ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ワールドカップのミジャンセン[1] 2006

☆cine21.com
e0109292_194613.jpg




過去1カ月のW杯と一緒に流された。ボールを置き、繰り広げるこのフェスティバルは、今回も全世界を躍らせた。単純に考えると、万国共通語であるサッカーの魅力がそれだけ大きいと言うことができるが、1コプル除去されてみるとデータ自体の重要なことではない。ワールドカップは、私はサッカーをしながら楽しむのではなく、視聴者にサッカーを見るのである。普段サッカーを好まないと知られている映画評論家ジョンソンイルさんのワールドカップについての文章を書くことにしたのもそのためだ。彼のサッカー中継の技術から美学まで、多岐にわたり、ワールドカップのミジャンセンを分析した文を送ってきた。サッカーより面白いサッカー中継の素晴らしい世界へ皆様をご招待します。


私はサッカーについてよく知らない。率直に告白すると、オフサイドを目で見ても、それがオフサイドかどうか知らない。ただ主審が、そうすればそうなのかよりも、である。私は韓国代表チームの選手たちの名前をウェオジできず、今年のワールドカップのスターたちの名前で、列の指を満たさないことができない。トーゴの変形ができる日、私は睡眠ジャトウミョ、フランス戦は、途中から見て、スイスの前まで、最初から私は見た。さらに、何よりも私は心の中で応援しているだけのチームを持って途切れ。要するに(<シネ21>の)オジョン研は"アルゼンチン、イングランド、ブラジル戦は、基本的にブワジュォヤの試合"と述べ順に列挙した。サッカーの熱血ファン(兼私のサッカー観戦ガイドの先生)のホムンヨウンは、そこにはオランダとアルゼンチンを必ず見るようにおすすめする(但し、停止脱落した。残念なことだ)。さらに<シネ21>の'issue'コラムを連載している(<ハンギョレ21>の)ギムソフイは、分娩後4週目になる日フランス戦を見たと誇らしげに書いた(<シネ21>第559号、『子供の♡ワールドカップ' )。私は知っている。 4周目の赤ちゃんの、その気味悪いこと。むしろ、赤ちゃんというよりはキングコングと呼びたい頑固さのアクションたち。失神寸前の最後の区間の状態で、テレビをボダニ!私はそんなことを想像することができない。したがって、私はあえてW杯について書く資格がない。

ところが、思わずオジョン凧の『太ももの美学』を読んだ(<シネ21>第559号、記者たちのオープンカラム)。そこには"(中略)その上、太ももの観点から、ほとんどの目標は、美しい。騙シウォンヘジは中距離シュートは全体的な脚線美を検索することができ、接戦の末、ようやく入る目標は、比較的長い時間の鑑賞が可能にもいい。 (このような基準で、CKやFKからヘディングでつながるシュートの得点がやや低い)の問題は、このような偏狭な基準を持つには、些細な不満が多くなるという点(中略)"と、残念ながら書いた。この記事は、私にふとサッカーについて考える機会を与えた。この記事はいぶかしげに読まれる。オジョン研はここでサッカーを言う代わりに、それを中継と同じように書く。それからオジョン凧の席はスタジアムではなく、カメラの目である。ジュムレンジュガになってしまったオジョン凧の目、ブムマイクガなったオジョン凧の耳。いつでも、こちらから向こうに位置を変えながら、もみ合いを見ることができるアングルと逆アングルで自在にオムギョダニは編集されたオジョン凧のビヘンスル。地価ベル土プな画像 - 執筆、あるいは機械 - になる。サッカー選手に対してというよりはむしろ、サッカーという機械が動作する方法としてのサッカー選手たちの肉体。そして、その肉体を再現するための機械の目。まるで目の前にそれが見えてもするように告白するオジョン凧の繊細な技術は、サッカーという官能美、サッカーのエロティシズムが事実上のサッカーというスポーツ自体というよりは、そのデータを見るには能動的な錯覚にトィオドゥルオドゥンテクノ - 画像 - 執筆である。それからオジョン凧の目と耳は消えてパラメータの項としての通信 - ビジュアルな光景の取得にネマトギョジン感覚の拡大という事実を悟らせてくれるだった。オジョン年間のこの技術は、スタジアムには書かれことができない文だ。もっと正確にこの記事はサッカーに対してというよりはサッカーの「中継について」話すしている。いわば光景のイメージ - ライブ。スタジアムに座っては、中距離シュートになる際の脚を見ることは物理的に不可能である。あるいは従事がボルオジミョンそれを分析的に見ることはテレビである。それから私たちが見ることはサッカーに偽装されたテレビの修辞である。マーシャルメクルハンのユーモアに近い宣言。メディアはメッセージである!私たちは本当に何を見ているか?いわばその時点で私はサッカーではなく、サッカーというスポーツの中継 - ミジャンセン(mise - en - 'football' - televisuel)について考えてみる必要があるという気がした。やサッカー中継がウィリアムワイルロの<ベンハー>でのローマ、コロッセオの中の'A'戦車競技シーンやリドリースコットの<グルレディエイト>でマクシムスのコロッセオでの剣闘士の『デジタル』のシーンと、どこで会って、どこで分割するかどうかを考えながらワールドカップの中継を見た。円形競技場での対決。絶賛される観客。目に見えないカメラ。しかし、絶対にその場の外から遠く離れたまま(tele)、カメラという機械に頼って(techno)まるでそこにいるような錯覚しながら見物する(spectatorship)。

