ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

『人形がされなければならない』という言葉

☆cine21.com
e0109292_18362039.jpg

                  50年前の「下女」のヒロイン(中央)



オリジナルのメイド役次ぐ性がブラジルから送られてきた手紙

"女中を連れて来たよ。ばかような気がしかし、寮での仕事は十分でした。
"ギム・ギョウン監督の1960年作の<女中>の'メイド'について説明しては、文は、オムエンランがベッドにまたぐ座っておりジョンアルゴリヌンその文だけだ。以来、私たちは、女中の奇妙な行動と、眼球を振って唇をペン先に差し出すの困惑の表情や、小川やジェスチャーのリズム感を介してのみ彼女を仮定していかなければならない。そしてその女中と同じように女中を演じた俳優イ・ウンシムもの巨大な謎だった。彼女は、<女中>を撮った後、間もなく結婚と一緒に移民を行った。韓国映画史上、最も『あいまいな官能の対象』であり、破格の連続だった俳優、次ぐ性を再び会うのは不可能である。それほど全く予想できなかった。夢のような出会いだった。 <女中>のジェゲボンを迎え、現在ブラジルに居住している次ぐ溢れていて、書面での会話を交わすことができる。ちなみに、おそらくそのような驚きは私達だけに適用されることはなかったようだ。俳優続く審議の娘が送ってきたメールには、このようなフレーズがあった。 "お母さんがこういう人だったのね、こんなことを平気なんだ、このような面を持ちくださったんだなと思いました。複数の面のお母さんを知りました。最初は、インタビューに関してオルトル震えているし、ギョムヨンチョクオソでなさるとおっしゃいました...良い記憶を一時的にいえ換起できるようにしてくださった映画会社の皆さんに感謝します。"

- 先生の本名は『ソ・オクソン'としています。イ・ウンシム(李恩心)という芸名を建てる際にどのような心を込めて建てるショトヌンジヨ?

=デビュー作<早春>の主人公の名前がウンシムイオトスプニダ。ユ・ヅヨン監督の意見に同意して、続く審とは芸名を名付けた。

-1950年代半ばにはどのような10代の頃に届いていることを教えてください。解放と韓国戦争以降、韓国はとても貧しくもしたが、日本とアメリカの映画が大量に注がれドゥルオオミョ新しい文物が若者をたくさんさせたの時期であったようです。

=日本からの帰国後の学校生活をしたから10代の少女時代は特に...。普通の女の子でした。

- データを見ると、先生がまだ女子学生だったころ、デパートや喫茶店で出会った監督が一目で俳優としてキャスティングしたいれたね。どのような特別な魅力があったのか、その当時の先生の姿がとても気になります。

=私が思うにはいくつかの細い、可憐な印象だったようです。柔らかい女の子...?

- もともと俳優になろうと考えを持ちですか?

=俳優になろうと考えることはありませんでした。偶然にギム・ギョウン監督がそのような言葉を伝え機、好奇心を持つようになりました。

- 以前に漠然とジムジャクマンしていた演技と、実際の煙の中で多くの違いを感じましたか?

=ただ初めてだと困惑しています。

- ギム・ギョウン監督との最初の出会いが気になります。それ以来、<青春日記> <悲しいの牧歌>に参加して俳優の立場から見たギム・ギョウン監督はどうなりましたか?

=偶然に友人と喫茶店に行ったが、安城の種お父様が当時の金監督の制作担当をしていましたのに、自分で金監督と挨拶するようになりました。私が見ても非常に他の監督イショトオヨ。他の監督たちとは異なり、いつでも手動で演技をしながら指導しました。

- 最初の<女中>キャスティングの提案をするときに、監督はどのように映画を説明しましたか?

=映画について説明してくれない喋る、シナリオをよく読むようにお願いしました。

- 『メイド』というキャラクターについてギム・ギョウン監督が、最も重要な要求していたのは何ですか?

=監督はこの映画では女中は、『人形をされなければならない』としながら自分で演技されて示されました。

- ギム・ギョウン監督は、俳優たちの演技のレッスンにもとても力をドゥルヨトダゴ聞いたのですが。

=撮影現場で幾度も練習をシキショトできます。になるまで。

- 『メイド』は、今見ても衝撃的で破格的なキャラクターです。イ・ウンシム先生方は女中のキャラクターをどのように理解したのです。

=どのように理解するというよりはどのような演技をすることができるかを念頭に置いておきました。

- 撮影しながら、最も記憶に残る場面は何でしたか?

=最後の場面です。

- 金珍圭先生、ジュ・ジュンニョ先生などの大先輩たちとギサウムウル繰り広げる演技をしなければならないというのが容易ではなかったようですが。

=新人だったので、先輩たちが、多くの支援をいただきました。理解もしてシゴヨ。だから思ったよりも簡単に演技をすることができました。

- <メイド>公開当時の人々の爆発的な反応は有名です。イ・ウンシム先生とメイドのキャラクターを混同して行われた騒動の中で、新鮮な二十を過ぎた新人俳優としては多くの困難れたと思う。

=騒動というよりは...その一方で無料のもたくさん聞きました。

- <メイド>後には、どうでしたか?メイドのキャラクターがあまりにも強いことよりもむしろ、他の映画出演が難しいほどだったという話を聞いたことがありますが。

= <女中>をきっかけに出演依頼がありました。しかし、結婚を選びました。

- 結婚後の移民を行かれたんです。近くの国におられた場合は、再度戻ってきて演技活動を再開することもあったと考え、そのような切ない思いも聞きました。

=遠い国に去って新しい生活をスタートしてみたいと思っていました。演技に対する喉の渇きはありませんでした。

- ギム・ギョウン監督が亡くなったという消息を聞いてどのような考えを試してみませんか...万感が交差されたのようですが。

=ギム・ギョウン監督が亡くなられたニュースは、今日聞きました。あまりにも残念です。これまで韓国のニュースをあまり聞かないできなくて...。今回の新しい<女中>も、甥がインターネットをよりも子供のころ見た迫り来る映画の記憶を思い出しながら、韓国との連絡になりました。

-90年代の半ば以降ギム・ギョウン監督の映画が再評価され、特に、<女中>シリーズの人気が熱いということを皆さんご存知ですか?

=知らずでした。

- 今年の<女中>がリメークされるというニュースは、いつに触れですか?韓国でも高い評価を受け、フランスのカンヌ国際映画祭まで進出し、大きな話題を集めました。さらに、チョン・ドヨンという私たちの時代の顕著な俳優が女中役を務めました。感想はいかが気になります。

=リメイクのニュースは、20日にわかりました。 <女中>、国際映画祭に進出して、良い評価を受けたなんて、とても嬉しいです。チョン・ドヨンとは、俳優の映画は、直接見たことがありませんが、機会となるようにぜひしてみましょう。偉大な俳優が女中の役を引き受けて嬉しいです。

- 近況が知りたいです。

=韓国のTVは、目にする機会があまりなくて、ブラジルのTVを楽しむ。この機会に、韓国側の放送ももっと多くの関心を持ってボリョゴヨ。孫、孫娘たちが韓国映画化やショー、コメディのファンです。休み度に韓国を訪問して。芸能人も会います。韓国が大好きです。韓国語も熱心に学び、みんな良いです。


`ギム・ギョウン幽霊』より 1 / 2
『人形がされなければならない』という言葉をしたでしょう 2 / 2

2010.06.08
by kazem2 | 2010-06-08 18:49