ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

キム・ヨンジンのインディラマ

☆cine21.com
大胆に失敗したオムニバス映画<ワンナイトスタンド>
e0109292_20313212.jpg






<ワンナイトスタンド>は、エピソード3便運航に囲まれたオムニバス映画だ。軽く驚いたのはジョイェサンイラヌン伝えられるところに比べてスイルハン完全性、表現の水位が限界を超えた部分があったからだ。タイトルコドゥギヌンと派手な映画ではないが、見苦しい点まで掘り下げが他のものをゴンジョネとする意志が見えた。

民用筋が演出した最初のエピソードで、ますます視力を失っていく青年は、同じビラに住んでいる女子大生の生活を盗んでドゥトヌンデ、聴診器を彼女の家の壁に向かって、彼女がシャワーの音などをフルウミョ彼女大急ぎで彼女をストーカーする。視覚の代わりに聴覚と嗅覚を生かして、片思いを続けていく彼の行脚は、さらに軟毛の女子大生が捨てたごみ袋からナプキンを取り出し、においを取るまでにする(それよりもプラスの行動をするためにどうしてもマルハジンできないよ)。青年のビラに住んでいる別の女性は事故で目もとに傷が生じた形で外出を控え室内でもサングラスをかけたまま、既存のすべての関係を壊し耶居に偶然に女子大生をストーカーしている青年の姿を見ることになる。この最初のエピソードは、誰かをストーカーしている半(半)盲目の青年の行為を見守り、最終的に彼と元ナイトスタンドにされているこのサングラスの女性の話だ。

見られない彼が彼女をストーカー行為することを、もう彼女のサングラスの女性がすぐそばで見守る状況は、観客ににとって感じの最大化と尾をかんでつながるストーカー行為のような光景を体験するようにする。監督の立場としては、ただそのような慣習的なヴィラの空間で、カットを分けてバンガンジェジョクウロ近接距離にあるようになった男性と女性が肉体的、心理的な親密さを同時に持つという設定を視聴者に説得することは魅力的だっただろう。

少しでも音を立てるには、そばに誰がいるか知ることになる状況で、主人公の青年は、ヴィラの階段で彼氏を呼び込む女子大生の行為を聴覚的に取る。ラーメンをモクジャミョボーイフレンドを家々の女子大生がセックスしている音を壁に当てて聴診器で聞くことをサングラスの女性は、そばで見守る。青年は、すべての神経を女子大生の同情ソトヌラのすぐ隣にサングラスの女性がいることを知らない。ヨチャて下車の理由で青年がサングラスの女性の存在をアルアチャリゲになるとき、彼の今回は自分の家々のサングラスの女性が彼に尋ねる。 "お前、ビョンテニ?教えてください。変態か?"青年は素直に"はい"と、彼女の問いに肯定してしまう。ガタブタジュンオン付言することなく自分で変態と認めているが切実な諦めがサングラスの女性の不在を刺激された形で、二人は、その点では元ナイトスタンドする。

心理的な閉鎖性が物理的交接に強打トゥイジていない
素敵な話だ。違いと不在を認めること、グロソ欲求が開かれることをこのエピソードは、最終的に爆発する青年とサングラスの女のセックスにファリョンジョムジョンする。それまでギリギリでやっと支えていた緊張感が、このセックスシーンでは、何というか、慣習的なアングルで還元される。かなり大胆にプルオガン設定イオトヌンデドここで爆発することはできない。これは、創作者の意志や能力のほかの審議システムの限界にも作用しているせいだとみるのですが、それまで締めていたこれらの心理的な閉鎖性が物理的交接的に広々とトゥイゲされるレベルは表示されません。厳然と示してはならないラインが存在していることを知りながらこのような境地を表現するための戦略は何なのかを考えている、このエピソードの最後にどうかして結末はなされ青年は、自分が今のブラインドがされたという事実を受け入れるように見える。彼が棒を使って外出することを窓際で見ながら、サングラスの女も、しばらく自分の不在に向き合うことにされたかもしれない。

