ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

第9回トライベッカフィルムフェスティバル報告

☆cine21.com



<ニューヨーク>今年もドキュメンタリー熱風

5月2日まで開かれた第9回トゥライベカピルルムペスティボル

9・11テロ以後ニューヨーク ロオマンハッタンの経済復興のために始めたトライベッカフィルムフェスティバル(TFF)が今年で9回をむかえて4月21日から5月2日まで12日間開かれた。 今年行事には世界38ヶ国で出品した132編(便)の作品(長編85編(便))が上映された。 この中でパク・チャノク監督の<坡州(パジュ)>きて韓国人リ、アイザック、チョン監督の<ラッキーライフ>が長編映画競争部門、泣くとルコント監督の韓・フランス合作映画<旅行者>がショーケース部門に、イ・ヨンジュ監督の<不信地獄>がシネマニア部門に各々紹介された。 チョン監督の<ラッキーライフ>は2007年作<ムニュランガボ>ロ評論家らの好評を受けた後初めて発表した長編だと注目を集めた。 ジェラルド・スターンの同名詩でインスピレーションを受けた<ラッキーライフ>は癌で時限付き人生を生きている大学同窓生と最後旅行に出発する友人らの話と友人が死んだ後変わって行く残った人々の人生を描いた作品だ。

また、封切りを控えたハリウッド映画<シュレック フォーエバーアフター>がリリースしたし、2007年TFFで紹介された後アカデミー賞を受賞した<タクシーツーさらにダーク サイド>の、アレックス・キブニの新作<マイ トリップ ツーアルカイダ>道(ド)紹介された。 映画祭は今年もドキュメンタリー作品が強気を見せた。 この中でキャバレードラッグ アーティスト チョアリアスとポペッティオペイズルツイストを入れたバービーおしっこした監督の<アリアス ウイード オ ツイスト:さらにドキュメンタリーファンタジー>、英国戯曲作家アンドレア減らしたことの話を入れた大きいリオ バーナード監督の<アボ>、三流ゴシップ プログラムと数多くの整形手術でショビズニスゲで笑いものになったが76才の年齢にも強く生きていくジョアン・リバスの話を描いたリキースターンとアニメ ソンドゥボグ監督の<ジョアン・リバス:オ ピース オブ ワーク>、世界的なヘアードレッサーの話を描いたクレグ縁くんで監督の<非月四旬ザ ムービー>、70年代グループ‘ラッシュ’の話を扱ったスコット メクパディエンと泉減らした監督の<ラッシュ:ビヨンドさらにライティドゥ ステージ>などが注目された。 長編映画中にはトルコ界ドイツ人監督ペース子つけたウイ ロマンチック食べ物コメディ<ブラシ キッチン>をはじめとしてニル ジョーダン監督の<来たディーン>、ニコル ホルロプセノの<フリース キブ>、マイケル ウィントボトムの<キラーインサイド米>、プリヤンテ担いだ導師監督の<ローラ>、弔詩スターンフィールド監督の<メスカだ>、ポール フレーザー監督の<マイ ブラザース>等も観客の大きい呼応を得た。

受賞結果は長編映画部門にペオ アラー対その監督の<どういうウィ・リーブ>、長編ドキュメンタリー部門にダウン症候群男女の愛を描いたアレックサンドラ コーディネートや監督の<モニカ&デービッド>、長編映画監督上に<ドッグ ポンド>のつけるということシャピロン監督、長編ドキュメンタリー監督賞に<アボ>の大きいリオ バーナード監督が選ばれた。 <ケンスブル、出た私よりさらにあなたを愛してます>の、エリック エルモスニノが主演男優賞を、主演女優賞は<どういうウィ・リーブ>のシベルケキルリ、観客上にはスコット メクパディエンと泉減らした監督の<ラッシュ:ビヨンドさらにライティドゥ ステージ>、ニューヨーク長編映画上にはデーやアダム セピで監督の<某櫓歌米>、ニューヨーク長編ドキュメンタリー上はC. スコット、ウィリス監督の<ウドゥメンス>が怪しかった。

VODサービスを始めて映画祭プログラミング ディレクター、デービッド、クァク インタビュー

トライベッカフィルムフェステバルと同居トンナクしてきたプログラミング ディレクターデービッド、クァク. 彼は過去ニューヨークのニュペスティボルとLGBTフェスティバルで活動したし、TFFでは上映作選定はもちろん新人監督らが準備中のプロジェクトを持って100人余りの映画製作者らに紹介できるトライベッカ今年アクセス プログラムなどを開発した。 映画を地域とジャンルで割ることより一つの作品で見るという彼に会った。

