ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ギム・ギョウン(1960年「下女」監督)幽霊より

☆cin21.com
e0109292_18331650.jpg




1960年作の<女中>は、パク・チャヌク、ポン・ジュノ、イム・サンスにどのような影響を与えたか

1つの幽霊が、韓国映画の上をさまよっている。ギム・ギョウンという幽霊が。
これは、韓国映画界ではまれに会う映画遺産の自意識過剰であり、特定の時代の精神の発現である。 50年ぶりのジェゲボンを控えているギム・ギョウン監督の1960年作の<女中>(CGV大学路·川岸·書かれた、の、ロッテシネマゴンデイプグジョム)を前にして、私たちは、これからの議論を始めなければならない。今までのオウムのように、定期的なしてきたギム・ギョウン映画の特徴は、ことごとく忘れてもいい。この素晴らしい『メイドの世界』をもう一度マジュハミョ、これがどのように重ね、現在の状況を帯びて、パク・チャヌク、ポン・ジュノ、イム・サンス監督の映画を訪問し、その中で、自分の痕跡を残しているかを敏感に読んでみて、新しい血統を作っていくこともある。想像と味の血統は意外にも強固な力を発揮する。

三角形のライバル構図の中にノ・トョトドン ギム・ギョウン、ユ・ヒョンモク、申相玉監督は、お互いの評価にけちな方だった。残された彼らのインタビューで、それぞれの方法で表現される言及を使って推測することができる。代わりに彼らが共通してサンチャンな対象と後輩イ・マンフイ監督だった点も特異である。競争相手にけちし、後輩に寛容であるかどうかの問題に加えてイ・マンフイ監督が早く死亡した理由が作用したのだ。結局、ギム・ギョウン監督が同時代の巨匠たちに攻撃された内容の中には排他的な作業方法と後進育成の失敗が整っている。誰もが貧しかった開拓期の韓国映画と呼ばれるシステムの維持を優先課題としてサムアトドンそれらが共有したり、拒否していた責任感が何だったのか知ることができるところだ。だから、産業的な飢餓に満ちている未来に訪れる美的飢餓について心配する余裕は誰にも許されていないと思います。

最終的には時間の問題だ。巨匠のレビューはヒョン・ジェジョク文脈の中で屈折されている。 50周年を迎えた<女中>のジェゲボン。シネマテークでは、多重化に移動することになったこの映画は、マーティン・スコセッシの後援の下に、デジタル復元作業を踏んだ。そのおかげでカンヨウンファジェエソ上映されており、その中でイム・サンスのリメーク作が作られた。シネピルなら映像資料院が主導するギム・ギョウンパッケージのDVDがどのように多くの後輩の声援の中で、華麗な出征式をガジョトヌンかも知っている。忘却や紛失の歴史を持つ韓国映画史ではほとんど覚えられている事件の連続である。いつもの新聞の社会面で映画の素材は発見文芸物であっても、当代の事件を接木させたギム・ギョウン映画は、在留通過ジェソビ過程においても、大小の問題を生んでいる。まさにギムギヨウン特殊と呼べるような状況。ところが、これは彼の死後に吹いたの熱狂に続く2番目のブムイルカ?今まで韓国映画が初めて受け入れるようになった映画の幽霊の信号弾ではないだろうか?

『映画の幽霊』という言葉を忘れないでい比ゆ的なものではない。オマハの注意敬虔なターゲット、パロディーの楽しい相手になる、それは多くの場合、固定観念自体ジャリジャプギもする。要するに日本の監督黒沢清は、畳の部屋を撮影テミョンゴプブト吸うことを告白したことがある。その部屋の像が置かれ、家族に囲ま座れば小津安二郎の構図を避けることができないのである。人物の後ろ姿が好きだけど、どのように撮っても、オズのにおいがしてあきらめていた北野武は、複数の人物を撮るときにも横に立てていない縦線に建てたと言われたことがある。ジャンルとの遊戯を楽しむ二人の監督は、オズの磁場圏に置かれている映画(是枝裕和など)を作成していなくてもだ。その似たような苦情をより多くの日本の監督たちに聞くたびに、十分に理解すると言って大笑いしたが、中には、羨望がより大きかった。集団的無意識状態になるほど強力な映画の幽霊の存在。それを認めていよう否定いよう関係なく、彼らは自分たちだけの映画のアイデンティティを心配しており、日本映画の過去と現在が幸せに通信しているという意味だったのである。

