。もちろん、最初に知ることができなかった。しかし、ルーニーに運が、残念ながら主審は、まさにその瞬間、目の前にあり、なんと40m私から離れていたロナウドが走ってきた(知っているように、ルーニーとロナウドのマンチェスターユナイテッドのチームに所属である。けれども...)。ロナウドは、抗議を開始し、急にルーニーが割り込んだだった。ルーニーが自分は意図的に踏んだことはないと抗弁すると、元のこれまでのところ以下の意図がなかったの主審はレッドカードをコネトゴ、ルーニーが退場処分となった。すると、ロナウドは、香ばしいかのように軽くウィンクしながら通り過ぎた。同じマンチェスター所属なのに、元の二人は仲がよくなかったとする。

1,2。ルーニーが相手を明るくていったときに、カメラは遠くから眺めた。 3。カメラがルーニーのインサートのようにバストショトウロキャッチ。 4〜6。ロナウジーニョグレードが審判に何か言って、ルーニーが再びキオドゥンダ。 7,8。カメラは、再プルショトウロ帰って抗議している選手と審判を映す。 9,10。審判がレッドカードを出すと、ルーニーがため息をスィミョ頭を垂らします。 11〜15。ルーニーがファウルする場面が最初のとは違う角度からジュムインヘみられる。 16〜18。ロナウジーニョグレードがウィンクしている場面が続く。


ところで、この場面をそう説明するのは『小説』である。それは彼らが何を言ってお互いにしたことをまるで聞いたように説明するものである。その後、記事を調べてみるとスポーツ専門の記者たちもそのように書いた。しかし、彼らは現場にいなかった。したがって、ここでは、その言説を成立させたプロセスを考えてみる必要がある。現代のテクノロジーのブムマイクヌン十分に彼らの話をサウンドズームインすることができるのに、しない。それは、中継では一種のタブーのラインである。それから、この説明を成立させたのは彼らの間で実際に起こったことではなく(それどんな芸に知ることはできますか?)、それを示す中継の方式である。ルーニーが相手を踏んでいったときに、カメラはただ遠くから眺めた(エクストリームロンショト)。次に、カメラは、ルーニーのインサートのようにバストショトウロ示す。ロナウドが駆け付けて審判に『何か』述べている。ルーニーが再びキオドゥンダ。次のショトウン戻る下がって打ち続けプルショトウロ抗議している選手たちとの審判を示す。それから審判がレッドカードを取り出して持ち上げる。すると、気の利いたカメラはため息スィミョ首を落とすルーニーをキャッチ。その後、すぐにその後のルーニーのファウルする場面、だからルーニーが相手を踏んで通り過ぎる場面がさっきのは、別の角度から近くズームインに近付いてプルショトサイズを正確にポルトガルの選手のオプオジンボディルーニーの足を画面の中心に置き、スローモーションで'再'を示す。この場面は、カメラのスタジオで既にルーニーが踏んで過ごされるのを見たという意味だ。しかし、スタジオは、主審がレッドカードを取り出すまで待って('中継の審判の判定を尊重主義』と呼ばれる原則。要するに同様に、スイス戦では当然、カメラは、副審がいつオフサイド機を聞いたことを記録した。しかし主審がオフサイドではないと判定しよう中継のスタジオは、副審の場面を画面データとして提示していない)。その後、続いてロナウドがウィンクしているインサートを入れた。しかし、それが本当にまばたきのか、汗を流すことにより目カムパクインのかは曖昧。しかし、この場面は、ハイアングルで左から右に通過するロナウドを45の道の左側の席に座っているルーニーを示す、次のブトヨノトしたので、典型的な相対ショトウイをしながら、まるで彼に『何』のサインを送るようになっている。事実上のスタジアムでの試合を見る代わりに、多くの記事が中継を見て、次の書き込まれるときに、自分が見たことが中継だということを省略する。その試合の決定的な場面の説明については、ドラマを中継するように書く。しかし、スポーツはドラマではない。またドラマがすべきではない。その時私達はスポーツを、他のいかなる価値の世界にチョノトヌンことになる。中継は、インサートと呼ばれる効果でドラマを作成する。試合の流れとは関係のないインサートは、中継の美学であり、詐欺である。実際にどのような映画でも中継が織りなす流れの中でのインサートのような強力な効果を発揮することはできない。要するに景気とは関係がないのに、試合の流れの中で、ふと不安顔で競技場を眺める、各チームの監督たちの表情のクローズアップを挿入する。この場合、この挿入を通って、まるで選手たちと監督の間にテレパシーが起こるのと同じ効果を呼び起こす。あるいは中継カメラは競技場に来ている選手の妻の顔を逃さない。通常、これらの挿入は、彼女の夫が所属するチームの敗北がほぼ確定したときに登場する。その中継は、ある種のシンパドラマになる。これは、セルジュ種子島中継の倫理では、ゲームの継続性を維持しなければならないという言葉の核心である。

2つ目は、この試合の終了が延長戦まで進んだ後に残酷なことにPKで勝負が選別されるときの場面である。このPKの場面はほぼ完全な1つの方式のように編集が行われた。まず、GKとの選手を6mロンショトウイマスターサイズを示す。フレームの構図は、例外なく、毎回同じ席で、ハイアングルを握った。いわばいつものシュートは、いつもの繰り返しの構図だった。ここで、私に奇跡的なことはアホプボンのシュートで一度もこの瞬間をGKと選手の間のショトグァ相手ショトウロ示さないことは事実だった。それは、2つの意味で読まれる。 1つは、継続性 - 同時 - 完全性の維持である。多分この場面こそ、アンドレバジェンが言った禁止されて、編集のショトウイ現代的なエールである。この場面を編集する時のGKと選手の間の1対1の対決というペナルティのリアリティーが破損して受け取る。しかし、それがすべてではない。もう1つは、その中の誰にも優先権を与えないこと、編集の決定である。ここでは、中継の中立性という倫理的な問題がある。これはレニーリペンシュタルイ与えた歴史的教訓の産物である。


