ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ホン・サンスと彼の俳優らがくる

☆blog.cine21.com
e0109292_1048216.jpg




ホン・サンス前作と彼が愛した映画15編(便)
上映2回水泳フォーラム
6.4夕方7時
ホン・サンス、コ・ヒョンジョン、ユ・ジュンサン、イ・ソンギュン出演

今年10回目作品<ハハハ>を出したし、私たちの時代の最も偉大な監督中のひとりのホン・サンス監督の映画世界に対して見聞きすることができる時間が釜山(プサン)で用意される。 シネマテーク釜山(プサン)は韓国映像資料院と共に6月1日から6日までホン・サンス前作前を開催する。

ホン・サンス前作前+ホン・サンスが愛した映画

‘ホン・サンス前作前’では1996年に発表した衝撃的デビュー作<豚が井戸に陥った日>から2009年作<よく知りもしないながら>に達する長編9編(便)と中編<幾重にも重なった山中>(2)まで10編(便)を上映する。 また、‘ホン・サンス カルトゥブルランシュ’という名前で<晩春>(1949,オッズ ヤスジロー) <絶滅の天使>(1962,ルイス プヌィエル)<緑色光線>(1986,エリック ロメル)等ホン・サンス監督が愛した映画5編(便)を上映する。

ホン・サンスの俳優ら、その演技の秘密をいう。

‘ホン・サンス映画での俳優と演技’を主題にした特別な行事も用意される。 6月4日夕方7時にホン・サンス監督と俳優コ・ヒョンジョン、ユ・ジュンサン、イ・ソンギュンが参加する‘第2回水泳フォーラム’が開かれる。 映画評論家キム・ヘリの進行で‘ホン・サンス映画で特別に興味深い俳優の存在と演技方式’に対して座談形式で話を交わすことになる。 ‘ホン・サンスの映画世界’を主題で5月28日まで受付中である批評公募の受賞作授賞も共に成り立つ。 ‘水泳フォーラム’はシネマテーク釜山(プサン)が映画談論の活性化のために用意した映画討論広場で去る2009年‘パク・チャンウクの映画世界’を主題で初めての行事を開催したことがある。

前作戦とフォーラムを開催するシネマテーク釜山(プサン)側は“ホン・サンス映画の世界を解明するための行事でない、‘ホン・サンス映画’という私たちの時代の最も美しくて貴重な一つの世界を感じて享受する体験の一部として用意された。”と企画意図を明らかにした。

‘ホン・サンス前作前’のすべての上映作は無料で上映される。 ただ、中編<幾重にも重なった山中> +第2回水泳フォーラムは有料で一般5千ウォン/会員5千5百ウォンであり、5月27日(木)午前11時からホームページ(http://cinema.piff.org)を通じて前売りを実施する。 問い合わせ051-742-5377(シネマテーク釜山(プサン))

第2回水泳フォーラム

ホン・サンスの俳優ら、その演技の秘密をいう。
-コ・ヒョンジョン、ユ・ジュンサン、イ・ソンギュンとホン・サンス監督出席

6月4日夕方7時、シネマテーク釜山市(プサンシ)事実

昨年に続き二番目水泳フォーラムが‘ホン・サンス映画世界の俳優と演技’という(のは)主題で6月4日に開きます。 今回のフォーラムではホン・サンス監督と出演俳優が参加してホン・サンス映画で特別に興味深い俳優の存在と演技方式に対して座談形式で話を交わすことになります。 皆さんの大いなる関心と参加望みます。

日時:6月4日(金)午後7時、<幾重にも重なった山中>上映後場所:シネマテーク釜山(プサン)試写室料金:一般5,000ウォン/会員3,500ウォン

出席:監督ホン・サンス、俳優コ・ヒョンジョン、ユ・ジュンサン、イ・ソンギュン
進行:キム・ヘリ(映画評論家)

* 前売りは5月27日(木)午前11時からシネマテーク釜山(プサン)ホームページ(http://cinema.piff.org)を通じて実施します。
* `ホン・サンスの映画世界’を主題に開いたシネマテーク釜山(プサン)批評公募(共謀)受賞作授賞も共に成り立ちます。

ホン・サンス前作前

2010.6.1(火)~ 6(日)

ホン・サンスは、度重なった誤認にもかかわらず、デビュー作から10回目長編を公開した今に至るまで少なくとも今日の韓国映画界で最も猛烈で挑戦的な革新の道を歩いてきました。 彼が作った10編(便)の長編と1編(便)の中編はひとりの映画芸術街が敢行した、倫理と幸福と美しさが合一した地平に向かった最も執拗で感動的な進撃の旅行日程です。 彼の前作らを一度に会うこの特別な行事でその事実をまた確認する喜びを享受されることを期待します。

主催:韓国映像資料院、シネマテーク釜山(プサン)場所:シネマテーク釜山(プサン)(海雲台(ヘウンデ)ヨット競技場内)料金:無料文(門)の:051-742-5377,cinema.piff.org
http://blog.cine21.com/_manager/89008 2010-05-24 09:49:56
by kazem2 | 2010-05-24 10:48 | Comments(0)