<バット> <マザー>のギム・ギョウンの体臭を
もちろん、韓国映画とは距離が遠い話だ。各個人の戦いを好む韓国の映画監督たちの体質性の一致がない。しかし、最近ミョトピョンの話題作はギム・ギョウン幽霊を見たと言って衝動を誘発する。 1つの映画の中で、他の映画の影響を見るという事イェミンハムまたはサソハム。テクストゥジョク完結性陥没されている周縁要素。たったそれだけですが、パク・チャヌクの<コウモリ>とボン・ジュンホウイ<マザー>は、今日の韓国映画でギム・ギョウンの匂いを感じさせる、いい場所だ。ここではリメイクの運命を負って自ら飛び込んだイム・サンスの<女中>まで。ギム・ギョウンの<チュンニョ>を見た後、<コウモリ>と<マザー>には、オーラを読み取ったジョン・ハンソク(<シネ21>第717号)は、『想像の系譜』という素敵な表現を書いている。この記事の冒頭で明らかにしたギム・ギョウンの弱さが全然別の方法で解消される瞬間である。世代と価値観の断絶に慣れている韓国映画史の味に造られた架空の血統は意外にも強大な力を発揮する。太いトピックをセンサンヘネは重要な監督たちの精神的な支持は衰え知らないギムギヨウン特別の最も重要なトデイルである。談話の方法、批判の変更は、その土台の上にだけ動作する(最近では、メディアの韓国映画ベストの集計では初めて<女中>の<オバルタン>をヌルロトダゴする。<女中> DVDコメンタリーに参加したポン・ジュノ監督の喝采を介して知った)。

ギム・ギョウン幽霊は、同じ方法でのみ訪れることはない。最初に浮かぶもの。文章のセリフ、時ならぬユーモア、オトバクジャリズム、不条理なジレンマ。今日ではあまりにもありふれなって所属を見つける道がない。その場合は、その有名な階段のシーン、窓の内側と外側のトラッキングショート。具体的に勝ったが、50年間の技術的進歩を考慮する必要があります。カギは、そのような変数の中でもユニークさを失わない、元のオーラを探している。そのような点な席が記載されて<コウモリ>のマージャンする群像の場面、<マザー>のドジュンイ少女の遺体を集めて行く階段のシーン、お母さんを見守る窓ガラスの内側と外側の場面は、本当にふとまた帰って来たシーンのように見える。

もちろん、パク・チャヌクは、デビュー前からギム・ギョウンのゴルスペンとして有名だが、その事実だけでギム・ギョウンとの関連性を想定することはできない。また、影響関係があるとしても、すでに内面化されて意識か無意識かどうかの境界を共有するのは難しい。再現の権威を嘲笑し、異質的なものの対立を楽しむパク・チャヌクのコルトゥジョク感性をギム・ギョウンだけのものを表示するにも大変だ。しかし、<コウモリ>のマージャンする群像の場面だけでなく、<親切なクムジャさん>で、誘拐された子供の親が会って補償金から計算する場面、よりさかのぼるが短編映画の<審判>の死体を巡って、家族が目に見える反応場面はギム・ギョウンへの確実なオマハ主に見られる。悲劇的な状況の中、とんでもなく戯画化された人物、風変わりで分裂的なセリフを配置する方法は、韓国映画の厳粛な叙事詩の伝統の中では見られないギムギョウンだけの専売特許だった。

イム・サンスの<女中>オープニングvs <チュンニョ>オープニング
自ら'オトバクジャ'リズムだと、自分のスタイルを定義しているポン・ジュノも直接的な影響関係を図式化することは大変だ。また<マザー>で検出されたギム・ギョウンの影響は、主にショート内の圧力のためのカメラの動きと関連していてもっとカバーの下での分析を要求する。しかし、興味深いのは、<女中> DVDコメンタリープロセス中に、自分のインスピレーションの源のほぼすべてを告白しているという点だ。 <女中>で頻繁に登場している米を運ぶ場面を説明しながら、<怪物>の重要なモチーフだった『誰かを与えるということ』を喚起させるといった具合だ。 <マザー>で、私たちが見た階段や窓の場面での重複、それが<女中>のあらゆる場面に代入されるか、あの時のカメラ移動がどのような感じかボン・ジュンホウイ決定的な答えが含まれている。ボン・ジュンホエゲギムギヨウン幽霊は『特別な言及'のターゲットのように見える。

幽霊との全面戦争を避けることができなかったイム・サンスは、ほぼ退魔社の態度と<メイド>を作成しているようだ。ギム・ギョウンのペルソナ ユン・ヨジョンウル前面に出したまま、血統の編入を拒否している彼は、オリジナルの長所である権力の移動のプロットは、廃棄処分して、ひたすら貸借対照表の作成に焦点を合わせる。このような式である。ギム・ギョウンのオリジナルは、女中はありますが、メイド服はない。代わりの女中と対立する本処の韓服はある。一方、イムサンスのリメイク版には『体にぴったりつく『メイド服はありますが、女中はない。代わりに女中は昔の女中と若い女中に分割され、本処は、妻と妻の母で増殖されている。オリジナルの人は生活のためにピアノをチジマンリメイクでは、余裕を誇示するために、グランドピアノを弾く。階段の役割は、より高いところのシャンデリアがトマトヌンダ。ところが、本当に奇妙である。すべて変えて私の後ろにバンジョムが捺印されたイム・サンスの<女中>の開始は、むしろギム・ギョウンの<チュンニョ>オープニングと重なる。キャバリア都心を横切るヒロインの深淵に感じていると複線の機能はほぼ同じです。いくら自由も、幽霊は、足首をキャッチ。


`ギムギヨウン幽霊』より 1 / 2
『人形がされなければならない』という言葉をしたでしょう 2 / 2

記事:イヨンホ(映画評論家)2010.06.08
by kazem2 | 2010-06-08 13:58