ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

大衆文化評論  映画「下女」の教訓

☆news.empas.com



【ソウル=ニューシス】利益院の文化批評
イム・サンス監督の映画‘下女’が人気だ。 映画振興委員会映画館入場券統合コンピュータ・ネットワーク集計結果によれば‘下女’は19日現在まで累積観客104万人を越えた。 18日一日の間12万 3841人を動員することもした。 1日平均10万人以上を動員していて200万突破も無難だろうという予想だ。

‘下女’の善戦背景にはもちろんカンヌ映画祭競争部門進出という好材料が置かれている。 カンヌ映画祭日程と封切り時期を一致させて一般言論報道が直ちに広報につながるように調整させた。 現地反応自体が両極端、論議マーケティングを起こしやすい形態で出て来て一方的賛辞一色よりかえって興行を助けたという意見もある。

しかしまた他の部分もある。 ‘下女’がキム・ギヨン監督の1960年作クラシックをリメークしたのに伴った言論報道集中だ。 フランチャイズ製造とともに韓国映画産業の二大念願の中の一つであったリメーク製造に一筋糸口を抱かせることになったわけだ。

イム・サンス監督の‘下女’で、事実上傍点は単純にリメークにつけられるのではない。 ‘キム・ギヨン監督の1960年作クラシック’につけられる。 その間韓国映画でリメークという(のは)、結局‘素材は良かったが完成度不良に忘れられた映画の復活’程度で見なされた。 一言で慢性的素材枯渇に苦しめられる韓国映画界に新しい風を吹き込むための手段にだけ考慮されただけ、過去の観客層をまた呼び入れるという考えは初めからたたんだということだ。 実際に過去映画を記憶してノスタルジア効果を私の関係先これらはすでに映画の主観客層で遠くそれている。 10~30代に行き過ぎるほど偏重された韓国映画観客分布の悲劇だ。

‘下女’も大きく異ならない。 原作が公開された当時20才であった観客はもう70才だ。 これ以上劇場用映画消費階層だと見ることも大変だ。 それなら‘下女’やはり‘素材は良かったが’リュとして、原作で素材だけを取ったまま新しい観客層のための映画で再編した例なのか。 そうでもない。 ‘下女’は実際に古い素材だ。 いくら時代に似合うように変わった階級意識を中心に再編したとしても、相変らず家の内痴情劇範疇から抜け出さない。 素材と接近自体が現在の大衆好みと触れ合う所がない。

それなら‘下女’リメークの残ったホ効果はただ一つだ。 キム・ギヨン監督のクラシックをリメークするという話題性だ。 キム・ギヨンは‘古い監督’でない。 もちろん全盛期は1960~70年代であり、1980年代以後では事実上頭角を現わしたことがないことではある。 短くてこそ30~40年前アイコンという話だ。 しかしキム・ギヨン監督は珍しく‘再発見された監督’でもある。 全盛期には痴情劇興行監督程度で認識されたが、1990年代中盤以後各種映画雑誌とパソコン通信・インターネットの映画マニア層によって真剣に見て回らなければならない監督で登板した。 当時表現を借りようとするなら‘呪われた監督’繋いだのだ。

そのように問い詰めればキム・ギヨン監督は映画マニア層にあって1990年代中盤登場したその他アイコンら、パク・チャヌク、キム・ジウンなどとほとんど同級になる。 そして当時映画に関心を持って情報を集めた青年層が今は映画専門メディアおよび各種インターネット演芸媒体の記者などで活動している。 ‘下女’リメークに対する報道が激しくて、封切り前からキム・ギヨン監督などに対する各種分析記事が乱舞した理由だ。 そしてそのようなメディアの熱狂的反応が自然に広報効果を出して‘下女’の‘予想できなかった興行’の変数として作用したということだ。

もちろんクラシックのリメークに従う負担は存在する。 リメークと続編製造の他に別にすることもないように見えるハリウッドさえもクラシックのリメークには両手頭髪みな入る。 当然原作との比較がなされて、また、当然原作よりできないという評価が出てくるほかはないためだ。 わけもなくクラシックなのではない。 その時代を証明する傑作なのでそのような称号がつくことだ。 それ(彼)より完成度が落ちれば‘原作に対する冒とく’、完成度面で卓越しても原作の時代代弁性を満たしてくれることができないので‘時代錯誤的な映画’という評価が後に従う。 そのような酷評の中で生き残る映画は多くない。

