ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

パク・ヒスン 映画「素足の夢」 その激しい撮影の記録


☆「素足の夢」予告編動画
☆cafe.naver.com「素足の夢」メーキング動画
☆cine21.com
☆cafe.naver.com
「悪魔は見た」カフェから「素足の夢」カフェにリンクしてありました^^
e0109292_18372923.jpg




2005年6月:
世の中最も貧しい国の最高スターが韓国人?!
無名のサッカー選手. だが、東ティモールという小さい国では‘生きている希望’と呼ばれるキム・シヌァン監督. 2005年ある試写ドキュメンタリーを通じて戦争の傷痕がいっぱいである土地'東ティモール'で子供たちにサッカーを教える彼を発見する。

2006年6月:
皆が分かればという彼らの話、映画化決定何も夢見ることができなかった子供たちと夢が折れてしまった一人の男の特別なウ・ジョンウン、キム・テギュン監督の胸に残ったし結局1年後自ら東ティモール幼少年サッカーチームのための後援会を結成して映画化に突入する。

2006年12月:
世の中が分からなかった東ティモールの韓国人‘ヒディンク’に直接会ってその年冬東ティモールに発ったキム・テギュン監督はキム・シヌァン監督と同じように生活して人生、サッカー、夢、子供たちに対して話を聞く。

2008年5月:
シナリオ12で完成キム・テギュン監督が直接使った話は時間が経つほど面白味と感動の振幅が大きくなっていきつつある。

2009年8月:
主演俳優‘パク・ヒスン’キャスティング決定!
東ティモールの韓国人‘ヒディンク’キム・シヌァン監督役に忠武路(チュンムロ)演技派俳優‘パク・ヒスン’キャスティング決定. インドネシア語をはじめ、サッカー練習突入!

2009年9月11日:
地面にヘディング! 先発隊‘東ティモール’入国子供たちオーディション、ロケハンなど事前準備のために先発隊が撮影2ヶ月前東ティモールに入国. 大長征のための始めて着手を踏み出す瞬間だ。

2009年10月31日:
‘映画撮影が何なの?’現地製作発表会映画撮影に対する経験が一度もない東ティモールの人々を理解させるためにクランクイン前日東ティモール現地で製作発表会進行. 前職大統領であり現総理のクスマオは直接総理公館でキム・シヌァン監督とキム・テギュン監督を招請、促した。

2009年11月1日:
クランクイン長い間の植民地期間、内戦を経て傷が深くなった東ティモール. キム・シヌァン監督の感動ストーリーを発見して4年後いよいよ東ティモールで初めての撮影開始.

2009年11月19日:
肉を溶かすような蒸し暑さの中初雪小食した人が一日の間飲む水だけ1.8L4缶. 昼間には暑さ、夜には蚊と死闘. 11月、ソウルには初雪が降ったという消息を聞いたスタッフら. ソウルが懐かしい。

2009年11月21日:
40度を越える暑さに、本格的雨季まで開始‘雨がたくさん降る時は現地人らが作っておいたス21ト屋根に避けるのはひかえること! 崩れ落ちる事故が多いというということ’. 本格的雨季、突然の雨に装備がぬれないように対処できる融通性が必要な時だ。

2009年11月22日:
贋物サッカーシューズ販売専門(?) 東ティモール1号店コリアショップ オープン!
原鉱のコリアショップがいよいよオープン. 本来は空の廃虚のような空間であったのにキャラクターがあらわれるように新しく整えた。 今今すぐにでも商売を始めてもかまわないようだ。

2009年11月25日:
ゲリラ コンサートを彷彿させた現地エキストラ600人余り動員原鉱チームとヨセフチームの‘豚賭けサッカー試合’. エキストラだけ600人余り. 統制不能!! だが、祭りのようだ。 毎日毎日がゲリラ コンサートだ。

2009年11月28日:
10年ぶりに開く花火行事をより1975年11月28日. 東ティモールがポルトガルから独立を宣言した。 '撮影終わり!'を叫ぶ瞬間花火が始まった。 タイミングもあきれる。 10年ぶりに開く行事だなんて、でも映画も大当たり兆し?