スポーツ中継はドキュメンタリーではない

どうしようもない少数のバイパス。映画のテクノロジーにはそれぞれ独自の必要性によって、線形成長したものではない。その逆に、映画は多数の技術者の不均等複合グソンチェに近い。ラジオの写真や蓄音機の異なる発展段階の非同期的詩的な同時性としての接合(articulation)。その映画というメディアは、歴史の何に負うか。ここではポールビリルリオは大胆に映画の技術は、完全に戦争に負うていると言う。または(ビリルリオの<戦争と映画>の材用では)"のシナリオ作家アニタルースは、ハリウッドでは第一次世界大戦に帰属する"と宣言する。戦争は、正確なターゲットを狙うために、より高度なシミュレーションを攻撃対象とした。 『認識の記号論理学』と呼ばれる画像やサウンドのシミュレーションでは、ますます戦争と映画を分間するのは難しいものとした。 、戦争は映画を媒介にしてゲームに移行した。事実上、今日の米国国防総省での仕事のサムネールを毎晩、私たちの子供たちはコンピュータのモニタ画面の前で実行する。目標を合わせることは、カメラからのジュムレンジュガ対象の焦点を合わせる仕事を正確に一致している。私はビリルリオと同じ理由で、テレビの技術は、スポーツに負うていると言いたいと思う。映画は、ターゲットを疑うしながら取るのテレビでは、対象を説明し、分析しようとしている。 (ベンヤミンの言葉を真似内面)の普及は、映画を見るとき、世界でノックと、自分が住んでいる世界を変に見たが、家の中のソファに横になってテレビを見るときは、不用意に再び世界の日常生活の一部に戻ります。あなたがドゥルーズ主義者なら、そう言ってと思う。映画はタルヨウントですが、テレビはジェヨン土である。映画を見る行為は、(一時的な)逸脱だが、テレビを見て件(無批判的な)習慣の一部である。