しかし韓国は事情が違う。 原作との比較がよくなされない。 リメーク イシューに対してリーディングを引き受ける映画専門媒体らは‘韓国映画興し’というモットーの下動いていてとても思わしくなくない以上極端批判を慎む。 ‘原作とは違った接近’という式でごまかす。 その他演芸媒体らの記者らは、さらに映画担当記者らさえも韓国映画クラシックを最初から見ない場合が数多い。 だから原作との比較自体が不可能になり、ただ引き続き映画会社側報道資料とインターネット情報らに依存して‘正鵠’が陥った関連記事だけ吐き出すことだ。

例は多い。 スポーツソウルドットコム5月10日付‘俳優ユン・ヨジョン、デビュー初めてのカンヌ ヘン“生きて見たらこういう日も…”’という‘下女’リメークに出演したユン・ヨジョン インタビューを入れて、“‘下女’をとりながら故キム・ギヨン監督様にできなくふるまった思い出してイム・サンス監督に上手にした。老いると思い出の外に考えが出なかったよ。‘下女’は思い出を思い出すようにする作品”と付け加えた。ユン・ヨジョンは故キム・ギヨン監督の1971年‘下女’と1972年‘チュンニョ’で女主人公を引き受けた。2010年‘下女’でチョン・ドヨンが‘新しくて若い下女’ならば、ユン・ヨジョンは‘旧時代の老いた下女’を演技した。”と少なかった。

しかしユン・ヨジョンはキム・ギヨン監督の‘下女’に出演したことがない。 11年後登場した監督本人のリメーク‘化女’に出演しただけだ。 記事は最初から1971年作‘化女’を‘下女’で間違って書くことさえする。 これと類似の内容の記事らは5月10~12日間インターネット ポータルサイトに数えきれない程登場した。 ニュースエン5月12日付ユン・ヨジョン“イム・サンス監督は受恵者、キム・ギヨン監督考えて‘下女’に全身捧げた”’では“すでに良く知られた通りユン・ヨジョンはデビュー作に40年ぶりにまた出演することになった。”、さらにスポーツ韓国5月12日付‘<スターインタビュー> ‘下女’ユン・ヨジョン“新下女チョン・ドヨン演技私も感心”’では最初から“原作<下女>に続きリメーク作<下女>にも出演した所感はどうなのか”という記者の違った質問にユン・ヨジョンが何の抵抗感なしで答える大きな課題を入れた。

もちろんこのような誤報連発事態は映画会社側報道資料および広報方向が当初ユン・ヨジョン出演作が‘下女’でない‘化女’だったことを明確に認知させないことに起因することはする。 しかし重要な点は、そのように‘きわどい誘導’を敢行してもこれをまともに指摘する記者らは多くないという事実だ。

このようにおいてみれば‘下女’のような韓国映画クラシックのリメークは‘恐ろしいことがない企画’だ。 広報効果はさらに言うまでもなく勝ち取りながらも最も恐ろしい原作との比較は事実上ない。 また、映画記者らもまともに原作を見ないが、一般大衆はさらに言うまでもない。 TVやケーブルTVどこでも韓国映画クラシックは解き放さない。 時々解き放しても視聴率は1%にも至らない場合が数多い。 いくらリメークを吐き出しても‘すでに見たものをまた会う’という意識自体が出てくることはできない。 キジ食べて卵食べさせる。

もちろん‘下女’の場合が特別な部分はある。 ひとまずカンヌ映画祭競争部門進出という好材料は簡単に得ることができるのではない。 また、キム・ギヨン監督という存在があまりにも特別な地位を占めているという点もある。 その他韓国映画クラシック リメークが必ず‘下女’だけ大きさの効果をおろしなさい保障できない周辺要因らだ。

しかしひとまず韓国映画産業でリメークという形式が効果を発揮することができるという一つの指標はなった。 特殊な場合ではあるが、実験バージョンとしての価値は充分だということだ。 これを土台にまた他の戦略を立てることができるようになった。 言論をどのように誘導するべきかロードマップも出てきている。 ‘下女’のように原作を制限劇場上映させる方向やはりそのリメーク バージョンを感銘深くみた観客層によってまた他のインターネット話題を産むこともできる。

韓国映画産業はこういう実験的試みらによって成長している。 猫首に鈴を付けるこれらおかげでより大胆な戦略らが席を占めることができるようになった。 単純にリメーク製造と関連したイシューで限定させようとするなら、次回猫首に月鈴は皆が未来方向だと予想した‘素材は良いが完成度が落ちて忘れられた映画’のリメークだ。 ‘下女’よりは報道誘導が難しいこともあっても一度してみるほどの挑戦だ。 そしていつも最も大きいパイは一番最初に冒険をかけた側が占める。 大胆な戦略と企画らがずっとあふれて出ることを期待する。

大衆文化評論家fletch@empas.comニューシス記事転送2010-05-21 08:25
by kazem2 | 2010-05-21 12:11 | kim jee woon | Comments(0)