2009年12月15日:
映画なのか実際なのか! パク・ヒスンの受難時代!
密林に入った原鉱の撮影. 泥に車が陥って雨まで降る状況が演出される中で、演技派パク・ヒスン…このように笑わせる方法なの! 電源起立拍手! 他の人々昼寝する時間に、運動場を走ったためにパク・ヒスンの髪の毛は黄色く乗ってしまった。 現在も回復中.

2009年12月20日:
ティモール現地最後の撮影、クスマオ総理出演!
やはり海外ロケ強大チームだ。 皆が不可能だといった撮影を結局やり遂げてしまった。 最後の日、前職大統領であり現政府首脳のクスマオ総理が映画に出演した。 現総理が映画に出演したのは世界最初ではないだろうか!

2009年12月22日:
子供たちと涙の離別…そしていよいよソウルだ!
その間なじんだ子供たちと別れなければならない。 内戦をたどりながら‘死’と‘悲しみ’に慣れた子供たちなのに、スタッフらと別れる時涙を見せた。 東ティモール撮影を終えて22日いよいよ韓国到着.

2010年1月23日:
広島競技撮影開始! 零下圏の天気に‘素足のクーデター’危機?!
東ティモール以後子供たちとスタッフらが広島でまた会った。 大人たちも適応するのが難しい気温差、熱帯性気候を抜け出して見たことない東ティモール子供たちはクーデター(?)を起こす直前! だが、東ティモール1号俳優ららしく責任感を持って撮影に臨む。

2010年1月26日:
3ヶ月、3ヶ国にかけた撮影、待望のクランクアップ東ティモール、韓国、日本、広島まで3ヶ国、3ヶ月にかけた大長征の仕上げ. 映画のハイライト場面の広島競技撮影のために動員されたエキストラだけ3日間1500人. 前撮影期間、総動員されたエキストラ5,500人! そのように素足のチームらはここまできた!

2010年6月、なぜ<素足の夢>なのか!

世の中の終わりでけり上げた勝利の叫び声5

子供たちと全国民そして前大統領まで出演を自ら要望した東ティモールのコリア ヒディンク、キム・シヌァン監督感動実話!

夢も希望もなかった絶望の国東ティモール. そちらで希望を象徴する国民的英雄に浮び上がった韓国人がいる。 2002年事業のため東ティモールを探したキム・シヌァン監督は偶然に空地で裸足でボールを蹴った子供たちに会った後無報酬にサッカーを教えることになる。 裸足でサッカーをした子供たちとキム・シヌァン監督は幼少年サッカーチームを結成して1年度ならなくて日本、広島で開かれた第30回リベリノコプ国際幼少年サッカー大会で6戦全勝優勝という奇跡を作り出した。 子供たちに会って自身やはり新しい人生を始めることになったという彼は現在も東ティモール幼少年サッカーチームの監督を受け持っていてワールドカップの時ごとに韓国を応援する子供たちと共に東ティモールに希望を伝えている。 世の中は分からなかったが廃虚の土地で希望をけってあげたキム・シヌァン監督と素足の少年らが成し遂げた特別な友情と奇跡は2010年大韓民国国民に胸ジーンとした感動をプレゼントするだろう。

それでは、なぜ製作スタッフはあえて苦難の土地に行ったのだろうか?
生命をつくして真正性という(のは)名前で入れた感動の記録!

2002年5月20日、21世紀初めての独立国になった東ティモールは何も残っていなかった不毛の土地だ。 食糧不足、内戦、まだ不安な生活が続いている劣悪な環境の東ティモール. 事前調査から難関だった。 絶えるということない暑さとの死闘、映画の主軸になる子供たちキャスティングからロケハン、話も通じない国で彼らの文化とあたって時には生命の威嚇を甘受して東ティモール撮影を押し切った<素足の夢>製作スタッフら. インドネシア、タイどこは関係なかっただろう。 しかし彼らはなぜあえて危険を甘受しながらも東ティモールまで飛んで行ったのだろうか? 実話の感動、飾らない彼らの表情と声、光幹一つまで... その胸詰まって感じでよく聞こえない真正性を観客らに伝達しようと思った製作スタッフの心がそっくり入れられた<素足の夢>. その激しい撮影の記録が2010年6月いよいよ公開される。

素足、贋物サッカーシューズ&全勝優勝の奇跡を作った一日1ドルの分割払い契約ユーモアと葛藤、緊張と感動を行き来する勝負の傑作ドラマ!

