ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

[actor/actress] <下女> <ハハハ>女優ユン・ヨジョン

☆cine21.com
e0109292_1545926.jpg




演技は、答ないところをそのまま行くの

少女の愛らしいということと老人の知恵. この二種類が同じ肉体中に共存することができるだろうか。 彼女を直接見ればうなずくほかはない。 画面を通じるだけで聞いたそのはきはきした声が思うこともできない素朴さと日常性を抱いている時、ただ思い出を話すようだがどこでも聞けなかった韓国映画社の一断面が重なる時実に感動的だった。 実際と虚構の間を巧妙に列唾棄して余裕とユーモアを適切に配合した<女優ら>、‘ママ’と‘女’を同時に見せる<ハハハ>、現実的で俗物的だがついに自らを解放させた<下女>. 展開上必要な役割でなく、その場にすぐにその姿で存在しなければならない役割ら. 映画も良かったし、そこで大きい存在感を発揮した俳優ユン・ヨジョンも良かった。 私たちにはこの俳優、ユン・ヨジョンがいた。

ホン監督に現場でちょうど性質働かせたが…イ・ジェヨン監督の<女優ら>テレビ俳優らがからかいます。 映画俳優に新たに出たと。 (笑い)気持ち良いです。 <女優ら>はいつも一緒に映画見に遊びに通ったイ・ジェヨン監督と出てきて(コ)ヒョン・ジョンイが一度してみようと一つになったことだったためにそのプロジェクトが現実化されたこと自体が本当にうれしかったです。 私達で幸せにとったし、完成された映画見た皆うれしがりました。 知遇まで“先生,私その時それすればよかったです”と後悔したよ。 撮影する時本来入れようとしていた場面があるのに知遇ができないとそうしました。 私が“それを破らなければならなくてジウ、それを破って出て行けば何の声ないのだ”といったが結局あきらめたよ。 見て惜しみましたよ。 私がいつもその膜にこういう若い監督を分かって大きい贈り物を受けたんだなあと思いました。 この監督がとても美しく話しました。 <女優ら>は先生所蔵品で持っておられろと。 人が年取れば一人で感動が上手です。 <女優ら>はイ・ジェヨン監督が私のようなノ・ペウに捧げる映画という気がしました。 その上イ・ミスクが‘先生が中心にいらっしゃって私たちの映画が光りました、先生、えらぶられてもかまいません’という文字を送ってくれて一番うれしかったです。 同僚に認められたり監査(感謝)受ける時が本物と考えます。 それがやりがいでした。

ホン・サンス監督の<ハハハ>本来<パムグァナッ>でキム・ヨンホ氏ママで出演するところでした。 一日程度だけ撮影すれば良い分量であったのに結局スケジュールが合わないでできなかっただろう。 昨年6月<女優ら>とる時ホン・サンス監督に会ったが<ハハハ>話をしたよ。 <パムグァナッ>程度分量を考えてそうしますよといっただろう。 7月に統営(トンヨン)降りて行ったが、分量がものすごく多いのよ。 とても死ぬほどの苦労をしました。 (笑い)若い俳優らは一ヶ月ずっとそこでとったが出た何老いた人がその子らと遊ぶこともなくてその酒をどのようにみな食べて。 ソウルと統営(トンヨン)を行き来するのに大変でした。 人が本当におろかなのが自分が遭わなければ分からない。 ヒョン・ジョンイにホン・サンス監督演出スタイルを皆聞いたが忘れたことよ。 上手にする俳優らが全部端役まで出てくることにはならないから、非専門俳優らまで一緒にとることになるじゃない。 ところで監督は寝ることを願う場面を抜き取る時まで再撮影をしなければならないから。 状況はみな理解をするが、老いて体力にならないのに何. 私のような場合はテークを三回以上行けばこれ以上出てこないです。 <ハハハ>では20,30回ずつテークを行くから大変でした。 それで現場でちょうど性質働かせたよ。 試写会焚いてみるから私が一番演技できないこと同じで申し訳なかったよ。 謝罪もしました。 (笑い)

