ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

アレックス 写真で振り返るカンヌ映画祭

☆A Look Back at Cannes 2010 in Photos My Home for 12days
e0109292_22284911.jpg




写真のカンヌ2010への一見--
アレックス・ビリントンによる2010年5月23日の12日間の我が家

はい、それは実際にバットマンです、そして、それはただ今年のカンヌFilm Festivalからの多くの忘れられないイメージの1つです。 フェスティバルがだんだん遅くなって、終わって、12日前にカンヌに到着した後に私の長旅の家の用意をするので、私は、写真における第63カンヌFilm Festivalのクイック・ルック後部を合せると思いました。 私は、テキストで非常にあなたが私のフィルムのレビューを読むことができましたが、フランスの南のこの小さな町で祝典に出席する経験が何かであること説明しにくいものでイメージの味とカンヌの光景(そして、音)を差し上げると思いました。 それで、少しも更なる騒動がなければ、それを真直に入れましょう!
以下のこの最初の写真はカンヌ、Grandで最も大きい劇場でパノラマ式な(私のアイフォンに作成される)ルミエールです。(そこでは、ほとんどの主要な初演が主張されて、私は半分のフィルムの周りでここで見ました)。

このビルはPalaisとして知られています。そこでは、ほとんどの映画館を含んでいて、ほとんどすべてが位置しています。

ほとんどの朝が午前7時頃で起こすことになっていた私たちの伝統、迅速なシャワーを浴びてください、と何らかのニュース、およびヘッドは私たちがこの赤じゅうたんを歩くGrandルミエールに書きます(有名人がその夜後であるところ)。

以下に、すべての映画制作者の名前がそれにある状態で、カンヌが年のこのもののときにフェスティバルを引き起こしたというサインがあります。 それはサーレ・ドビュッシー、すべての或る視点フィルムが見せられている祭りの2番目に大きい劇場に上に表示しました。

ルック・ダウンは巨大から大きい選別のためにドビュッシー劇場に入るという望みでそのラインアップを押しのけます。

Grandルミエールの赤じゅうたんを含むカンヌの周りのサインと大気のいくつかの余分な写真。

カンヌイメージの典型的なもう1ビット。 一日中、サインが招待状(チケット)を求めていて、ファンが全体の祭りに関して外に立つPalaisの毎日は出ます、それがどんな選別にも興味を持つことができる唯一の方法であるので。 その少しの漫画で完全なウディ・アレンサインは私が全体の祭りを見たという最も創造的なサインの1つでした。

また、カンヌでのナイトライフもかなり壮観でした、そして、これは本道の上のサインの1つへの一見です。

ある午後の間、私たちはヨットで行われる記者会見に招待されました。 港権利がカンヌにあります、そして、全体の祭りに、それは高価なヨットでいつもいっぱいです。 1つに踏むのは、非常におもしろい経験でした。

バットマンはなぜカンヌにいますか? 今年陪審の代表はティム・バートンでした、そして、Palais中でそう見つけられているのが、彼のスケッチであり、それらが或る視点バナーに使用したイメージはバットマンからのこの写真でした。

祭りの終わり頃に、私たちは、あなたが考えることができたほとんどどんなフィルムのためにも古フランス語ポスターを販売していた奴を見つけました。 私は、結局、インディ・ジョーンズのために1つを買いましたが、これは彼の収集/組織への簡潔な一見です。

第63カンヌFilm Festivalはそれで終わります、そして、私は作品で1つの最終的な包装を起こしましたが(それはここの私が見たフィルムに焦点を合わせました)、これはカンヌの周りの私たちの軍葬ラッパの1つになるでしょう。 それは非常におもしろい年です、そして、昨年私の経験を満たしませんでしたが、来年戻るのを楽しみにしています。 私が、記事で今年最初にいつ到着したかを言ったので、これと同じくらいユニークで、同じくらいおもしろくて同じくらい忘れられない出席するために世界中の映画祭は全く途中飛んでいるようではありません。 これらの写真はただそれがここ、カンヌで似ていることへの簡潔な一見ですが、それは、すばらしいシネマを経験する素晴らしい場所です。
以上を発見してください: カンヌ映画祭10、社説、写真
by kazem2 | 2010-05-23 22:38 | Alex Billington | Comments(0)