世の中最も低いところで発見された一番小さい話であった。 この映画の主人公らは一足履き物が夢の素足の子供たち. そしてその子供たちに贋物ナイキ サッカーシューズを売ろうとする一時うまく行ったサッカースターだ。 子供たちにお金があるわけがないからスポーツ用品店を出した原鉱が出したアイディアがすぐに一日1ドルずつ2ヶ月にかけた分割払い契約! 子供たちは一日1ドルの約束を守るために市場路地を走る。 汗にぬれた子供たちの鼻埋めた1ドルをおさめなければならない原鉱も大変なのは同じこと. だけではない. 内戦中、お互いを殺した家の子供たちはパスさえしなかった。 結局彼らの契約は世の中最も守りにくい約束になるけれど... しかし世の中最もでたらめサッカーチームに何があったので1年もならなくて国際大会全勝優勝の奇跡を作ったことであろうか? 2001年、運動靴一つを置いて行う二兄弟姉妹の駆け足を見せた<天国の子供たち>. 2008年おばさんパワーを描いた<私たちの生涯最高の瞬間>. 2009年空を飛ぶ夢を広げてみせた<国家代表>そして2010年一日1ドルの契約が呼んだ奇跡の勝負劇<素足の夢>が公開される。

世の中は夢も見なくするが、私たちはここまできた!
演技派パク・ヒスン、高唱席そして11人子供たちの幻想的チームワーク

<セブン デイズ> <作戦>等を通して幅広いスペクトラムをリリースした演技派パク・ヒスン、そして<映画は映画だ> <仁寺洞(インサドン)スキャンダル> <義兄弟>で予想をひっくり返すケソンパ演技で作品ごとに強い印象を残す俳優高唱席がまともに会った。 素足の子供たちと1ドル結んでしまった対策ない国家代表監督そしてその対策ない夢に調子にのった大使館書記官のキャラクターがパク・ヒスンと高唱席の幻想的なチームワークで映画的面白みを増す。 しかし<素足の夢>の本当に主人公は子供たちだ。 製作スタッフは東南アジアを回ってキャスティングを繰り返して実際東ティモール幼少年サッカーチーム院を出演させることに決める。 演技経験もなくて言語さえ通じない子供たち. 闇がおりれば今でも銃声が空を覆う危険な土地の子供たちだった。 しかし自分たちの話だったので子供たちは自然に撮影現場に溶けて入った。 現場の製作スタッフは韓国を代表する演技派パク・ヒスン、高唱席より子供たちの演技がさらに立派だと賞賛を惜しまなかったという後日談。 世の中の終わりでけり上げた夢のような叫び声のドラマが彼らを通じて確認するようになるだろう。

あなたは何をかけますか?
2010年6月、もう一つのワールドカップが始まる!

全世界の共通言語‘スポーツ’. その中世界の人の祭りで呼ばれるワールドカップ! 映画<素足の夢>は2010南アフリカ共和国ワールドカップ シーズンに封切りを決定、祭りで覆いかぶさる大韓民国に熱いブームを追い立てることと期待を集めている。 脚本ないドラマと呼ばれるほど劇的でドラマチックな瞬間で手に汗握って、喜びと歓喜の瞬間で感動の涙をプレゼントするワールドカップ. 映画<素足の夢>は貧困で同じ年頃他の国子供たちより体格的に矮小で、サッカー化しないでサッカーボールがすりへる時までボールを蹴った東ティモールの子供たちと韓国人キム・シヌァン監督が世の中の終わりで勝利の希望をけり上げた奇跡の感動ドラマを含んでいる。 誰も信じなかった、誰も期待しなかったチームだったが彼らが成し遂げた国際大会全勝優勝は子供たちとキム・シヌァン監督自身だけでなく東ティモール全国民がなくした夢をまた探すことができる希望を伝えた。 2002年韓日ワールドカップの叫び声が止まった後2010年6月、ワールドカップ シーズンをむかえてワールドカップよりさらに感動的な彼らの話が大韓民国の心臓を揺るがすだろう。

撮影チームいわく、“なるのもなくて、ならないのもない東ティモール!”果たして、そこではどんなことがあったか?