<ハハハ>中聞慶(ムンギョン)とママの関係息子らがみなそうします。 自分のママがママ与野党紙女であることを嫌いで。 私が聞慶(ムンギョン)が鞭殴る場面とる時も、ホン監督の本当に繊細な部分だと考えたのが度々出てみて下着ひも出せと。 (笑い)ママ立場でもそうだ。 ママは本能的に皆知ります。 浄化がなくなって私の息子がなくなったから。 ムンギョンが男たちと軽軽しくふざけるママ見るのを嫌いなように、ママもそうします。 私の息子がもちろん成人なのに、他の女と違ったことをするのがまたそうしたよ。 もちろん浄化をかわいがるが、私の息子して違ったよ。 そのような説明することはできない感情があります。

キム・ギヨンとイム・サンスは…でキム・ギヨン監督との縁考えてみればキム・ギヨン監督様と私の縁が…多分そんなことが縁であるでしょう。 <化女>時とても苦労して‘映画はご両親が亡くなる状況なのに薬の価格がない人でなければできないということ’と考えましたよ。 (笑い)<化女>次にシナリオが多く入ってきてもみな断って、やむを得ず<女子大生トスニ>をとりました。 事実しないために出演料をわざわざ高さ呼んだがその場で金を出しておいたよ。 (笑い)出たその時まで監督らはみなキム・ギヨン監督様のように頭が良いと思いました。 ところでこの映画ではとても変でした。 ユン・ジョンヒ氏が二シーンをこのようにとらないでくれとすれば本当に変わって、エンディングまで完全に変わったから。 それとった次にキム・ギヨン監督様がまた、来ました。 “これは私がミス ユンのために使った。 ミス ユンがしなければ私はできないってことだね。”私にぞんざいな言葉一度しなかった方です。 それで思わず<チュンニョ>をまたとりました。 <化女>時そのように苦労したのにその方が特別だとぼんやり考えたようです。 事実苦労は<化女>時さらにたくさんしたことのようです。 本編では編集されたが、日浴槽に入れてちょうど水を飲ませてそうしました。 (笑い)

私がキム・ギヨン監督様に最後までよくできませんでした。 釜山(プサン)国際映画祭2回の時キム・ギヨン監督様回顧展をするが、私にも参加してくれと電話が来ました。 ところで電話する人がとても縁起なしに歩いた。 私忙しくて行けないです、と切ってしまっただろう。 キム・ギヨン監督様は何私が大層ティクティッコリで素直(従順)でないことをよくご存知だから…そうしては亡くなったことでしょう。 人がそうだ、そのように反省してはいけないのに…その次釜山(プサン)国際映画祭でキム・ギヨン監督様遺作<死んでも良い経験>をねじるといってその時は降りて行きました。 その時までもよく分からなかったが、今回<下女>をとりながら心がたくさん複雑で息苦しかったんですよ。 イム・サンス監督がキム・ギヨン監督様の受恵者であることもあります。 撮影ずっと私が感傷的繋いだよ。 24才の時分別がなかった私が<化女>をとりながら大変だとぶつぶつ言ったこととても悔やまれたよ。 その時できなかったものをイム・サンス監督にすべてしました。 人がそのようにバカが、その方にそうしていなければならないのをいわれのないイム・サンス監督に全部したんだろう。 (笑い)しろといい次第みな、増すことはあっても減ることはなかったです。 人生ということが本当にそうします。

イム・サンス監督、<下女>、屏息<浮ついた気持ちになった家族>現場でイム監督ディレクション見ながらキム・ギヨン監督様と似ていたところが本当に多いと感じました。 ひょっとして<下女>私他の映画を見たかと尋ねたところえらぶりながら‘何私はそのまま別に…’したよ。 (笑い)夫婦に出てきたキミンムンシランも話したが、その方言葉がさらにヒットだった。 “いや、あの子はキム・ギヨンよりさらに‘大馬鹿’だ。” (一同爆笑) <下女>でドヨンが演技するウンイがミステリーするでしょう。 白痴のようで、知ってああするのか知らずにああするのかしたいんだけど。 そうした点がすぐにキム・ギヨン監督様が私に要求したことですね。 それ見ながらも二人本当に多く似ていたともう一度感じましたよ。