しかしこれだけでは足りない。観念的な解消にムマハルことであるというのは勘違いである。肉体の欠損を自覚して、物理的交接的にどのような出口を見つける主人公を示すためには、正面性の原則というか、現状のままで、日常的なアングルで描いてそこに隠れ爆発を引き出すあらゆるアングルを見つけたしなければならないのではないか、という疑問が持ち上げる。これは、夫婦間の断絶を描いた、2番目のエピソードでも、とぎれとぎれに確認される部分ですが、レズビアンだと思われる夫人の行為を夢の中で目にする夫の混乱を描いたこの作品では欲求の不足は、コミュニケーションの断絶に起因するという側面を見る。これは、要約すると、あまり新しいことはない発想であり、エピソード全体の夢の夢のように描きましたといって、デリケートな構成でバックアップすることができるわけではない。夢の中で勝ったが、夫が知り合いになる妻の姿は、欲望に積極的であり、さらにはレジュジョクアイデンティティも持っている。自分とのトンボを拒否している妻が、他の場合を持っていたことを知るようになった夫はもちろん、夢の中で大きな混乱と怒りを感じる。かなりの上流階級のライフスタイルを楽しむ法曹に示されている夫が困難な状況に直面したときユクヅムンジャほかビョルダルリ自分の心境をピョハジなことを見て美しいのにそれも夢だったのが明らかになるには終り部からそのような疑問は、それなりに解消されますが、夫婦間でも、トルオノトジできずに流れていない関係の不可能性はバスルームで一人で鏡を見ている妻の画像を使って夢の中の家が現実でもそのまま通じるという強い示唆を与える。

この2番目のエピソードも、それだけでは不足だという印象を与える。ヨンイングァンギェナ夫婦の関係で、最終的にコミュニケーションが難しいという記述も額面どおりには、新しいものはない。問題は、やはり最初のエピソードと同様に、物理的な性の展示会に止まるの記述ではなく、相手の体と心をすべて受信するために深く入り込むような切実さを、この作品での同様の官能的な描写が余裕があるのかのヨブイルである。かなり洗練さを狙った構成とディテールを目指したが、2番目のエピソードにも何かフィクフィクすれ違うように物理的な状況だけを表示だけしているという印象を与える。夫の不在、要するに夢の中の状態に勝ったが、妻の友人が妻との最初の経験を割ったときの印象を教えてやると人のよりスムーズなものに深く入り込む恍惚を話す場面で、画面には言語を追いついていない。夫の不在と妻の歓喜に対比されるこの場面は、夫の不在は、すぐに妻の不在でもあることを示す。それらが通信していないことはもちろん、観念の次元だが、肉体性のパラメータを前提とするという素材で、この作品も、何か観客を圧倒するだけのイメージをゴンジョネ負けたことができなかった。

すっきり1つの全体の整合性と演出の強弱を逃した3番目の
最後に、最も軽やかで楽しく演出3番目のエピソードは、外国人の同性愛者の評論家の常連に置いているテミルイ、いわゆる浴室管理士の青年のハプニングをカバーしていますが、終始一貫して、ナレーターの解説が敷かれるムソンヨウンファジョク呼吸で演出されている。外国人の評論家は、韓国式の浴室で、時を押され、喜びを感じる序盤の場面で(韓国で活動するアメリカ人の評論家ダルシパケトウイ豊満なお尻が見える)人の肉体を探索していたカメラは、浴室の管理士の青年が、外国人評論家の招待を受け、富川映画祭に行き、彼がゲイであることを知らせされ、青年が苦しむゲイポビア現象をコミカルをもって描き出す。

最も野心が少なく見えますが、このエピソードは、それだけの最も普及したの楽しみがあり、わざと真剣に流れた映画全体のトーンを準さっぱりと仕上げている。オムニバス映画には致命的と言えるトンの不整合が乱れるだけでなく、最後のエピソードは、演出の呼吸の強弱配分に問題が多い。スケッチするように流れたの画面が主人公のゲイポビアを大事にする点では二人の感情的なつながりをクウェオ出すのにあまり効果的ではないというのが示している。

それにもかかわらず、最後のエピソードが成功したように見えるのは皮肉だが、監督の野心が顕著ためだ。深さはありませんが、拒否することができない、違いについての肯定的なのオンソルを一定のレベルで主張しており、グマンクムマン観客と疎通ができるのである。それに比べて、前作のエピソード2本は、意欲的にはびとしたが、敢えてしていない。悪戦苦闘の端にまともな完成度を備えた映画についてヤバクハン評価かもしれませんが規模に関係なく、よくできた映画は、最終的に観客を圧倒するのかどうかにかかっていると考える。限定的ないくつかのイメージをゴンジョネルことがあるのかは問題では、すべてのおはなしの映画の深さを測る重要な宿題だ。 <ワンナイトスタンド>は、高地に近接したが、ペーシングをたてた。

著:キムヨンジン 2010.06.10
「ワンナイトスタンド」とは一夜限りの情事の意味だと聞いたことがあります
by kazem2 | 2010-06-10 20:15 | Comments(0)