PKの場面の1つの方式のように編集された。フレームの構図は、例外なく、毎回同じ席で、ハイアングルを握った。いつものシュートはいつもの繰り返しの構図だった。ゴルギポと選手の間のショトグァ相手ショトウンアホプボンのシュトチンのうち一度も示さなかった。

注目すべきいくつかの証言者。 24個の画面を置いて介入している編集者の主観的な判断。ここで、ヨーロッパのサッカー中継のテクニカルディレクターを務めるジャン=クロード中央もいくつかの非常に主張する。 "今の競技場の中で感じられている観客の反応とは、少しも重要なものではありません。あるいは試合の内容の流れにも関係ありません。コアは、それを見ている視聴者の心理のリズムを取るんですよ。それをどのように判断ln?すべての中継は、主観的です。中継している人々は誰もが知っています。試合の解説者、審判、そして結果を選別して中継の主観性は表示されません。"でもフランソワシャルル雨は、中継、編集をする人々は景気が持つ性質を把握することによって作為的に試合の善悪を分割して(善良な便、悪い便あるいは私達編、相手)の編集を行うときと同じようにリズム感を得ることを加える。情報を中心に中継を行うのか、それとも光景を中心に進むであろうかに応じて、中継は、異なる方法で行われる。情報を中心にすると、画面には、ほとんどの試合の全体的な動作を示すために、マスタショトウロ行われるミジャンセンの画面となり、その光景が中心になるときは、ボールを置いて繰り広げる選手の間のプレーを追跡されるものであるのでジュムレンジュワ編集のリズムを付き添わなる。もちろん、どちらの極端に続くジュンギェランない。しかし、ここでも、主観的な好みが問題になる。もちろん、これは、客観性を前提とした主観性である。文字通り、客観的主観性という矛盾した用語。

ルールは中継の文法を決定する

それによる素朴な提案。中継で、リズムは、人工的に作られたという事実を認めなければならない。実際にスタジアムでの試合を見た人は、サッカーがリレーのように進行されていないことを経験的に知っている。そして、このリズムは、場面を見るショトウイサイズの違いと連続によって行われる。中継の時は、不連続の編集で作成され、同時に、試合時間とまったく同じです。しかし、中継は、その時間のシーンの繰り返しやスローモーションを使用した時間の拡大や延長を通ってそこに何か消えた時がある。ところで、これらの時間の経験は本当になくても大丈夫なのだろうか?セルジュ種子島では、これを中継での購入と呼んだ。したがって、試合が行われているスタジアムで経験することと、それを中継を通って見ることは人々が集まって見るか、あるいはテレビで見るかの違いではない。ドドグナ一時的に全国で600万人の人々が集まっている通りの応援がスタジアムではなく、電光掲示板の前に中継されている『介入した'の画面を見ている可能性と同時に私は、この差の政治学、あるいは中継の映画館を質問しなければならないと考える。

もちろん、私は野球について書くには、サッカーとはまったく別の文章を書かなければならない。あるいはグォンツナK1を使うには、言うまでもない。ゴルフは、もう一つの問題である。言わばスポーツ中継でイベントの違いは、映画の中でのジャンルの違いとはまったく別の問題である。ルールは中継の文法を決定する。その場合、このような反論が可能となる。韓国サッカーに関するアドバイスをしながら、ヒディンク、アドフォカート、車範根は、異口同音にKリーグの活性化を訴えている。しかし、誰も(要するに)フランスのテレビ局のサッカー中継を専門に従事する150人のカメラマン、50人以上の録音の記事、これを演出する10人のスタジオの監督については言わない。 Kリーグが楽しみなことは選手たちの技量不足と監督の戦術上のムリョハムだと断定かをすることができますか?多分それはロナウジーニョ、ベッカム、ジダンが一度に、国内の競技場で飛ぶも、彼らがサーカスをするのではなく、次は、90分にわたって、エキサイティングなプレーを見せるはずがない。要するにその退屈韓国との試合を行った『アートサッカー』フランスの不振を考えてみてください。ところが、彼らはブラジルで、まるで別のチームだった。それから、この試合の進行を示す最良の方法について何らの心配もないのは不思議なことだ。

もちろん、試合の内容が圧倒的な理由だと言いたいと思う。しかし、中継のスタイル、文字通りサッカーのミジャンセンという側面を完全に否定することができますか?結局、W杯で応援するためには、サッカーをするのではなく、見ることだ。それを否定することはできない。最も理想的なサッカー中継の方法は何だろうか?もちろん、ここには、いくつかの考えを持つことができる。セルジュ種子島ラーメンのサッカー中継のために一人のカメラマンがサッカー競技場の中に入って、最初から最後のホイッスルを吹くまでの単一のショトウロ撮影しなければならないと主張するかもしれない。しかし、それが広告である点を忘れている場合は、私が知っている最も審美的なサッカー中継は、ナイキの広告です。しかし、それが倫理的かという質問にはもう一つの問題である。一方、現在韓国で作成されたサッカーの広告は、例外なく、レニーリペンシュタルウイ(ドイツ第三帝国時代の熱情的な民族主義的な熱狂の興奮を思い出させてくれるし、サンサンジョク共同体の想像に傾く)な光景を再現することは、ただの偶然でしかないことを言うことができるか?最初に1つの言葉の繰り返し。もう一度言うが、私はサッカーについてよく知らない。

記事:ジョンソンイル(映画評論家) | 2006.07.19
by kazem2 | 2010-06-14 20:07