ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

[ジン・ジュングォンのアイコン]信じる者は救われる?!

☆cine21
e0109292_1141055.jpg




容姿端麗 ルキジュムと美的資本

過去には女性のための求人情報に『容姿端麗』という表現が挟まってドゥルゴンした。もちろん、『オトメムセガカルクムハダ』という意味ではない。女性団体の活動のせいか、この容姿による差別の発表は、最近の例難しくなった。偶然に'ルキジュム'のどちらの自由至上主義者(libertarian)の論文を読んだ。人間の脳は、漏斗みたいでどのようなキーワードを入力しても結論はいつも同等に置く。読んでいてジルヘソすぐに結論を越えて行ったところ、案の定、外見による差別を禁止するためには、いくつかの政府の介入にも反対するという内容だ。世界の真の楽々住んでいる。

 外見と生産性、相関関係のか

94年に発表されたある論文によると、ハンサムな人は普通の人よりも収入の5%のプレミアムを享受する一方、醜い人は普通の人に比べて9%の不利益を見ていることがわかった。一般的に女性は外見による差別に苦しんでより多く受けると考えるか、の調査によると、醜い女性の場合、4%のブルイイクマン見ることが分かった。しかし、醜い女性は結婚を介して別の不利益を見る。彼らの夫は平均的な女性の配偶者よりも教育期間が1年ほどの短いことが分かった。もちろん、彼らの年俸もそれほど低い。

「'ルキジュム」は、最終的に外観に基づく差別を意味する。問題は、これが本当の『正義の』するものである。資本主義社会では女性も男性も能力に応じて差別待遇をすることは一般的に公平であると考慮される。しかし、仕事の能力と全く関係のない外見のために不利益を受けたら、それは私達が付いている'の定義の概念に反している。しかし、外見が生産性の向上をくれれば、事情は異なります。その場合は、遵守した容貌に報酬を与え、醜い顔に罰を与えることは、少なくともブルジョア経済学的に正当化される。

これを調べるため、上記の論文の著者は、4年後には米国の弁護士を対象に再調査をした。そこによると、ハンサムな弁護士は、公共の領域で働く場合には、平均よりも3200ドル、私的領域で働く場合には、平均よりも10200ドルをより多くの収益を上げることが分かった。最終的に体形が - 少なくとも、特定の領域では、 - 生産性を向上するための支援を与えるということだ。もちろん、この結果を、生産の別の領域に一般化することはほとんどありませんが、相当数の雇用者は従業員の外見は、生産性の向上と直結すると固く信じているという。

 ますますビデヘジはサンサンギェ

ルキジュムには、いくつかの背景がある。 1つは、資本主義的生産の累積するユミファ現象である。ボードリヤルが指摘したように、今日の消費者は商品ではなく、記号を消費する。すなわち、商品自体ではなく、商品や商品の'違い'を消費するという話だ。その『違い』を作り上げることがすぐにデザイン、イメージ、ブランドなどがある。さらに、現代の消費者は商品を一種のネロチブとみなす傾向がある。これらのすべては、商品の生産と消費の物理的な現象で、芸術的にフィクションに変えている。かつてはベニヤミンはこれを"鉱物のセックスアピール"と呼んだ。

さらに、コミュニケーションは言語的な領域で、視覚的な領域(いわゆるvisual communication)に席を移した。いわゆる『スペクタクルの社会』(デギボル)は、事件の事実性や物事の実用性よりも、それらの視覚的な効果がよりシルジェジョクである。テキストをしていた機能を画像の代わりにしながら、政治的、政治的あるいは倫理的な父親の役割は、今で美の女神に来て渡される。社会秩序を維持するのに道徳的な制限はなく、芸術的に奨励を使用して起動する。そのような社会では、'イェプミョンすべてが許され、モトセンギミョン何やっても罪されている'。