準々決勝からの試合開始前に両チームの主張は人種差別に反対する声明文を朗読するイベントが企画された。

もちろん、スポーツの見方を発明したのは(まだテレビが到着する前の)映画である。戦争と映画やスポーツの三位一体を最もよく知っていた人々は第二次世界大戦を行ったドイツ人だ。それは、アドルフヒトラーだけの球にかけることは、ここに関連する多数の'芸術的'の役人たち、『司令官のような'芸術家たち、特にレニーリペンシュタル、そして『兵士たちのような'選手たちを無視するチョサイルである。彼らは第二次世界大戦のベルリン五輪の映画を1つの光景にした。その映画は、スポーツ(種目ごとにさまざまな戦術を使用して、選手たちをターゲットにされて)戦争のように撮って(<民族の祭典>)、戦争(のためのアドルフヒトラーの演説)のスポーツのように撮った(<意志の勝利> )。しかし、ドイツが戦争になったという理由だけでスポーツを撮影したレニーリペンシュタルイ非難を受けるのは正しくない及ばない。あれから1年後、ジョンフォードは、太平洋戦争の現場に出て、戦争を撮った。その2つの間に根本的な違いはない。しかし、この席には、その倫理性を聞いて、表示するものではない。その代わりにこれを行うには言うことができる。映画は、戦争で首を回すと、渡ってスポーツがある。その二人を撮ることは同じ行為である。言わば光景。そして、その現場から私たちを安全に視聴者の席へと案内すること。今日、オリンピックの光景を示す古典的な'中継 - 文法』の修辞は、ここで発明された。ジョンフォードは西部劇にしたことをレニーリペンシュタルウンスポーツ中継にした。しかし、ここで誤解してはいけないこと。スポーツ中継はドキュメンタリーではない。 1998年のフランスのサッカー中継の監督の一人であったフランソワシャルル雨はそれを誤解しないことが重要だと指摘する。 "中継はドキュメンタリーに近いです。"

よりよく、より近く、再表示のための放送中継が開始された

しかし、映画が本質的にスポーツと合わないことを知ることになったのは、すでにラジオとの競争になったということだけで十分です。既に結果を知っているギョンギランスポイラーをすべて知っている私は、次の映画よりも面白いのないものだ。大衆は、のろまのニュースを待っているとかいう千里のニュースを聞いた盲目になるほうを選んだ。この時点で、文字通り遠く離れて、リモート(tele)で示す(vision)テレビの同時性は、映画をこなすことができないのニュースという側面を付与した。スポーツの1回限りは、同時実行性を同時に要求している。その意味では、1930年最初のワールドカップを握るリメウイスポーツ精神の理想主義に応じて、中継が不可能なウルグアイで開くことができたのは、まだテレビでサッカーを中継する必要はありませんされたためだっただろう。要するに今年のブラジルとフランスの試合が始まる前の選手が出てきてプラカード周辺のライン、次の朗読をして記念撮影をした。そこには"人種差別に対して『ノー』と一歩踏み込んで!"(Say'NO'to Racism)と書かれていた(但し、韓国の放送は、この場面が45秒近い時間の間、画面に示されているのに、選手たちのパワーを紹介するためにのみにのめり込んでいた。韓国選手たちは多民族グソンチェではなく、檀君グソンチェ(?)なので、このような問題には関心がないという意味なのか?)。しかし、今日、その趣旨に同意しても、例えば衛星中継が不可能な低開発の国地域でワールドカップを開催することが可能だろうか?もちろん、同時性を確保するためには、人工衛星の登場を待たなければならなかった。 1970年のアメリカは、地球上の空を公開しようという政策(Open Sky Policy)を提案し、人工衛星を打ち上げるの追加開始した(その時点で、米国とソ連ではなく誰が人工衛星を打ち上げることができるのだろうか?)。その年のメキシコW杯は、最初の衛星放送のサッカー中継だった。競技場は、選手たちの技量と監督の作戦がもたらさもたらす調和の世界だが、それを示すことは技術と資本の情報市場が生み出すの記録である。競技場内は正々堂々の実力を要求するが、競技場を見ることはお金の問題である。そして、この観覧の行為でどれもスポーツの試合を、まるでダヴィンチの<最後の晩餐>や、バッハの<マタイ受難曲>を何度も再聞きながら受ける印象のような経験のために、繰り返し見てはいない。もしあなたが監督や選手がいない場合、あなたはあなたが応援するチームや選手の勝利だけを再度見る。誰も自分が応援するチームが真のゲームをもう一度見てはいない。それでも見れば、あなたが応援する選手の決定的な場面だけを抜粋して見る。そのスポーツはテレビで自分のゲームのルールと活用について説明し、分析することができるテクノロジーを要求する。スポーツ口径の切実な3つの欲求。もっとよく見るために、近くを見るために、もう一度見るために。