キム・テギュン師団、海外ロケ強大実力誇示!
<クロッシング>の、チョン・ハンチョル撮影監督、パク・コンウ照明監督、キム・ヒョンオク美術監督がキム・テュン監督の新しい作品<素足の夢>でまた一つになった。 すでに<クロッシング>を通じて海外ロケーションの苦衷を100%理解しているこれらは今回の東ティモール撮影でも幻想のチームワークを発揮、世の中が分からなかった実話の感動をそっくり表わした。 キム・テギュン監督は“私たちのスタッフら本当に苦労たくさんした。 話も通じない国であたりながらも本当によくした。 海外ロケ強大チームだ”として有り難みを表わした。 撮影と照明チームは一日中40度という高温の下、重い装備らを持ち上げて担いで、東ティモールの自然な姿をそのまま生かすために苦痛を耐えた。 1人5役のマルチ プレーヤーにならなければならなかった美術チームはすべての小道具を現地で直接作り出して24時間走らなければならなかったし、結局現地人らを雇用して直接模範を見せて共同作業した。 すでに前作を通じて合わせたパートナーシップはほとんど奇蹟のように撮影スケジュールを完全に合わせて出した。

パク・ヒスン、サッカー監督変身のためにインドネシア語3ヶ月&サッカー2ヶ月練習闘魂!
ポルトガルとインドネシアの長い間の植民地であった東ティモールはインドネシア語、ポルトガル語、テトゥモ(東ティモールオ)をはじめとして英語まで4ヶ国語が混用されている。 自称‘辺境地専門俳優’パク・ヒスンは今回の<素足の夢>撮影のために一週間に3日ずつ3ヶ月の間インドネシア語とテトゥモを習った。 実際映画のモデルのキム・シヌァン監督がインドネシア語、テトゥモ、韓国語まで混ぜて対話をするのを見てヒントを得たパク・ヒスンは“直ちにパスをすべきだなぜミンギジョクしていて!”というセリフを“ランスンナンスンシャモチ一緒にパスをすべきだなぜミンギジョクしていて!”という式でセリフを再構成して映画的面白味を一層加える。 だけではない. サッカー監督役を担ったおかげでインドネシア授業がない日はサッカー名家どぶんと生高等学校監督にサッカー個人レッスンを受けた。 幼かった時を除いてほとんどサッカーをしてみたことがないというパク・ヒスンは映画の中で実際にサッカーをする場面は多くないが姿勢と子供たちと疎通する監督と弟子らだけが持った雰囲気を分かるために約2月間粘り強い練習を経た。 実戦サッカー実力よりは、監督フォームがさらに立派だといううわさ.

東ティモール全媒体動員! 東ティモール1号俳優ら探せ!

2009年9月11日、<素足の夢>撮影チーム中先発隊が映画の主人公の子供たちキャスティングとロケハンなどを進行するために東ティモールに入国した。 子供たちオーディションのためのビラを製作して配布してティモール大学掲示板にも公告を付けた。 路上垂れ幕も大きく持ち出したしティモール放送でインタビューも出てきたが映画撮影を初めて接する東ティモールの人々を理解させることは容易ではない状況. 結局車両も通訳もない状態で直接歩いて通って路上キャスティングを進行した。 その結果総100人余りがオーディションに参加することになったし、その中にはキム・シヌァン監督のチームで活動する実際選手たちもいた。 主人公役は4人程度になるがすべての子供たちが演技練習に参加するようにしたが演技もサッカーも上手な子供たちがキム・シヌァン監督チームの子供たちだと結果的には実際選手の子供たちがキャスティングされた。 また、オーディションを見たすべての子供たちもまた、キム・テギュン監督の配慮で1人ももれなく映画に出演することになった。 撮影が終わってスタッフら全部口をそろえて子供たちを称して東ティモールが私たちにジューン‘贈り物’と話す。 全く演技経験がなかった子供たち、だが、他人の視線を意識しないで臆することもなくて優れた演技を見せた子供たちこそ<素足の夢>を完成するようにした一番の貢献者だった。

40度を越える暑さとの死闘! 素足チーム、撮影機間総5トン氷を消化する!