初めて<下女>シナリオ読んだ時はいったい何というものよしたかったです。 屏息以来で残ろうといったと思いました。 (笑い)<浮ついた気持ちになった家族>で私の役割名前がビョンハンだったんだよ。 病気さあ回すということを好むんだねしながら読みました。 私が何の答を与えないからイム・サンス監督が電話をかけました。 “さあ、私はよく分からないよ”といいましたよ。 “私がシナリオを使えなかったと考えられるのではありません。 だが、チョン先生が必要です”そうしましたよ。 素晴らしかったです。 イム・サンス監督スタイルがちょっとそうします。 どんな監督らは緩やかに表現します。 すべての観客に親切で。 イム・サンス監督はキム・ギヨン監督様のようにぽたぽた省略するから、とても強くて極端に見えることができます。 それで私が自ら屏息に肉付けしてくれました。 その家にとてもながくなっていた女、美人(ヘラのママ)に長く献身したし息子を検査で作るために数多くの歳月を耐え抜いた女、その家のあらゆる事を皆知る女と。

初めに衣装仮縫いする時も監督話を聞かなければならなかったのに…. イム・サンス監督がその中スカート一つをさらに短くさせたがったが、私が苦手をしたよ。 今は分かります。 多分ビョンシクをもう少し女と見えるようにしようと意図したことのようです。 その女にも何の理由があれるじゃない。 老いたが相変らずセクシーに見える女、銀と全く同じであることを体験した場合もある女なんだよ それで屏息がワイン飲む場面でもイム・サンス監督が度々スカートをもう少し上げろとそうしたが…試写会見て後悔しました。 いつも後悔して。

エンディングのためにお話が多いが、これがイム・サンスであってしたかったよ。 自分のタッチを失わないってことだね。 良く暮らす人々をロボットで作ってしまったのではないですか。 事実そのエンディング直前に私が家を出ながらおいおい泣く場面も二日もとったが編集から抜け出ました。 それで私がちょうど何と言った。 (笑い)出たイム・サンス監督にちょっと親切だと、無駄も付けながら説明をしろと小言を言います。 ある日には行って心より忠告することかと尋ねましたよ。 “真心は違う。 そのまま興行しろと….” (笑い)

私が誇らしい、長く生きてイム・サンス監督お父様が映画評論家イム・ヨン氏です。 昔にイム・ヨン評論家がキム・ギヨン監督様映画をとても批判したって。 それでキム・ギヨン監督様とチョン・イルソン撮影監督様が家まで訪ねて行ったそうだよ。 問い詰めに。 (笑い)本当におもしろくはないですか? その息子がその監督映画をリメークして…. <下女>で屏息の入浴場面とる時、浴槽に二三時間座っていながらそのような考えたくさんしました。 回って回って私たちがどこで会うようになるかも知れないということだ。 私が<化女>をとって40年後に<下女>にまた出演するとは、私が誇らしい、長く生きて。 (笑い)

演技人生を見て回って幼い時は出てみて上手にする上手にするというから私が本当に演技上手くするものと思いました。 十何年空白次にでは私ができないというのを分かった。 私の話声が聞こえて、私のからだが思い通り動かないで。 30代末なのに、とても凄惨でした。 ひどすぎるように底を打ったんだろう。 その時から本当に熱心に練習しました。 心が少し安らかになり始めたのが五十才頃です。 もう60を越えたが、皆とても上手にします。 ムン・ソリも上手にしてチョン・ドヨンも上手にして、私も来年からもっと上手くやるべきだとの希望ができます。 演技だというのが限りない挑戦です。 私一人で絶えず障害物競技をしますよ。 完ぺきな演技は有り得なくて、泣いた時がよく合致すれば上手にしたという声を聞く程度でしょう。 私たちは愚昧だから他の人々が上手にしたとすれば本当に上手にすると思うのにそれは錯覚です。 私でない他の人を表現するのに正解があることはできないでしょう。 それを上手にしてできなくて合って間違いだをいうのが、答ないところをそのまま行くことだね。

文:キム・ヨンオン写真:オ・ケオク 2010.05.21
by kazem2 | 2010-05-21 13:45