現場とポストプロダクションが同時に

したがって、この記事のワールドカップの小さい瞑想を目的としたものではない。その逆に、その熱狂の修辞を呼び起こす中継という形式のスペクタクルの可視性を聞いて、表示するということだ。私は今W杯でサッカーを表示するのではなく、映画を聞いて表示するということだ。 2006年のドイツワールドカップはキルヒスポーツAGが中継権を持ってHBSで中継した。韓国の放送も当然HBSが提供するビデオを受け取って放映している。 HBSは、競技場内に24台のカメラを入れました、異なる画面を提供している(そして、各放送局は自社のアナウンサーと解説を示すために、各自のカメラを設置しているので、正確に試合に動員されたカメラは25対である) 。私は、2006年のワールドカップで(7月2日まで)この試合は、すべての7試合。韓国の3試合で、(私はトーゴ戦を見たことがない)ブラジルと日本、オランダ、アルゼンチン、イングランドとポルトガル、そしてブラジルとフランスである。私は(映画のように言えば)、すべての試合を25つの席をオムギョダニながら見た。しかし、25個の画面を私は選択して見ることはない。 24台と1つの動画は、1つのスタジオに渡され、それを選択して提供する。いわば中継は、現場とポストプロダクションが同時に進行されるシステムである。したがって、中継の編集には、反射や理由があることができない。すべての動画を収集しているスタジオでも、10秒後の状態を期待できない。ボールがゴールポストの中に入るのはわずか数秒の中のことだ。要するに、英国とポルトガルのPK戦の結末をどのように期待できるだろうか?すなわち、今後さらにだけで、予想できない試合の内容を取らなければならないの編集。中継は、知性ではなく、認識の産物である。この場合、この編集の核心はリズムである。しかし、このリズムが、必ず目の前に進んでいるゲームの内容を追跡するだけではないというのが試合を見た私の判断である。多くの場合、これらのリズムは、画面の外にあるビガシですが、同時に進行している試合の残り時間と両チーム間の得点差が別のリズムを作成する。いわば中継は、2つのリズムの間の緊張を通って作られるの認識と判断の間のトラックの法的関係である。競技場の中を自由に動く蝶のリズムと視線のおくりものゴルリョドゥン目標の小さな変動にも反応しているくものリズム。その2つのリズムの中で活動を開始する機能と、それに関する分極されていく心理。 1つの競技場、しかし、その上を自由に移動する滑らかな競技場としての表現、そこに付与された内容としてのホームパインの競技場。


オフサイドではない主審の決定に選手たちが激しく抗議している。韓国とスウィスジョン。

要するに、韓国とスウィスジョン。オプサイドゥインと思っていたではないという判断から続く試合では、今進められている画面の可視的な光景自体は、ゴールの宣言の前に当然違いがない。つながっている場面は、試合の連続であるだけだ。しかし、ゴールを決めたのと入れないでいないこと、オフサイドの宣言のあいまいさ、何度も試合の時間をゴール前に曲がり心情、わずか10分の残り時間、ここに加えて、もし、この試合でれれば、ベスト16進出に事実上の失敗という事実。もし、同じ時間帯に行われた試合でトーゴがフランスに勝って、この勝負の結果に関係なく、16強が既に決定している場合、この時の残り時間の間の試合を見る心理的なリズムとの違いをわざわざ指摘する必要があるだろうか?または、同じ結果にも関わらず、ブラジルと(ヒディンク率いる)、オーストラリアとの試合を見ているとき(よく知っていると、この市の2対0で終わった)、その光景を集めたの感覚 - リズムの違い。この時、私の質問は、これをただの国籍の違いだけで、すべての違いを説明することは可能だろうか、ということである。その場合、というと、私たちは、ワールドカップを見るのではなく、無残にも民族主義だけを見ている。あるいはサッカーを戦争を行う兵士たちの戦いを見るように見物することである。そしてサッカーとの戦いの違いは、感情的には同じことになるわけだ。しかし、私はそういう風に事態が単純であることを考えない。


記事:ジョンソンイル(映画評論家) | 2006.07.19
by kazem2 | 2010-06-14 19:42 | Comments(0)