海外ロケーションの困難をいおうとするなら終わりもないが、スタッフと俳優皆が全部挙げる最も大変だった点はすぐに‘暑さ’だ。 “この程度の太陽は以前には経験してみることができなかった。 昼間には本当に気が抜けるほどだ。”というキム・テギュン監督の証言を筆頭にスタッフらは“韓国で紫外線遮断剤を塗らなかった状態で長時間直射光線に露出する量が東ティモールでは1時間ぶりに終わるようだ。”、“一日ぶりに皮膚がみなむけた。”という衝撃経験談を増えておいて、東ティモール太陽の殺人的な暑さを十分に計るようにした。 陰ない焼き付ける陽射し下での脱力直前の状況を数多く経験しなければならなかった。 実際に彼らが消化した氷だけ総5トン分量! その上一人当たり1.8リットル飲料水(植樹)を一日に4缶ずつ飲んだのにお手洗いを一度も行かなかったほどだなんて東ティモールの暑さを推察できる。 これらの無謀な挑戦は浅はかだが純粋さが生きている東ティモールをそのまま入れるのに成功、リアリティーと作品の信頼度を高めた。

毎日毎日がゲリラ コンサート! 足で走って募集したエキストラだけ総5,500人!

原鉱が導く素足の子供たちと東ティモール青年たちの豚賭けサッカー試合、広島国際幼少年サッカー大会… <素足の夢>は唯一‘団体ショット’が多くのブロックバスター級映画であった。 フィルムプロダクションの存在以前に‘映画’という概念自体が一度もない東ティモールで大規模エキストラを救うのはそれこそ製作スタッフには無限挑戦だった。 いちいち足で走って人々を訪ねて行って参加申込書を受けたあげく2次豚賭け試合ではあるシーンだけで何と600人余り、海の彼方日本、広島での国際大会では3日間総1,500人のエキストラを動員やり遂げた。 疎通の不在で言葉どおり統制不能、阿鼻地獄だったタンチェシン. だが、映画のハイライト場面を成功裏に表わした<素足の夢>製作スタッフらはこのように話した。 “祭りのようだ。 毎日毎日がゲリラ コンサートだ!”

戦争の痛みを共有した両国東ティモール&日本、広島、彼らを感動させた子供たち!

1945年8月6日、世界最初原子爆弾投下で当時人口の半分を越える20万人の死傷者が発生した広島. そちらは2次世界大戦が残した大きな痛みで記憶される都市だ。 一瞬廃虚に変わってしまった死の土地で素足の東ティモール子供たちは2004年と翌年の2005年まで‘国際幼少年サッカー大会’ 2回全勝優勝という奇跡を起こした。 原爆テロ以後、世界どの都市より平和を重要だと考える広島の市民らにこれらの優勝は大きなイシューになった。 以後、東ティモール素足選手たちに対する映画製作の便りに実際東ティモール駐在日本大使館は惜しまない支援を惜しまなかったし、実際広島競技撮影時にもエキストラ動員をはじめ、ロケーション、ビザ問題など現地の全面的な支援を受けた。 その上、現地言論の集中関心を呼び起こしたことはもちろん、色々な企業と国民の直接的な支援やはり続いた。 戦争という同じ痛みを共有した両国、その中で起きた奇跡の感動! 子供たちと彼らのそばを守ったある韓国人の力だ!

外交通商部、最初試写開催! 高唱席、模範的な外交官キャラクター実現!

長い間の植民地生活と相次いだ内戦で相変らず不安な環境の東ティモールでの撮影が可能だったことは主東ティモール韓国大使館と外交部の隠れた協力があったので可能だった。 前職大統領であり現政府首脳のクスマオ総理が閣僚会議を招集しながらも直接映画に出演して難しい現地撮影許可とスタッフらの身辺安全措置などに対する現地当局の助けがあるまでは製作チームと外交部の持続的な交渉があったためだ。 これは映画の中で東ティモール大使館書記官で出演、素足チームの強固な支援者でありチームのコーチになる人気(高唱席)キャラクターが外交部イメージを鼓吹させるという点で外交部の積極的助力につながったという噂だ。
"外交官と大使館の役割に対してもう一度考えてみることができる良い契機になると見る"という外交関係者の反応はユ・ミョンファン外交部長官をはじめ全職員が参加する外交部最初示唆につながる予定だ。
by kazem2 | 2010-05-27 18:33