ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

アル・パシーノ目つきは女を脱がせる?

☆cine21.com
e0109292_1157230.jpg

若いアル・パチーノはカッコよかった!



再封切りを控えたギャングスター無比の苦戦<大物(ゴッドファーザー)>に対して調べてみましょう

Q1.<大物(ゴッドファーザー)>の原作を使ったマリオ プジョーはどんな作家でしょうか。

A. マリオ プジョー(Mario Puzo)は1920年から1999年まで生きました。 イタリア、ナポリ移民者出身の両親から生まれてニューヨークで居住したし2次世界大戦の時空軍で服務しました。 彼の最初小説は1955年に発刊された<さらにダーク アリーナ>です。 <大物(ゴッドファ―ザ―)>はマリオ プジョーの最初のベストセラーです。 長い間の時間が過ぎた後告白することでは当時に彼が考えたこの小説の最初の目的は“金を儲けるということだった”としますね。 とにかく実際に途方もないベストセラーになったし名声も得ました。 その他にもプジョーは<シシリー島> <最後の大物>などの代表作を残しました。 プジョーはコッポラと脚本作業をして<大物(ゴッドファーザー)>で1973年に、<大物2>で1975年に各々アカデミー各本賞を受賞しました。 その他に<スーパーマン><スーパーマン2>の脚本にも参加しました。 だが、やはり彼の一生涯は<大物(ゴッドファーザー)>きて一緒だったといわなければならないようです。

Q2.‘大物’ドン・コルレオーネの独創的なキャラクターをマーロン・ブランドが創り出したという伝説的なエピソードがあったんですよ。

A. 監督のコッポラが‘大物’で起用したがったマーロン・ブランドを製作会社パラマウント社長以下幹部らは歓迎しなかったといいます。 彼はすでに若い時期撮影会場で色々なもめ事を起こすことに有名だったしその上全盛期が過ぎたと判断されたからです。 “また再びその人の話取り出せばあなた終わりだ。”パラマウント幹部は監督コッポラにそこまで話したんだそうです。 紆余曲折の末マーロン・ブランドはカメラテストを受けることになったんですけれど、その場でブランドがすぐに靴墨を自身の頭に塗ると“(小説の)人物が火ドッグのようにできて何をちょっと入れなければなりません”といいながらすぐにその有名なエピソード、チリ紙を両側ボールに(つつく)うずいて入れて大物を創造したといいます。

Q3.コッポラは当時新人に過ぎなかったと思いますが、<大物(ゴッドファーザー)>のように大型の叙事をどのようにそんなによく展開できたでしょう。 何か創作の秘密でもあるのでしょうか。

A. <大物(ゴッドファーザー)>をとる時コッポラが解雇されることに備えて撮影会場に常に予備監督が待機していたということはすでに有名です。 だが、彼の準備は徹底しました。 彼は小説ナッチャンを一つ一つ離してまた自分だけの百科事典ぐらい厚いプロダクション ノートを作った後、その中にショッピョルロ過密なメモをしました。 途方もなく多くのコメントをしながら、コンテよりもそれをさらに信頼したといいます。 大物が狙撃される場面では“映画<サイコ>のように大物が銃合う場面は大きい衝撃であってこそハム”と描写されています。

Q4.マイケル役をアル・パシーノでなくライヤン オニールやロバート・レッドフォードがするところだったという話があります。

A. 実際に製作会社ではスターであったライヤン オニールやロバート・レッドフォードをはるかに望んだようです。 だが、コッポラはすでにアル・パシーノだけがマイケル役をすることができると信じたそうです。 彼を初めて会うやいなやコッポラがアル・パシーノの手の甲に口を合わせて“ドン・コルレオーネ!”といたずらをする資料も残っています。 マイケル役ではジェームズ カンヌも、マーティン信徒スクリーンテストを受けました。 だが、どこかアル・パシーノの軟弱なように見えながらも冷たい気勢をついて行けないです。 コッポラはジョージ・ルーカスの夫人マシャ ルーカスがした話を聞かせて自身の判断を自慢します。 マシャ ルーカスが話したそうです。 “アル・パシーノでして下さい。 目つきで服を脱がせる知恵があります。”それではマイケルの恋人役をした俳優ダイアンド キートゥンは誰を望んだかですか? もちろんアル・パシーノでした。 アル・パシーノをあざ笑ったスタッフらもその有名な‘ソロジョーカフェシーン’で彼の目つき演技を見た後にはひざまずいたといいます。 マイケルがお父さんを狙撃した相手組織員らをカフェで殺害する場面ですが、アル・パシーノは恥ずかしいとしながらもこのように回顧します。 “断固たる姿を見せてくれと言ったよ。 それでちょっと見せただろう。”

文:精悍席 2010.05.27
by kazem2 | 2010-05-27 12:00