すべてを商品に変えて置く資本主義社会では、労働力さえ売買商品になる。そう、人間が物事に似て行くことをマルクスは、『ムルファ'(物化)と呼んだ。これは、今日も変わらない。後期産業社会、あるいは産業以降の社会からの商品はユミファ、フィクション化し、これは再び人間のユミファ、フィクションの話で続く。 "真理より重要なことは芸術"というポストモダンの弓の注意は、物事や人間の両方から起こるユミファ現象の理論的な反射である。そのすべての急進的な捜査にもかかわらず、ポストモダンは、資本主義との共謀関係にある。

今起こっていることは遙か古代に起こったいくつかのでき事の繰り返すだけだ。伝説によると、古代のチャンギプルウィネ(Phryne)は、神聖な場所で服を脱いだ罪で法廷に起訴されている。当時の冒涜は、死刑に処せられるほど重い罪だった。しかし、彼の弁護を引き受けたヒペリデスヌンまるで彫像の除幕式を同じように法廷で突然、彼女の裸を覆った布を剥離してしまう。明らかになった裸の美しさに圧倒された陪審員たちに向かってヒースのフェリーの死は、こう叫んだ。 "それはシンジョクイン美しさである。その前に、人間の道徳と法律は効力を失う。"

ここには、美的価値と倫理的価値を明確に区別されていなかったギリシャの文化の特徴がよく現れている(ギリシア人たちの理想は、善と美が明確に区別されていないまま、結合された'ナイフカーがティア』だった)。このグリスジョク特性が今日のハンサムな人は無意識のうちに倫理的に禅の手腕も優れているものと感じるルキジュムの偏見に繰り返されている。極端な場合は、殺人犯も『イケメン』の場合、インターネットでは、しばしば賞賛の対象になる。こうして、現代人の意識(あるいは無意識)の中でサンジンギェは縮小され、想像界が肥大化している。

理性主義者に何回も訪ねてきた由美の注意は、一種の退行的に考慮されるか分からない。ラカンによると、幼児は、鏡を使って実際の系では想像界に入場し、続いてサンジンギェに移行し、成長を完了する。どのような意味でのオブジェクトの生成は系統発生を繰り返すかもしれない。実際にヘレニズムの文明は、イメージによって作り上げられた想像界の文化だった。西欧社会は、それ以降の画像を禁じるテキストの文化、つまりヘブライジュムウル収容することにより、サンジンギェに展開する。しかし、産業から社会の中で私たちが目撃することはサンジンギェから想像界に逆行退行である。

 信仰は望む事の実状であって...

外見が本当に生産性の向上に繋がれば、若者たちが外見を固定するのにお金を使うことはそれなりに合理的な投資がされているわけだ。ピエールブルディらは、産業から社会の変化に合わせて古典『資本』の概念を象徴資本、文化資本、物理的な資本など多様化した。ルキジュムのための投資は、身体の首都のようなものや、野球選手の腕、ピアニストのソンチョロム身体の機能ではなく、純粋な外観に投資するという意味で、別に芸術的に資本と呼ぶことがある。これが現代資本主義を行使するルキジュムの生体工学である。

カントの言葉通り、三重の判断はミガムジョクの判断である。それは、理性が介入される前に瞬時に作用する。そういうわけでルキジュムの文化の中で一人の人間の判断は、彼がだれであるかを知るにも前に、視覚的、印象的に決定される。これは論理的に制御することができるわけではない。三重の判断は、論理的な判断ではなく、ミガムジョクの判断だからだ。プルウィネの前で力を失うの法律と道徳のような美しさの前でサンジンギェは不能になる。生まれつき運がなく、後天的にお金がない人々にこのように、憂鬱なことはないだろう。

その落ち込みの中にも1つの元がある場合は、一人が美しいかどうかは、他人の評価に劣らず、自己評価に影響を及ぼすというのだ。自分の容姿に主観的に自信を持つ人は、客観的にハンサムな人に劣らず、報酬を享受したとされる。だから内部に起こった人々よ、世界の人々が何とする場合でも、あなたはハンサムだったと固く信じしら。聖書の言葉どおり、"信仰は望む事の実像であり目に見えない物の証拠だ。"(ヘブル11:1)アーメン。

記事:ジン・ジュングォン(文化評論家)2010.06.11
by kazem2 | 2010-06-11 11:49