-今年がすでに9回目だ。

=そうなの、本当にはやい。 今年行事もすでに後半部だ。 初めての週にはプレミア行事が集まっていて超緊張状態であった。 今は観客と共に映画を見たり、反応も見回すことができる余裕ができた。

-筆者も3回からTFFを取材したが、観客層が多様化した。

=そう思う。 今は外国でもたくさん訪れてきて、国内でもニューヨークでない他の州で多く探す。 最初か休暇計画をTFFを中心に塩辛くて来る観客もあるほどだ。

-何年か前ドキュメンタリー<スクイズボックス>の監督らをインタビューした。 彼らがあなたの助けがなかったとすれば作品を終わらせるのが難しかったことだといっていたが。

=(笑い)すべての作品にそのようにフィードバックをすることができないが、永らく監督らを把握した。 <スクイズボックス>で可能性も見たし。 出品できる機会はただ一回だけであるから。 率直に話せば監督らを‘プッシー’したというだろうか。 2002年夏から2008年プレミアまで永らく進行過程を見守った。

-<スクイズボックス>等作品性ある映画らが配給されることができない場合がある。 トライベッカはこういう作品のための計画があるか。

=トライベッカフィルムという配給会社を整えた。 映画祭期間中の4月21日からケーブルTVの来たティメンドゥ チャネル(VOD)を通じて無料と有料で作品らを紹介している。 総12作品を放映中なのに、この中で米国内配給版権を購入した10編の映画があり、また、この中で7編(便)が今年映画祭で紹介された。 3編(便)は昨年に紹介された作品らで。 映画祭が終わればニューヨークとLAで劇場封切りして、以後他の都市に拡大封切りする計画だ。 VODは初めての試みだ。 観客が映画を見る方法がずっと変わっているのに、私たちも変わるべきだと見る。 フィルムフェスティバルも共に前進して、観客にしばしば接することはできない作品らを紹介する役割も必要だから。

-TFF,初めてと現在を比較した時大きい変化があるならば。

=大きく二種類を上げられるが、トライベッカフィルムとトライベッカフィルムフェスティバルバーチャル(TFFV)だ。 TFFVはオンライン映画祭でまだ配給会社がない8編(便)の長編と10編余りの短編らが紹介された。 配給会社を探す作品らにプラットホームを提供することだ。 また、映画祭に直接参加できない観客を参加させるのも目標だ。 上映の後進行された監督との質疑応答やパネル討論、レッドカーペット カバレッジなどもライブで紹介された。 映画祭のように人気賞投票も参加することができる。

-探す特定の作品らがあるか。

=私はすべてのジャンルの映画が好きだ。 私自身を特定ジャンルに閉じ込めたくないからだ。 フェスティバルのためにも多様な映画を紹介するように努力するほうだ。 映画祭には新人監督のため‘ディスカバリー’セクションとニューヨークと関連ある作品を選定する分野があるが、トライベッカは国際映画祭だからワールドシネマの現住所を見せることが重要だ。

-今年3編(便)の韓国映画が紹介された。

=<旅行者> <不信地獄> <坡州(パジュ)>であった。 韓国映画他にも香港、日本、ベトナム、フィリピン、インド映画らも紹介された。 アジア映画ファンたちが結構多くて多様な作品を紹介しようとする。 個人的にもアジアをしたセクションで見るよりは国家別に作品を見る傾向がある。

-パク・チャノク監督は<嫉妬は私の力>’で2003年にも参加した。

=物では<坡州(パジュ)>で映画祭に招請したが、パク・チャノク監督作品だと特に気を遣ったのも事実だ。 過去映画祭に参加した監督中今年33人がまた参加した。 9才しかならないフェスティバルとしては良い記録ではないのか?

-フェスティバルのために旅行をたくさん通うか。

=いつも旅行をしなければならない。 毎年釜山(プサン)映画祭にも行くが、<嫉妬は私の力>きて<坡州(パジュ)>道(ド)釜山(プサン)でみた作品だ。 釜山(プサン)の他に他のアジア映画祭には惜しくも参加することができなくて釜山(プサン)映画祭に助けをたくさん受ける。

文:ヤン・ジヒョン(ニューヨーク通信員)2010.05.19

監督の名前が正確ではありません(翻訳機の迷訳です)
by kazem2 | 2010-05-19 21:27 | Comments(0)