ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

フェデリコフェリーニの回顧展<道>から<カサノバ>まで

☆cine21.com
e0109292_12185915.jpg


             La Strada(道)ジェルソミーナ



フェデリコフェリーニの回顧展、6月10日、ソウルアートシネマで

フェデリコフェリーニのほぼすべてを感じることができる機会が用意される。 6月10日から7月4日までソウルアートシネマで開かれる'フェデリコフェリーニの回顧展』は、フェリーニのチョギジャクから遺作までの計22本の作品を一堂に紹介する。フェリーニのほぼ前作が紹介される上、上映期間のみ、なんと1ヶ月に達している。自伝的な要素を映画に反映しているフェリーニの作品の傾向として見ると、今回の映画祭では、彼の作品と同様、フェリーニの人生までジョマンヘボルことができる数少ない機会だ。

既存のことを拒否している芸術家の創造性は、フェリーニの作品を絶え間なく穴を開けるのキャッチフレーズだった。特に、ネオリアリズムの巨匠ロベルトロセルリニと<無防備都市>(1945)、<電話の向こう側>(1946)などで助監督兼共同脚本家として参加ヘトウミョンソド、彼は既存のネオリアリズムの伝統を拒否し、自伝的な物語をベースに1つの人生と芸術に対する省察をプルオナガンダ。特にデビュー作である<白い酋長>(1952)は、彼の作品世界を如実に示す事件だった。ネオリアリズムに傾いていた当時のイタリアの文化の鳥を徹底的に拒否することによって、彼は主流の芸術家、ジシクインチュンから後ろ指を指さとの非難を受けなければならなかった。しかし、『人生について、固定された思考があるのを好まない'と言った彼のひとつひとつの作品は、新しい映像の実験の場だった。正規の学校を卒業していない子供のころからイタリアの小さな町をトドルミョ流浪劇団で広大で生活したユニークな生活様式は、最終的に枠内に拘束されていないフェリーニ的な作品世界を構築することにした動力だった。映画という名前のプロパティの持続的な悩みや内面の反射、人間の救いの間で常に境界を実験していた監督。 '個人的'であることに硬されたわけで晩年には非難を受けたりしたが、最終的に自分だけの独創的なスタイルを作成、構築ヘナガトダ。

今回の映画祭には、ネオリアリズムに反旗を聞いていた前半の作品を経て、ポストモダン的な実験を行った後半の作品までの彼の作品が網羅されている。代表作はすでに国内に断続的に紹介された作品である。統合失調症的な監督の内面をそのまま反映した<81/ 2>(1963)、1950年代当時のイタリアの基調だったネオリアリズムを拒否し、人間の内面にチョンチャクハン彼の代表作<道>(1954)をはじめ、1960年のカンヌパムドュロール賞を受賞し、フェリーニの作品のオンパレードであり、最高作として評価を受ける<甘い人生>(1960)など、代表作という言葉が色あせるほど、広く知られている彼の作品が紹介されている。また、デビュー作<様々な光>(1950)、<白人の酋長>をはじめ、初期の代表作にフェリーニへの世界的な名声を利き<ビテルロニ>(1953)が上映される。後期の傑作として評価を受ける<サティリコン>(1969)と<カサノバ>(1976)にも紹介されている。古代ローマの18世紀のヨーロッパの放蕩さと精神異常を示す2つの作品は『ペルリニスクハム』という表現が何であるかを端的にジュンミョンヘジュは作品である。フェリーニの作品の中で最も普及しているという評価を聞く<たぶんコード>(1974)と<女の都市>(1980)、<ジンジャーとフレッド>(1985)、フェリーニの自伝的なリコールを描いたインタビュー形式の作品<インタビュー>( 1987)、ロベルトベニニと共に、フェリーニの遺作<月の声>(1990)も上映される。特に、デビュー作<様々な光>や<インタビュー> <月の声>などは、今回の回顧展を通じ、国内で初めて上映されるのでお見逃しマルギルください。回顧展の期間中に作品上映だけでなく、フェリーニの作品世界を理解するのに役立つ映画史講座も用意される。詳しい上映スケジュールと作品については、ソウルアートシネマサイト(www.cinematheque.seoul.kr)で確認することができる。

記事: イファジョン 2010.06.09
by kazem2 | 2010-06-09 12:19